ツエーゲン金沢

[FUJI XEROX SUPER CUP 2017] 頂上開幕。/2016明治安田生命Jリーグチャンピオン・第96回天皇杯優勝「鹿島アントラーズ」 VS 2016明治安田生命Jリーグ2位「浦和レッズ」/2017年2月18日(土) 13:35 KICK OFF 日産スタジアム

システムは「4-4-2」の採用が濃厚。そこには柳下正明監督の「速く自分たちのボールにして攻撃したい」、「みんなが同じ距離を動いて守備、攻撃をしよう」という狙いがある。仮に3-4-2-1を用いた場合、裏のスペースを使われることを嫌ったWBが最終ラインに下がった結果、5-4-1になってしまう。すると前線が1枚になり、前から相手に圧力をかけられない。指揮官は高い位置から仕掛ける守備をするためにも「4-4-2」が最適だと考えている。柳下監督は「フリーランニングできる選手が多い」と話しており、その人数は想像を越えていたようだ。空いたスペースに次から次へと人が走り込む、縦に速いサッカーを志向する。

スタメンは全く読めないが、柳下監督の要求に応えられる選手が開幕戦のピッチに立っているはず。FWはストライカーの佐藤洸一、高い、速い、うまいを理想に掲げる垣田裕暉、本物のハードワーカー山﨑雅人、サイドハーフとFWの両方でプレー可能な中美慶哉や金子昌広によってスタメンが争われる。

ボランチの山藤健太はサイド、SBの小柳達司はボランチでもプレーできるが、他にも昨季とは異なるポジションで起用される選手がいるかもしれない。最終ラインは昨季の主力がすべて残り、戦力ダウンはない。攻撃参加を得意とするSBの石田崚真、CBには大卒ルーキーでビルドアップ能力の高い榎本滉大が加わった。白井裕人の加入によりGKも競争の激しいポジションになるだろう。

クラブは若手の育成を課題としている。大橋尚志、垣田裕暉、石田崚真、宮崎幾笑。彼らが金沢の地でブレイクを果たすのか。今季の注目ポイントだ。

  • 注記 予想スタメンは2月5日時点のものです。

Reported by 野中拓也