FC東京

[FUJI XEROX SUPER CUP 2017] 頂上開幕。/2016明治安田生命Jリーグチャンピオン・第96回天皇杯優勝「鹿島アントラーズ」 VS 2016明治安田生命Jリーグ2位「浦和レッズ」/2017年2月18日(土) 13:35 KICK OFF 日産スタジアム

大型補強に成功したFC東京は、幅広い戦い方が可能となった。4-2-3-1が基本布陣となるが、対戦相手、スコア、時間帯によっては、さまざまなドレスチェンジも可能だ。

特に、前線のタレントは豊富で、河野広貴、ネイサン バーンズ、阿部拓馬らも激しい定位置争いに加わってくることになる。練達の前田遼一も控えに甘んじるつもりはないはずだ。ソロでの突破が得意なタイプや、連係を駆使する選手、遅攻型、速攻型もいて多士済々。組み合わせも多種多様で、篠田善之監督にとってはうれしい悩みが、シーズンを通して続くことになるだろう。

チームを操るコンダクターは新加入の髙萩洋次郎と、10番を背負う梶山陽平が争う格好となった。だが、併用も既にテスト済みで、相性は決して悪くはない。一方で、昨季大きな成長を遂げた田邉草民や、負傷から復帰する橋本拳人、米本拓司らもここに加わっていく。また、将来性豊かな鈴木喜丈も、実戦経験さえ積めば、面白い存在になっていくはずだ。

林彰洋と、太田宏介が加わった守備陣は、豪華そのもの。徳永悠平と室屋成のポジション争いは、今季もし烈を極める。仮にさまざまなポジションでプレーできる徳永が押し出された場合は、各ポジションに火種が飛び火することになる。誰一人として定位置を確約された選手はおらず、年間を通した生存競争が繰り広げられることになるだろう。

連係面を高めることができれば、上位争いには十分に食い込める陣容なだけに、開幕のスタートダッシュは欠かせない。キラキラとした、このメンバーをより輝かせられるか。首都クラブは今季、メッキではない本物の輝きを放たなければいけない。

  • 注記 予想スタメンは2月7日時点のものです。

Reported by 馬場康平