ホーム > サポート > ソフトウェアサポートライフサイクルポリシー

ソフトウェアサポートライフサイクルポリシー

基本サポートライフサイクル

お客様のITシステムのライフサイクルを容易に見積れるよう、ソフトウェア商品のご購入(一般提供終了)から5年間の有償サポートをご提供いたします。

メインストリームフェーズ

一般提供開始日から5年間、通常のサポートレベルで有償サポートをご提供いたします。ただし、後述する「2バージョンサポート」により、メインストリームフェーズが短縮される場合があります。

延長サポートフェーズ

メインストリームフェーズにある最新バージョンもしくは後継/代替商品への移行をご支援するフェーズです。原則として動作環境拡大ならびに修正プログラムのご提供はいたしませんが、他のサポートはメインストリームフェーズと同様です。

延長サポートフェーズの終了は、

  1. メインストリームフェーズ終了から2年を経過したあと最初の3月末日
  2. 一般提供終了から5年を経過したあと最初の3月末日

の遅い方とします。

セルフサポートフェーズ

有償サポート終了後、お客様のご判断により、公式サイトで公開済みの情報や修正プログラムをご利用いただくフェーズです。

2バージョンサポート

有償サポートをご提供するのは、世代交代の単位となるバージョンの最新の2つです。商品ごとにメジャーもしくはマイナーバージョンで世代交代しますので、当社公式サイトの商品情報ページでご確認ください。

新バージョンが発売された場合、2つ前のバージョンが存在すれば、

  1. 一般提供開始から5年後
  2. 2つあとのバージョンの発売から1年後

の早い方でメインストリームフェーズを終了します。

2の場合、新バージョンの発売から少なくとも3年は有償サポートをご提供いたします。この期間内にメインストリームにあるバージョンへ移行していただければ、継続して有償サポートをご利用になれます。

サポートライフサイクルの例

2年ごとに世代交代単位の新バージョンをリリースする例

2世代後の一般提供開始から1年後と、一般提供開始から5年後が一致するので、メインストリームの期間は5年間となります。

1年ごとに世代交代単位の新バージョンをリリースする例

2世代後の一般提供開始から1年後の方が、一般提供開始から5年後より早いので、メインストリームの期間は3年間となります。この場合、一般提供終了から有償サポート終了までの期間を5年とするため、原則として延長サポートフェーズを1年間延長します。

3年ごとに世代交代単位の新バージョンをリリースする例

メインストリームフェーズは、一般提供開始から5年間となります。この場合、一般提供終了から有償サポート終了までの期間を5年とするため、原則として延長サポートフェーズを1年間延長します。

本ポリシーは、2012年4月以降に一般提供開始する商品について、順次適用していきます。