環境負荷の全容

富士ゼロックスおよび関連会社は、環境負荷低減に向けてマテリアルフローの把握に努めています。

富士ゼロックスおよび関連会社のバリューチェーン全体におけるINPUT/OUTPUT

注1 注2

範囲は富士ゼロックス連結です。(ただし、化学物質は国内のみ)

  • 注1 資源INPUTで、保守交換部品、および消耗品の一部は把握できていません。
  • 注2 複写機・プリンターが対象です。
    2013年度に生産した機器が5年間稼働したときの総消費電力量(推計)を算出しています。