AI研究開発コース

富士ゼロックスが研究開発しているAI技術を体験し新しい価値を生み出す5日間!

開催趣旨

AI領域の研究・開発に興味のある方を対象とする5日間のプログラムです。
当社で実際に進めているAI研究に関連するテーマに当社の研究者と一緒に取り組み、課題解決する実践型インターンシップ。「新しいものを生み出すこと」に関心がある方は、自ら垣根を設けず、思い切ってこのプログラムにチャレンジしてください!

概要

富士ゼロックスで研究開発中のテーマを技術系社員と一緒に進めていただき、参加者の皆さんがテーマをリードします。実践型の業務体験を通じて、これからの皆さんのキャリアを考えていただきます。
下記の4テーマから1テーマを体験していただきます。

各テーマの詳細はMyPageよりご確認ください。

テーマ1

深層学習を用いた文生成技術の活用
~AIによるコミュニケーション活性化~

深層学習 文生成

自動で文生成をする富士ゼロックスの独自AI技術を用いて、みなさんにデモシステムの開発とビジネスモデルの提案に取り組んでいただきます。

テーマ2

人間の内的状態の評価と改善施策の提案
~人間中心の働く環境を考える~

Internet of Human (IoH) 生体情報解析

働く人がより良いパフォーマンスを発揮できるにはどのような働く環境であるべきか?をヒューマンセンシングで抽出したデータを分析して検討し、プロトタイプ実装に挑戦していただきます。

テーマ3

機械学習を用いた図面からのシンボル抽出技術の開発
~SmartWorkの実現~

画像処理 機械学習

従来の図面情報抽出の課題を基に、新たな技術の開発に取り組んでいただきます。対策の立案から、実装、効果検証といった、実際の技術開発プロセスを体感していただきます。

テーマ4

人が表出する情報の抽出および活用技術の提案
~興味をメカニズムとして形式化する~

コンピュータビジョン 機械学習

画像/動画認識によって人の表出情報を抽出・分析し、興味度を推定することでマーケティング領域へ活用するシステムのプロトタイピングに挑戦していただきます。

  • 注記 各テーマの実施内容は、変更となることがあります。

インターンシップの様子

グループワーク中心のインターンシップです。グループのメンバーで連携してテーマの課題に挑戦していただきます。
活動は研究開発拠点(横浜)で行います。現場で活躍する社員と研究テーマを進めてもらいます。

実施概要と応募方法

開催日程 2018年12月17日(月)~2018年12月21日(金) 計5日間
開催時間 各日程とも、9:00から17:00まで
(初日は、午前10時開始予定。また活動内容によって時間の変更が生じる場合があります)
開催場所 富士ゼロックス R&D スクエア(横浜)
応募資格 大学院・大学・高等専門学校に在学中の方(全学部・全学年対象)
応募の流れ

STEP1 プレエントリー 下記に記載のMyPageから初期登録してください STEP2 エントリーシート提出(必須) 応募多数の場合、選考をします STEP3 グループ面談(必須) 開催日程 2018年11月28日(水)、11月29日(木) 開催場所 富士ゼロックスR&Dスクエア(横浜) 応募多数の場合、選考をします 上記STEPを踏んだ後、インターンシップ参加可否のご連絡をいたします

応募方法 下記ボタンからMyPageにログインしていただき、応募をお願いします。
  • My Pageログイン

応募締切 2018年11月9日(金)正午まで
募集人数 約20名
参加条件
日程 5日間の全日程を参加できることを前提とします。
契約 事前に機密保持・著作権契約書およびインターンシップ参加同意書をご提出いただきます。
交通費 インターンシップ期間中の交通費については当社規定の金額を支給します。
日当 支給しません。
食費 昼食を支給します。
宿泊 当社規定により宿泊が必要な場合、提供します。
保険 インターンシップ活動中の事故・ケガなどに対して、富士ゼロックスが保険に加入します。
参加可否について 2018年12月初旬に、MyPageからお知らせいたします。