環境長期目標と全社環境経営計画

2020年度に向けた温室効果ガス削減目標

富士ゼロックスは2009年度に、低炭素社会に向けた大きな社会変革の実現に向けて企業として果たすべき責任と当社だからこそできる役割を検討し、シナリオが想定可能な2020年度を目標年度とした温室効果ガス排出量の削減数値目標と、その達成のための重点項目を策定しました。

2020年温室効果ガス削減目標

  • 商品ライフサイクル全体のCO2排出量を2020年度までに2005年度比で30%削減
  • お客様先におけるCO2排出量を2020年度までに年間700万トン削減

全社環境経営計画

富士ゼロックスは全社環境経営計画のもと「地球温暖化の抑制」「天然資源の保全」「化学物質による環境リスクの低減」を重点的に推進しています。2013年度からは、「Challenge Eco No.1」というスローガンを掲げ、当社の事業成長とお客様や社会への貢献を同時に実現することを目指した全社運動を継続しています。事業活動の効率化やお客様に対するソリューションの提供など、事業活動そのものを通して環境に貢献することにおいてNo.1を目指すという共通認識を全社で徹底し、各機能の役員のコミットメントの下で目標に基づいた活動を推進しています。