ザスパクサツ群馬

[FUJI XEROX SUPER CUP 2017] 頂上開幕。/2016明治安田生命Jリーグチャンピオン・第96回天皇杯優勝「鹿島アントラーズ」 VS 2016明治安田生命Jリーグ2位「浦和レッズ」/2017年2月18日(土) 13:35 KICK OFF 日産スタジアム

今季の群馬は、ベールに包まれている。昨季までは主に4-2-3-1を採用していたが、今季のシステムはフレキシブルとなることが予想される。

森下仁志監督は「4バック、3バックを含めて、どんなシステムも対応できるようにしていく。それには、選手一人ひとりの高い判断力が求められる」と話すが、トレーニングでも4バックと3バックを併用していたようだ。今季の群馬は、高橋駿太、山岸祐也、小林竜樹、岡田翔平、鈴木崇文ら前線にポリバレントなプレーヤーが目立つ。個性あふれる選手たちをいかに組み合わせるかがカギとなる。

群馬は2月11日に大宮とプレシーズンマッチを行った。そのメンバーがベースとなる可能性が高いが、システムを含めて開幕戦の戦いは未知だ。今季の練習状況をみる限りは、前日まで激しいレギュラー争いが展開されそうだ。

チームには鉄のカーテンが引かれているが、それも今季にかける意気込みの表れ。選手たちは、開幕戦で結果を届けるために準備を積んでいる。チームのキーワードは「アグレッシブ」だ。「どんな状況でもアグレッシブな戦いをみせる。リアクションは考えていない(森下監督)」。始動日から積み上げてきた練習量を、自信に変換して攻撃的な戦いを仕掛けていく。

群馬は、ホーム正田醤油スタジアムの改修工事の影響で開幕3試合がアウェイ戦。4節がホーム開幕戦となるが、どんなサッカーをホームのサポーターにみせるか。未知な部分が多いだけに、楽しみな要素が多い。今季のチーム、選手は、これまで越えられなかった壁を打ち破る可能性を秘めている。

  • 注記 予想スタメンは2月6日時点のものです。

Reported by 伊藤寿学