ページ内移動用のリンクです
サイト内共通メニューへ移動します
ローカルメニューへ移動します
本文へ移動します
  • サポート>
  • X-Direct>
  • オフィス de Tips 第3回 『解像度が高ければいいってもんじゃない ~画像の基礎知識~』

オフィス de Tips
第3回 『解像度が高ければいいってもんじゃない ~画像の基礎知識~』

ようこ

みなさ~ん、こんにちは~。ようこです。
社内の掲示物からプレゼン資料、POPなどの販促物まで、幅広く活用されているイラストや写真などの素材。文字だけの制作物よりイラストや写真が入るだけで、人の目を引き、訴求性が高まりますよね。
そこで、今回はデジタル画像についてワンポイントアドバイスしちゃいまーっす。

「解像度(dpi)」と「pixel(ピクセル)」をセットで理解しよう

デジタル画像(JPEG)などをそのまま印刷した事がある方は経験したことがあると思いますが、パソコンの画面上に表示される画像サイズと、実際印刷をした時のサイズって、同じではありませんよね?また、パソコンのモニターでは普通に表示されているのに、実際出力するとモザイクのようにギザギザになってしまったことありませんか??
画像を扱う際、よくみなさんが耳にする“解像度”と“ピクセル”の基礎知識を理解しておくと、トラブルなくキレイに印刷物を作成することができるんですよ。

解像度(dpi)

画像はすべて点(ドット)が集まって表示されていて、1インチ(2.54cmあたり)あたりにどれだけの密度で点が集まっているかを指す数値を『解像度』といいます。
ちなみに単位となっている「dpi」というのは“dot per inch(ドット パー インチ)”の略なんですよ。

解像度のイメージ

このとおり、解像度の数値が高いほど、“密度のあるデータ=きめ細かい画像”になるんです。

出力に適した解像度を選ぼう!

しかし!「どれでも高い解像度にすればOK」というわけでもないんです。
社内掲示用のポスター出力や、お客様にお配りする印刷物、社内イントラなどウェブサイトで表示する画像など、それぞれ用途に応じた解像度を選択しましょう。

  • リーフレットなどの商業印刷 300~350dpi
  • A1~A2サイズのポスター 150~250dpi
  • Webなどのモニター画像 72dpi~96dpi
注記:
一般的な目安です

ようこ

解像度を制作物の適正値より上げ過ぎても、印刷品質が向上するわけでもなく、かえってファイル容量が大きくなりスムーズに印刷できない場合があります。また、低すぎても画像の粗が目立ってしまうので注意してくださいね。

pixel(ピクセル)数

そして解像度と密接な関係にあるのが『pixel(ピクセル)数』。画素数ともいわれていますが、1つの画像データに含まれる点の総数をいいます。
画素数は拡大/縮小してもその点の数は変わりません。(画像編集ソフトウェアでの調整は可能です。)

例 320×240ピクセルpixelの画像
(横に320個、縦に240個の点が並んでいます)

ようこ

例えば、上記の画像であれば320×240=76,800で、7万画素となります。
ちなみに、よくデジタルカメラなどで耳にする、“メガピクセル”は100万画素、“5メガピクセル”は500万画素の画像ということなんですねー。

同じ画素数でも解像度が違うと印刷サイズが異なってきます。
例えば……。おやおや、堀木さんがお困りのようです。

ダウンロードした画像(ピクセル数 480pixel×640pixel 解像度 96dpi)を背景にしてA4サイズの社内掲示物をつくったら、なんだか画像がぼやけちゃった。。。どうして?

この画像を実際の印刷サイズに直すと……
横12.7センチ×縦16.9センチ注1

掲示物のサイズ(A4:21.0×29.7)のサイズには足りないようですね。これをA4サイズまで引き延ばしてしまったので、画像がぼやけてしまったのでしょう。
さらに、堀木さんがダウンロードしたファイルはWebデザインにつかわれる96dpiの解像度。
この解像度では掲示物に向かないので、200dpi程度の解像度があった方がいいと思います。

ちなみに、この画像を200dpiにして印刷すると
横6.1センチ×縦8.12センチ注1なんですよ。

え、そんなに小さいの?結構気に入っていたのに、それだと使えないな~。
じゃあ、掲示物に使うにはどのくらいのサイズが必要なの?

解像度200dpiでA4サイズにするには
横1654pixel×縦2339pixel注2必要になります。

それなりに大きいサイズの画像が必要ってことねー。
最初から必要なサイズがわかっていると、間違えなく制作することができるわね。

画像の印刷サイズやpixelサイズは、数式に当てはめると、計算できちゃうんですよ。
オフィス内で掲示物作成、印刷物作成をされる方は参考にしてみてくださいね。

注1
ピクセル数(pixel)⇒用紙(mm)に変換:(ピクセル数/解像度)×25.4
注2
用紙(mm)⇒ピクセル数(pixel)に変換:(用紙×解像度)/25.4

解像度が高ければ、見た目もきめ細かい画像になりますが、同じピクセルサイズで解像度が低い画像に比べると印刷サイズは小さくなります。
逆に、解像度が低い画像は同じピクセルサイズで解像度が高い画像に比べ、印刷サイズは大きくなりますが、その分点も大きくなり画像が粗くなりますので、注意が必要です。

解像度の違いと印刷サイズ イメージ

そうなのか……。わかりました!
この画像をワンポイントで使うか、全面に使えるようなサイズの画像を探すか検討してみます!

ようこ

今回はデジタル画像について基礎知識をご紹介しました!
デジタル画像についてはとっても奥が深くて、ようこもまだ全部はわかりませんが、解像度とピクセル数(画素数)の関係を知っておくだけでも役に立ちますよ。
では、次回またお会いしましょう~。

注記:
ここでご紹介している画像について、圧縮率やJPEGの保存劣化による画質への影響は加味されておりません。
注記:
イラストについては、解像度という概念を持たない『ベクトルデータ』という種類がありますが、ここでは割愛させていただきます!

メールマガジンバックナンバー

ご意見・ご感想

ご意見・ご感想をこちらからお寄せください

メール配信の登録・変更・停止

メールマガジンの新規登録/情報変更/配信停止の方はこちら

このページのトップへ