セレッソ大阪

[FUJI XEROX SUPER CUP 2017] 頂上開幕。/2016明治安田生命Jリーグチャンピオン・第96回天皇杯優勝「鹿島アントラーズ」 VS 2016明治安田生命Jリーグ2位「浦和レッズ」/2017年2月18日(土) 13:35 KICK OFF 日産スタジアム

キャンプ前から、「(メンバーの)80%くらいは頭のなかに入っている」と述べていたのは、尹晶煥監督。キャンプ中に行われてきた親善試合や練習試合をみると、昨シーズンの主軸を担っていた選手たちが、今季もベースとなっている。そのなかで、最終ラインでは、センターバックの一角に、今季の新戦力で、韓国Kリーグで2年連続ベストイレブンに選ばれたクロアチア人DFマテイ ヨニッチを登用。山下達也とのコンビは迫力十分であり、練習試合でも安定したパフォーマンスを披露しているだけに、期待は大きい。

また、ポジションの激戦区となっているのは、ボランチと攻撃的MF。尹監督が「我々のチームはボランチがどういうふうにするかによって、すごく変わってくる。すごく大事になるポジションだ」と最重要ポイントにあげているボランチについては、山口蛍の相方が誰になるかが鍵。2月8日の横浜FC戦において、バランス能力と空中戦に優れた山村和也が山口とコンビを組んだが、昨シーズンでの活躍が際立ったソウザの攻撃力、ボール奪取力も捨てがたい。

そして、攻撃的MFについては、攻撃にアクセントをつけられる清武弘嗣の存在は絶大で、もう1枠を水沼宏太、清原翔平、関口訓充、福満隆貴、丸岡満といったハードワーカーたちが争うことになりそうだ。

前線には、得点力が期待される柿谷曜一朗と杉本健勇が並ぶ可能性が高いものの、キャンプ中はリカルド サントスも好パフォーマンスを披露。また、基本の4-4-2だけでなく、清武をトップ下におく形も試しており、昨年ケガで苦しんだ柿谷の状態次第では、メンバー、ポジション、フォーメーションにも変化が見られるかもしれない。

  • 注記 予想スタメンは2月9日時点のものです。

Reported by 前田敏勝