アビスパ福岡

[FUJI XEROX SUPER CUP 2017] 頂上開幕。/2016明治安田生命Jリーグチャンピオン・第96回天皇杯優勝「鹿島アントラーズ」 VS 2016明治安田生命Jリーグ2位「浦和レッズ」/2017年2月18日(土) 13:35 KICK OFF 日産スタジアム

GKは、実績では神山竜一、杉山力裕が一歩リードするが、4人体制のポジション争いは横一線。開幕戦は杉山がゴールを守ることになりそうだが、シーズンを通して激しい争いが繰り広げられそうだ。

最終ラインは、駒野友一、岩下敬輔、亀川諒史は確定。岩下がディフェンスリーダーを務め、ビルドアップの起点ともなる。もうひとつのCBのポジションは、實藤友紀と冨安健洋が有力。冨安はボランチとの併用で起用されることが予想されているが、開幕戦はCBで先発する見込み。最終ラインはプレシーズンからほぼ固定されており、連係面に問題はない。

ボランチはキャプテンの三門雄大と、フィジカル面での不安を払拭したダニルソンで決まり。圧倒的なフィジカルの強さを武器に高い守備能力を発揮するダニルソンの存在は、チームメイトにとって心強い。左サイドはJ1の経験を身に付けてスケールアップした石津大介が務める。間でボールを受けて攻撃の起点を作り、仕掛けることも、パスを出すこともできる石津の存在は攻撃には欠かせない。

誰が出て来るのか予想がつかないのが2トップと右サイドのMF。2トップの座は、ウェリントン、城後寿、松田力の3人が争い、右サイドはウィリアン ポッピ、山瀬功治が鎬を削る。いずれも異なる特長を持つばかりではなく、甲乙つけがたい実力を誇る。そのほかにも、経験と実力では申し分のない坂田大輔と中原貴之、そして、高い技術を誇る邦本宜裕、突破力を持ち味とする三島勇太、仕掛けることもタメも作れる為田大貴らが控えており、攻撃陣は、どんな相手、どんな状況にも対応できる力を持つ。

豊富な戦力を持ち、激しいポジション争いを繰り広げながら戦う福岡は、これまでにない姿を見せてくれるに違いない。

  • 注記 予想スタメンは2月7日時点のものです。

Reported by 中倉一志