ページ内移動用のリンクです
サイト内共通メニューへ移動します
本文へ移動します

DocuWorks Printerのプロパティで[カラーモード]を[白黒](Ver.4.0/Ver.5.0)、または「モノクロプリンタとして応答する」を「ON」(Ver.6.0/Ver.7.0)に設定変更して印刷しても、カラーのDocuWorks文書が出来てしまうというトラブルの対応方法を教えてください。

回答

【対象環境】DocuWorks 

白黒を指定して変換したファイルがカラーになってしまう現象について解説します。
1) 一部のアプリケーションでは、出力対象のプリンターが「白黒プリンター」なのか「カラープリンター」なのかを判断して、「白黒プリンター」あるいは「カラープリンター」専用のデータとして、プリンターに印刷データを渡す仕様のものがあります。

DocuWorks Printerの「カラーモード」とは、アプリケーションからDocuWorks Printerに対して「印刷」を実行したときに、DocuWorks Printerがアプリケーションに「白黒」プリンターなのか、「カラー」プリンターなのかを応答するための機能です。

ほとんどのアプリケーションでは、常にカラーデータをプリンターに送っているため、DocuWorks Printerのカラーモードを「白黒」(Ver.4.0/Ver.5.0)、または「モノクロプリンタとして応答する」を「ON」(Ver.6.0/Ver.7.0)にしても、カラーのDocuWorks文書が作成されてしまいます。

(参考) Ver. 8以降では、[カラーモード]に[白黒]を指定した場合には、アプリケーションの動作に関係なく白黒のDocuWorks文書が生成されます。
 
 

このページのトップへ