FUJI XEROX SUPER CUP 2014

[FUJI XEROX SUPER CUP 2018] No.1 VS No.1 開幕を告げる、最後の一戦。/2017明治安田生命J1リーグチャンピオン「川崎フロンターレ」 VS 第97回天皇杯「セレッソ大阪」/2018年2月10日(土) 13:35 KICK OFF 埼玉スタジアム2002

試合結果

勝者として戦う歓び。待っていたシーズンがやってくる。2014シーズン開幕
2013Jリーグチャンピオン サンフレッチェ広島 2-0 第93回天皇杯優勝 横浜F・マリノス


広島の2点目を決めた
浅野拓磨選手

試合詳細

広島が立ち上がりの攻勢を得点に結び付けて快勝し、2年連続3度目の優勝を飾った。森保一監督が「アグレッシブに行こう」と送り出したチームは、キックオフ直後から激しく攻め込み、積極的にシュートを放った。勝利への強い意志が得点となって実ったのは、早くも6分。MF石原直樹が右サイドをドリブル突破してゴール前へ折り返すと、ファーサイドに走り込んだ19歳のMF野津田岳人が押し込み先制点した。その後、横浜FMも盛り返して反撃に転じるも、前半は広島がリードを守って終了した。

後半も広島のペースで始まり、66分には追加点が生まれた。その7分前にFW佐藤寿人と交代でピッチに立ったFW浅野拓磨が、野津田の縦パスをダイレクトで蹴り込んだ。19歳コンビの活躍で2点差をつけた広島は、横浜FMの攻撃を堅守でしのぎ、新シーズンに幸先のいいスタートを切った。

広島の攻勢に対して守勢に回った横浜FMは15分、MF齋藤学がようやくチーム初のシュート。絶好の得点機が訪れたのはその3分後で、齋藤が切れ味鋭いドリブルで左サイドを突破し、ファーサイドのMF藤本淳吾が合わせるも、シュートは惜しくも右に外れた。その後も再三、FKやCKのチャンスを得たものの得点には至らず。樋口靖洋監督は「球際(の競り合い)など相手が上回った」と、ライバルの強さをたたえた。

公式記録

試合結果

  サンフレッチェ広島 横浜F・マリノス
前半 1 0
後半 1 0
合計 2 0
SH 16 9
CK 1 5
FK 20 21
  サンフレッチェ広島 横浜F・マリノス
時間 選手 時間 選手
得点 6' 野津田 岳人    
66' 浅野 拓磨    
交代 29' [アウト] 清水 航平 60' [アウト] 端戸 仁
[イン] 山岸 智 [イン] 矢島 卓郎
59' [アウト] 佐藤 寿人 60' [アウト] ドゥトラ
[イン] 浅野 拓磨 [イン] 下平 匠
65' [アウト] ミキッチ 69' [アウト] 中町 公祐
[イン] ファン ソッコ [イン] 兵藤 慎剛
警告 87' 塩谷 司 8' ドゥトラ
89' 石原 直樹 25' 富澤 清太郎
    90+1' 小林 祐三
    90+3' 栗原 勇蔵

サンフレッチェ広島
選手・監督

先発/控え ポジション 背番号 選手
先発 GK 1 林 卓人
DF 33 塩谷 司
DF 5 千葉 和彦
DF 4 水本 裕貴
MF 14 ミキッチ
MF 6 青山 敏弘
MF 30 柴崎 晃誠
MF 27 清水 航平
MF 9 石原 直樹
MF 24 野津田 岳人
FW 11 佐藤 寿人
控え GK 13 増田 卓也
DF 2 ファン ソッコ
MF 25 茶島 雄介
MF 17 パク ヒョンジン
MF 16 山岸 智
MF 10 高萩 洋次郎
FW 29 浅野 拓磨
監督 森保 一

横浜F・マリノス
選手・監督

先発/控え ポジション 背番号 選手
先発 GK 1 榎本 哲也
DF 13 小林 祐三
DF 4 栗原 勇蔵
DF 22 中澤 佑二
DF 5 ドゥトラ
MF 8 中町 公祐
MF 27 富澤 清太郎
MF 25 藤本 淳吾
MF 10 中村 俊輔
MF 11 齋藤 学
FW 17 端戸 仁
控え GK 30 六反 勇治
DF 24 奈良輪 雄太
DF 23 下平 匠
MF 6 小椋 祥平
MF 14 熊谷 アンドリュー
MF 7 兵藤 慎剛
FW 9 矢島 卓郎
監督 樋口 靖洋

川﨑フロンターレ

セレッソ大阪