主要取引先とのエンゲージメント活動

協業によるQCD向上への取り組み

当社は取引先との協業により、取引先のQCDの向上とCSR・グリーン調達の強化を継続的に実施できるよう取り組んでいます。

相互合意評価

富士ゼロックスは、年に一度行う取引先QCD(品質・価格・納期)評価について、2006年度から相互合意評価を導入しています。2007年度にはCSR・グリーン調達を、2011年度には富士ゼロックスの調達活動に対する取引先経営陣の取り組み姿勢を評価項目に加え、評価方法の充実を図ってきました。
相互合意評価とは、取引先による自己評価と富士ゼロックスによる取引先評価をそれぞれ行い、相違のある項目について話し合い、評価点を合意する(相互合意評価で決定する)評価制度です。評価に対する取引先の納得度を高め、取引先による自主的な改善につなげてもらうことが、相互合意評価の目的です。相互合意評価とは、取引先による自己評価と富士ゼロックスによる取引先評価をそれぞれ行い、相違のある項目について話し合い、評価点を合意する(相互合意評価で決定する)評価制度です。

プレミアパートナーの選定

当社は、相互合意による評価の高い取引先の中からプレミアパートナーを選定し、パートナーシップの強化を図っています。プレミアパートナー認定は年に一度見直しを行い、毎年4月に当社の経営方針を説明するとともに認定式を実施しています。
プレミアパートナーに対して当社は、新商品に使う部品を優先的に発注するとともに、部品品質改善、原価改善、部品安定供給、およびCSR・グリーン調達について、当社と一体となった活動をお願いすることで、真のパートナー集団としてともに成長することを目指しています。また、プレミアパートナーに認定されなかった取引先とも、当社と協業で改善活動を行い、次年度でのプレミアパートナーの認定を目指します。

当社のCSR調達の考え方

CSR調達を支えるツール

富士ゼロックスが取引先にお願いする環境、人権・労働、企業倫理の取り組みに関して、取引先の自主的なCSR活動をお願いしています。そのため、各々の取り組みが要請される法規制や国際基準などの社会背景、取り組みのレベル、具体的な取り組み事例を記載した「マネジメント・ガイドライン」、およびその取り組み状況を取引先自身で確認していただくための自己チェックツール「CSRセルフチェックリスト」を用意しています。

CSR調達の具体的な取り組み

当社では、生産資材、商品物流、間接材のそれぞれの領域で、CSR調達の取り組みを行っています。

[最重要項目90%達成比率の推移] 2015年度…生産資材 83%(n=307)/商品物流(国内) 100%(n=79)/商品物流(海外) 98%(n=63)/間接材 82%(n=103) nは取引先社数 最重要項目90%達成比率の推移

生産資材におけるCSR調達

近年、企業(生産工場)に対するCSRの要求が厳格化しています。そのため、生産資材における富士ゼロックスCSRセルフチェックリストも毎年改定・厳格化しています。
富士ゼロックスは、すべての取引先がCSRセルフチェックリストの最重要項目について90%以上適合することを目標としています。90%を適合するにはこれまで以上の取組みが必要です。
2014年度、CSRセルフチェックリストの適合率90%以上の社数比が低下しました。この要因は、EICC大幅改定に伴う富士ゼロックスCSRセルフチェックリストの全面改定により、セルフチェックリストの要求内容が上がったことや、ベトナムをはじめとするアセアンやその他の地域で新たに部品生産を開始した新規工場が増加したためと考えられます。
2015年度は、要求内容に関する取引先の理解促進と改善支援の強化を図りましたが、適合率90%以上の社数比は前年度と同等にとどまりました。
今後も適合率90%以上達成に向けて、パートナーである取引先と勉強会などを通じて改善好事例を共有しながら、継続的なレベルアップを目指していきます。

