イノベーションを起こし続ける企業であるために
- Virtual Hollywood® Platform活動 -

イノベーションを起こし続ける企業であるために- Virtual Hollywood® Platform -

富士ゼロックスが、1999年から取り組んでいるVirtual Hollywood® Platform活動をご紹介します。

Virtual Hollywood® Platform活動のはじまり

Virtual Hollywood® Platform活動とは、新しい価値の創造と、成果創出につながる土壌づくりです。

富士ゼロックスでは、イノベーションを起こし続ける企業になるために、個の挑戦を支えるVirtual Hollywood® Platform (VHP)活動を新たに開始しました。

Virtual Hollywood®注1 (VH)とは、「お客様・社会に感動いただける新たな価値創出に向け、組織や会社の枠に捉われず、個々人が持つ多様な可能性に自ら挑戦すること」です。

VHの名前は、ハリウッド映画に由来しています。
「ハリウッド映画制作のように、 多様な知や能力を持った人たちを集め、バーチャルなチームで、大観衆を感動させるシナリオを描き、楽しみながら実践する」プロセスを意味しています。

  • 注1 Virtual Hollywood® は富士ゼロックスの登録商標です

目指す効果

イノベーションの実現

富士ゼロックスは、「全てはお客様・社会の感動のために」をスローガンに、VHプログラムを展開しています。この活動では、以下の効果を目指しています。

  • 挑戦による「新たな価値の創出」
  • 人・組織の連携による「組織の活性化」
  • 多様な出会い、刺激など、活動プロセスから育む「個の成長」

また、このVHP活動は、「新たな価値創出」を目指すとともに、「自己実現」に向けた新しい働き方を実践する場でもあります。

推進組織の位置づけと連携体制

VHP活動は、富士ゼロックス 役員直轄の専任組織「Virtual Hollywood® Platform グループ」が中心となり推進しています。