ジュビロ磐田

[FUJI XEROX SUPER CUP 2017] 頂上開幕。/2016明治安田生命Jリーグチャンピオン・第96回天皇杯優勝「鹿島アントラーズ」 VS 2016明治安田生命Jリーグ2位「浦和レッズ」/2017年2月18日(土) 13:35 KICK OFF 日産スタジアム

開幕戦の相手はC大阪。昇格組だが、その陣容を見る限りJ1で戦えるだけの力はすでに備えているはず。磐田としては白星でリーグ戦をスタートさせたいところだが、この試合はアウェイで行われる。弱腰になってはいけないが、手堅く勝点1を持ち帰ればそれも一つの成果といえるのではないか。

そこで、左SBは中村太亮ではなく宮崎智彦と予想した。危機察知能力が高く、守備的な仕事を不自由なく遂行できる点で中村太を上回る。また宮崎が左サイドの守備を請け負うことで、一列前のアダイウトンをより攻撃に専念させられるメリットもある。

前線は中村俊輔と川又堅碁が軸になる。彼らの活躍がなければ磐田の勝利は遠のくだろう。新10番への周囲の信頼はすでに厚く、彼がボールを持つとチーム全体が動き出す。

こちらも新加入のムサエフは無駄なプレーが少なく、ボールを受けては素早く味方につける。アンカー的に振る舞い、ボランチのパートナーを前に押し出すことができ、向かってくる相手に対してしっかりファイトすることができる。CB候補の高橋祥平には、高い身体能力で攻守にわたる貢献が期待される。昨シーズン終盤、右SBで印象的な活躍を見せた山本康裕はこのポジションのファーストチョイスとなりそうだ。

既存選手と新加入組の融合も着実に進んでいる。鹿児島キャンプでは戦術練習はもちろん、選手間のコミュニケーションで互いの理解を深めた。J1復帰2年目を迎えるサックスブルー。リーグをかき回し、存在感を見せたいところだ。

  • 注記 予想スタメンは2月4日時点のものです。

Reported by 青木務