「地域社会への取り組み」におけるCSR指標

指標

対象範囲

2014年度実績

2015年度実績

2016年度目標/実績

社会貢献支出

富士ゼロックス(単独)

3億200万円

3億7,200万円

- / 3億9,400万円

国内の関連会社

7,200万円

7,200万円

- / 1億900万円

海外の関連会社

1億7,600万円

1億7,400万円

- / 1億4,100万円

合計

5億5,000万円

6億1,700万円

- / 6億4,300万円注1

従業員ボランティア数注2

富士ゼロックス(単独)

903人

656人

- / 626人

国内の関連会社

4,756人

4,023人

- / 2,911人

海外の関連会社

11,018人

10,429人

- / 14,225人

端数倶楽部注3の会員数

富士ゼロックスおよび国内外の販社・関連会社7社

3,807人

3,721人

- / 3,763人

富士ゼロックス株式会社小林基金による助成

在日留学生研究助成プログラム注4におけるのべ助成者数(累計)

-

33人(1,110人)

32人(1,142人)

- / 32人(1,174人)注5

33件

32件

32件

2,014万円

2,275万円

2,045万円

小林フェローシッププログラム注6におけるのべ助成者数(累計)

8人(181人)

8人(189人)

8人(197人)

8件

8件

8件

517万円

686万円

636万円

教材提供プロジェクト

新規支援児童数(累計)

フィリピン
タイ
ミャンマー
ベトナム
インドネシア

442人(442人)

2,121人(2,563人)

- / 68,378人(70,941人)

配布教材数

442冊

2,597冊

- / 72,250冊

活動参加従業員数

26人

187人

- / 100人

「遠野みらい創りカレッジ」プログラム参加者数

-

2,835名

4,262名

4,103名

拡大教科書コピー枚数

冨士ゼロックスおよび国内関連会社、販売会社

28万枚

27万枚

26万枚

スペシャルオリンピックスを支援している法人の数

富士ゼロックスおよび関連会社、販売会社

25社

21社

15社

ボランティア休暇制度利用者数

富士ゼロックス単独

18人(男12女6)

20人(男16女4)

11人(男8女3)

ボランティア休暇制度利用者の延べ活動日数

47日

62日

36日

ソーシャルサービス取得者数

富士ゼロックス単独

3人

1人

0人

  • 注1 富士ゼロックス、国内の関連会社、海外の関連会社、合計、それぞれにおける支出を100万未満を四捨五入しているため、それぞれの項目の合算金額と合計金額は異なります。
  • 注2 社員ボランティア数は、富士ゼロックスおよび関連会社の従業員による会社が主催したボランティア活動への参加者数(のべ)および協力従業員数の合計です。端数倶楽部など従業員が自主的に運営するボランティア組織の活動は含まれていません。
  • 注3 端数倶楽部は、従業員が自主的に運営するボランティア組織です。会員の給与・賞与の端数を天引きして資金を集め、自主活動や各種NPO/NGOへの寄付を行っています。
  • 注4 在日留学生研究助成プログラムは、アジア・パシフィックの国・地域から来日し、日本の大学院博士課程で人文・社会科学を専攻する若手の留学生研究者に対する研究助成です。
  • 注5 助成者名簿を再精査した結果、助成者累計人数を修正しました。
  • 注6 小林フェローシッププログラムは、アジア・パシフィックの国・地域について研究する人文・社会科学系博士課程の若手の日本人研究者に対する研究助成です。