柏レイソル

[FUJI XEROX SUPER CUP 2017] 頂上開幕。/2016明治安田生命Jリーグチャンピオン・第96回天皇杯優勝「鹿島アントラーズ」 VS 2016明治安田生命Jリーグ2位「浦和レッズ」/2017年2月18日(土) 13:35 KICK OFF 日産スタジアム

今季は従来の4-3-3と、キャンプで試してきた4-4-2を併用してシーズンを戦う。
GKは中村航輔、CBは中谷進之介、中山雄太の“N3”で揺るぎない。だが彼らを除き、最終ラインには懸念材料が多い。ベテランの鎌田次郎は計算ができるとしても、大型CBの橋口拓哉と最終ラインの全ポジションをこなす古賀太陽はともにルーキー。右SBには、ケガで昨年1年をほぼ棒に振った今井智基と、山口から新加入の小池龍太もJ1初参戦だけに未知数だ。左SBには、ここ1シーズン不動のレギュラーとして活躍してきた輪湖直樹がいるものの、彼と定位置を争うはずだったユン ソギョンはキャンプ中に全治6週の負傷を負い、開幕は絶望的となった。

それはボランチにも同様のことが言え、大黒柱の大谷秀和と成長著しい小林祐介の開幕スタメンが予想される一方で、栗澤僚一はケガで出遅れており、若い手塚康平と安西海斗には公式戦出場の経験はない。最終ラインと中盤にアクシデントが発生するようだと、柏は開幕から相当苦しい戦いを強いられることになる。

対照的に攻撃陣は豪華絢爛だ。仮に4-4-2をベースにするならば、SHは右に伊東純也、左はクリスティアーノで、サブに名を連ねる武富孝介と大津祐樹が彼らに代わってスタメンの座を奪っても全く問題はない。2トップはディエゴ オリヴェイラとハモン ロペスの強力2トップが予想されるが、ハモン ロペスがフィットにもうしばらく時間がかかり、さらに守備面のタスクを要求するのなら、中川寛斗か武富を置く可能性も十分に考えられる。

  • 注記 予想スタメンは2月7日時点のものです。

Reported by 鈴木潤