VHプログラムの推進

VHプログラムは、多様なアイデアを活かした新たなビジネスの創出や、社会課題の解決などに対し、社員が自ら手を上げ、会社や組織の枠に捉われず、社内外の仲間と共に、具現化していく「実践の場」です。

プログラムの特長

思い切ったチャレンジができる

失敗や評価を気にすることなく、組織や業務の枠を超え、夢や高い目標にチャレンジができる

社内外の仲間との協働が可能

社外からも仲間を募ることができるので、多様な仲間と共に、活動ができる

役員がオーナー

希望する役員に、テーマオーナーになってもらうことが可能。直接、相談や提案ができる

社長直轄の専任グループが支援

VHPグループが保有する人的ネットワークを活用し、多様な人や組織をつなげて、活動の具現化を支援

プログラム活動の流れと位置づけ -バーチャルからリアルへ-

活動テーマ数の変遷 -増える参加者、拡がる活動-

1999年からVHPプログラム活動を開始以来、関連会社・販売会社を含む多くの社員が参加し、これまでの参加人数は延べ約6500人、テーマ数は延べ約1300となっています。
ここ数年は、エントリーの拡大をねらった仕掛けによって、テーマ数も更に増加し、単年度で、100テーマ以上が活動しています。
また、社外からの参加者も増え、まさに“オープンイノベーションの場”になっています。

コンテンツ一覧