ガンバ大阪

[FUJI XEROX SUPER CUP 2017] 頂上開幕。/2016明治安田生命Jリーグチャンピオン・第96回天皇杯優勝「鹿島アントラーズ」 VS 2016明治安田生命Jリーグ2位「浦和レッズ」/2017年2月18日(土) 13:35 KICK OFF 日産スタジアム

昨シーズンは主に4-2-3-1のシステムを多用してきたが、今季はそれと並行して4-3-1-2あるいは4-3-3のシステムを起用することになりそう。

4-3-3は昨年終盤、J1リーグ最終戦の川崎フロンターレ戦や天皇杯準々決勝・横浜Fマリノス戦でも試合途中から起用したシステムだが、長谷川健太監督によれば「中盤を3枚にしようとすると、井手口陽介と今野泰幸の運動量が相当求められると考えれば、誰でもができるシステムではないので、あくまで起用選手や対戦相手によって臨機応変に考えたい」とのこと。だが、今シーズン最初の練習試合となった沖縄SV戦を始め、その後の練習試合や紅白戦でもこのシステムを敷いたことを踏まえても、ボランチにケガ人等が出ない限りは、昨年以上に数多く見られることになりそう。

ただ前線の形はあくまで流動的。新たに獲得した泉澤仁や井出遥也、アカデミー出身の堂安律、藤本淳吾ら、ここに絡んでくる選手の特徴を考えれば、2トップではなく、昨年のような1トップ2シャドーを敷く可能性も高い。

いずれにせよ「長谷川ガンバ」も5年目を迎え、戦術理解が深まっていることや、選手個々の能力を考えれば、そうした状況に応じた対応には不安はなさそうだ。

DFラインのうちセンターバックには新加入のファビオと金正也を先発に据えたが、ここまでの練習試合では金がやや足を痛めたこともあり、新加入の三浦弦太が先発を預かっていることや、既存の丹羽大輝も決して調子を落としているわけではないことから、当然、争いには加わってくると予想される。長谷川監督も場合によってはファビオをボランチで起用する可能性や3バックを敷く可能性も示唆しているだけに、そこも試合を戦いながら、チーム全体のバランスをみてベストな布陣を探ることになりそうだ。

  • 注記 予想スタメンは2月4日時点のものです。

Reported by 高村美砂