愛媛FC

[FUJI XEROX SUPER CUP 2017] 頂上開幕。/2016明治安田生命Jリーグチャンピオン・第96回天皇杯優勝「鹿島アントラーズ」 VS 2016明治安田生命Jリーグ2位「浦和レッズ」/2017年2月18日(土) 13:35 KICK OFF 日産スタジアム

愛媛は過去4シーズンを通じて3-4-2-1のシステムをベースに戦ってきたが、今季、新指揮官になってもそのシステムは踏襲していくことが濃厚。また、チームが大きな強みとしていた戦うベースであるハードワークも受け継がれる。

唯一主力の損失がなかったボランチは昨季同様、小島秀仁と藤田息吹がスタメンの座に居座るだろうが、それ以外のポジションでは選手間の競争が熾烈に繰り広げられそうだ。

最も注目すべきは前線の1トップ2シャドー。昨季はスランプに陥ったものの、経験と実績を兼ね備えた西田剛、河原和寿は完全復帰をかけて気合い十分。練習試合でのパフォーマンスも上々だ。12年に愛媛で14ゴールをマークした有田光希も1トップの本命候補。大卒ルーキーの丹羽詩温も最前線で攻守両面で豊富な運動量を披露。いきなり開幕スタメンの可能性も出てきた。

両ウイングバックのポジション争いも激しさを極める。小池純輝、三原向平、白井康介、小暮大器らワイドの選手は概ね左右両ワイドでプレーが可能なため、チャンスも2倍だが、ライバルも2倍。これら4人の共通の長所はタテへの推進力だが、いずれも甲乙つけがたい能力を練習試合から発揮。その選択は指揮官も頭を悩ませるところだろう。

3バックは定位置争いは昨季の主軸である林堂眞、浦田延尚が1歩リード。残るリベロのポジションを西岡大輝、田中裕人、深谷友基らで争うことになる。

現状3人体制のGK陣はいずれも経験値不足は否めないが、本命はプロ9年目の原裕太郎。しかし、若手のパク ソンスも着実に成長してきており、“下克上”の可能性も否定できない。

  • 注記 予想スタメンは2月4日時点のものです。

Reported by 松本隆志