取引先への取り組み

取引先への取り組み

当社が取り組むべき社会課題

  • 責任あるものづくり(調達・生産活動)

解決に向けた提供価値

  • サプライチェーン全体を責任範囲とした調達・生産活動の推進と事業地域に根ざした持続的な事業展開

経営重点テーマ

基本的な考え方

富士ゼロックスは、財務などの経済側面に加え、環境、社会、企業統治などのCSR側面にも配慮した調達により、環境、人権・労働、企業倫理などの社会課題の解決に対し、グローバルに寄与します。 当社は、取引先企業を「理念・方針を共有するパートナー」と位置づけています。当社と取引先がCSRに関する価値観を共有し、環境、人権・労働、企業倫理に関するリスクを話し合ってそれらを最小化し、共存共栄の関係を築いて両者の競争力を高めることを狙いとして、CSR調達活動をグローバルに推進しています。

購買倫理

Commitment

強固なサプライチェーンの実現には、ラインストップの発生低減、安定操業・安定供給が不可欠です。2017年度は、取引先が富士ゼロックスと同じ目線でCSR調達に取り組めるよう、取引先現場での改善支援を拡大します。また、CSR的視点に加え、BCP観点でも取引先のリスク評価を継続して実施し、取り組みを強化していきます。

富士ゼロックス株式会社 執行役員 調達本部長 佐藤 義和

取り組みの経緯

「取引先への取り組み」におけるCSR指標