ヴィッセル神戸

[FUJI XEROX SUPER CUP 2017] 頂上開幕。/2016明治安田生命Jリーグチャンピオン・第96回天皇杯優勝「鹿島アントラーズ」 VS 2016明治安田生命Jリーグ2位「浦和レッズ」/2017年2月18日(土) 13:35 KICK OFF 日産スタジアム

フォーメーションは昨シーズンと同じ4-2-3-1と4-4-2の併用を基本に、相手に合わせたオプションを用意すると思われる。田中順也の「沖縄キャンプではFWしかやっていない」という言葉を鵜呑みにすれば、最も基本は4-4-2か。これをベースに話を進める。

正GKは昨季J1優秀選手で韓国代表のキム スンギュで決まり。控えはベテラン徳重健太。長いシーズンを考えれば、元日本代表GKを父に持つ前川黛也、神戸アカデミー育ちの吉丸絢梓がどこまで進化するかが一つのポイントになる。

CBは北本久仁衛、伊野波雅彦、岩波拓也、東隼也が残り、仙台から渡部博文も加入。昨季以上の布陣に。両SBも昨季全試合出場の高橋峻希、左の職人・橋本和を軸に、U-19日本代表の藤谷壮、山口真司の下部組織組が控える。MF松下佳貴と東のSB起用も考えられるため、選手層の面で心配はない。

ボランチは高橋秀人が「沖縄キャンプではニウトンとも組んだし、(藤田)直之とも組んだ」と話すように、この3人が軸か。だが、指揮官の信頼が厚い三原雅俊も有力。さらに田中英雄、松下もいるだけに、スタメン争いはシビアだ。

右SHは小川慶治朗、小林成豪、中坂勇哉のアカデミー出身者のサバイバルか。同様に左SHは2年連続二桁得点の渡邉千真を軸に、大森晃太郎、中坂、さらに田中順、松下らもポジションを争いに加わりそうだ。

FWはレアンドロと誰が2トップを組むかに焦点が集まる。最有力は柏の元同僚でもある田中順だが、渡邉という選択肢も十分にある。ここに湘南から新加入の大槻周平が加わる。大槻は「神戸はいいパスが出てくるのでゴールを決めるだけ。その中で前線からの守備やポストプレーなどいかに“自分”を出せるかが勝負所かな」と話す。

  • 注記 予想スタメンは2月7日時点のものです。

Reported by 白井邦彦