ページ内移動用のリンクです
サイト内共通メニューへ移動します
ローカルメニューへ移動します
本文へ移動します

紙の厚さ(重さ)について

用途に合わせて厚みを選ぶ

名刺をコピー用紙で制作することってないですよね?

このように、薄過ぎるものは「保存」の目的に耐えませんし、もし厚さ1cmもあるような用紙だったら 簡単には破損しませんが、自分の名刺入れに入らないばかりか、渡されたお客様も迷惑ですよね? 適切な用紙の厚さを選ぶ為の単位として「坪量」と「紙厚」があります。

用紙の重量をあらわす単位


坪量(g/m2

用紙重量の表し方で、面積1m2あたりの用紙の重さをあらわしたものです。 用紙が重くなればなるほど、用紙の厚みが増す傾向にあるため、坪量は「用紙の厚み」と同様な 意味でも使われています。 坪量は、用紙の基本仕様(規格)を表す基本的な情報で、一般的に用紙を選定する際によく参照 される重要な項目です。


一般的なコピー用紙の坪量/紙厚

【坪量】64~68g/m2


厚さ:連量(kg)

印刷業界で、用紙重量をあらわす単位として『連量(kg)』があります。 『連』とは、一定のサイズに作られた紙1000枚(板紙なら100枚)のことです。 『連量』とは、一定の寸法に作られた紙、1連の重さでキログラム表示されます。 扱う量が多いために坪量に代わって使われる単位です。 連量を量る為の用紙のサイズに決まりがないため、同じ厚みの用紙でも、用紙サイズが大きくなれば 連量も大きくなります。比較する場合は必ず同じサイズのもので行いましょう。



坪量(g/m2 代表的な成果物
52.3 新聞紙の折り込みチラシ
64 雑誌本文、コピー用紙、チラシ
81.4 リーフレット、チラシ、雑誌本文
104.7 リーフレット、ポスター
127.9 チケット、週刊誌表紙、パンフレット
157 ファッション雑誌の表紙、名刺、会社案内
209.3 ファッション雑誌の表紙、名刺、はがき


用紙の厚さをあらわす単位


紙厚(mm)

『紙厚』とは、紙の厚みをあらわす単位で『mm』または『μm』であらわされます。 0.088mmの用紙を「μm」であらわすと『88μm(マイクロメートル)』と表示されます。 また、「m」を省略して「88μ(ミクロン)」とあらわされる場合もあります。

このページのトップへ