ホーム > ソリューション > ドキュメント共有を支援するクラウドサービス「Working Folder」 > ご紹介ムービー Working Folder利用シーン (HTML版)

ご紹介ムービー Working Folder利用シーン (HTML版)

では、実際に「Working Folder」 を使ってどんなことができるのか一例をお見せしましょう。進行中プロジェクトのスケジュール、図面、商品のカタログ、すべて「Working Folder」 に入れておくだけで、業務の効率化が加速します。

社内でのドキュメント共有は簡単です。特別なサーバーを用意する必要もありませんので、管理やメンテナンスも不要。導入の際の初期費用もかかりません。

その分を社内のファシリティーの導入や広告宣伝費に回しましょう。

社内のサーバーではないので、取引先や協力会社とも手軽に情報を共有できます。メールでは送れない容量が大きな図面や書類、カタログだって問題ありません。今までファクスや郵送で送っていた書類もすべて「Working Folder」を使えば OK。富士ゼロックスの文書管理・活用ソフトウェア 「DocuWorks」と連携すれば、図面の変更箇所を書き込めるので、電話でいちいち説明する手間が省けます。

外出するときでも、必要なデータを自分のモバイルに移す必要はありません。今まで、電話やデータコピーに使っていた時間はコーヒーブレイクにあてましょう。「ん~、おいしい!」

かさばる書類や大事な書類を持ち歩かなくてもいいというのも「Working Folder」 の魅力のひとつですね。ですから、天気がいい日は、健康のために一駅歩いて移動してみてはいかが?

さて、商談中に商品カタログが必要になったら、モバイルから「Working Folder」にアクセスすれば、いつでもお客様ご要望のカタログを取り出すことができます。うっかり書類を鞄に入れ忘れたことがあるあなた、「Working Folder」でビジネスチャンスをしっかり掴んでください。

また、富士ゼロックスの複合機と連携すれば、外出中に自分宛てに届いたファクスもタイムリーにモバイルで閲覧できます。

もう、届いたファクスを放置して、商談機会を失うなんてことはありません。

もちろん、オフィスに居てもファクスをいちいち取りに行く必要もないし、快適なペーパーレス環境が実現します。「Working Folder」 はとにかく簡単です。文書は暗号化されデータセンターに保管されるので、情報漏洩のリスクを軽減することもできます。

いかがですか?タイムリーに、そして確実に情報を共有できる「Working Folder」なら、あなたのオフィス業務の効率化を加速させることができますよ。いつでも、どこでも、必要なものだけあなたの元に。 富士ゼロックスのクラウドサービス「Working Folder」で、持ち歩かない贅沢を。

「Working Folder」に関するお問い合わせはこちらをご覧ください

お問い合わせ

他社の商標について

「Working Folder」に関するお問い合わせはこちらをご覧ください

お問い合わせ