商品物流におけるCSR調達

国内では、業務委託先である富士フイルムロジスティックスと協働で、物流取引先のCSR調達活動を推進しています。個別訪問によるフォロー、ベストプラクティスの共有を進めた結果、2015年度も前年度に続きセルフチェック適合率の目標(適合率90%以上の取引先社数比=100%)を達成しました。
さらに2015年度は、再委託先のある選定した11の一次協力会社との協働を通じて、二次協力会社に実施いただいた簡易の自己診断結果を100%回収、確認しました。加えて、新たに全国の産業廃棄物収集運搬の取引先41社に対するCSR調達活動を開始しました。
海外でも、2015年度のセルフチェック適合率は、63社中62社(98.4%)が目標の90%以上を達成しました。
また、アジア・パシフィック地域での取り組みを強化しました。中国の選定取引先を訪問し、セルフチェックの結果と実態が合致していることを確認する取り組みをトライアルで実施しました。
この他に、海外生産拠点から荷積み港までの物流、および海外OEMのお客様向けの物流を担う取引先に関してもCSR調達活動を進め、セルフチェック適合率は100%の取引先で目標値90%以上を達成しました。
今後も取引先への改善支援を通じて、さらなるレベルアップを目指します。

間接材におけるCSR調達

当社では、多くの間接材取引先から、当社の生産や事業継続にとって特に重要な取引先に対して、優先してCSR調達活動を進めています。
2015年度は、国内とベトナムに加え中国の間接材取引先に対しても、セルフチェックと改善の取り組みを実施いただきました。セルフチェック適合率90%以上の取引先社数比は、前年度より10.2ポイント上昇し、81.6%となりました。
今後も、取引先の業種別課題を踏まえながら、改善支援を通じてさらなるレベルアップを目指します。

具体的な諸問題への対応

取引先向け環境・安全衛生・労務管理実務セミナー

物流におけるCSR活動

国内物流分野については、業務委託先である富士フイルムロジスティックスと協働で、物流取引先のCSR活動推進に取り組んでいます。個別訪問によるフォロー、ベストプラクティスの共有を進めた結果、昨年度に引き続き2015年度も適合率において目標を達成(2014年度、2015年度ともに実績=100.0%)しました。
さらに2015年度には再委託先のある選定した11の一次協力会社との協働を通じて二次協力会社から実施された自己診断簡易リストを100%回収しました。加え、新領域である産業廃棄物収集運搬の取引先41社に本活動を全国展開しました。
海外では、アジア・パシフィック地域での取り組みを強化し、中国の選定取引先に訪問し、信ぴょう性確認をトライアルで実施しました。また適合率は63社中62社が(98%)目標の90%を達成しました。
2015年度は、領域を拡大すべく、上記の他に海外生産拠点から荷積み港、海外OEMのお客様向け物流を担う取引先に関してもCSR活動展開が進み、100%の取引先が目標値90%以上を達成しました。2016年度は改善指導を通じて、さらに適合率の向上を目指します。

責任ある用紙調達

詳しくは、「環境への取り組み」をご覧ください。

紛争鉱物問題への対応

鉱物採掘が紛争や人権侵害の要因となる「紛争鉱物注1」の問題に対しては、当社は紛争や人権侵害に直接・間接に加担しないという方針を打ち出しています。米国金融規制改革法(ドッド・フランク法)1502条に基づいて米国証券取引委員会が2012年に採択した最終規則で、報告が義務づけられるお客様からの要請にも応えられるよう、当社は2013年から調査を通じてサプライチェーン上で紛争鉱物問題に抵触していないことを確認し、毎年OEM製品供給先へ報告しています。
2015年度の実績は、取引先からの調査票回収率97.3%、当社のサプライチェーンにおける紛争フリー認証取得製錬所比率注2は69%でした。2016年度はさらなるお客様の要請に応えるべく、帳票回収率95%以上を目標にデータ精度の向上に努めます。

  • 注1 採掘によって得られる資金が非人道的な用途に使われたり、採掘現場で人権侵害が起こっているとして問題視されている鉱物のこと。
  • 注2 当社のサプライチェーンにおいて特定した製錬所のうち、第三者機関によって紛争フリーの認証を取得している製錬所の比率。

地域社会の発展を目指した調達

富士ゼロックスは、取引先との公正・公平な調達活動を進めるだけでなく、生産拠点のある国内外の地域の経済への貢献と最適品質・価格を追求するため、原材料・部品の現地調達比率の適正化に配慮しています。一方で、一部の技術や部品については拙速な現地化はせず、取引先企業の国内生産拠点で生産し、それを当社が調達する形をとっています。
今後も、生産拠点のある地域の経済発展に寄与できるよう、原材料・部品の現地調達比率に配慮した適正な調達活動を展開していきます。