京都サンガF.C.

[FUJI XEROX SUPER CUP 2017] 頂上開幕。/2016明治安田生命Jリーグチャンピオン・第96回天皇杯優勝「鹿島アントラーズ」 VS 2016明治安田生命Jリーグ2位「浦和レッズ」/2017年2月18日(土) 13:35 KICK OFF 日産スタジアム

布部陽功監督は今季始動から4-1-4-1をベースにして、チームに戦術を落とし込もうとしている。しかし、指揮官は「システムありきで考えていない」と口にしており、フォーメーションの柔軟な変更を、シーズン通して行う可能性も示唆している。
しかし、この4-1-4-1は、非常に流動性が高いと言うか、変化をはらんだ布陣となっている。サイドハーフが1トップのサイドのスペースへ動くと4-3-3にも観え、インサイドハーフがビルドアップのためにアンカーの横に落ちると4-2-3-1の様にも観える。

布部監督は「相手の状況を観る」ことを重要視しており、サイドで起点を作る時、サイドハーフがサイドに入るのか、或いは、サイドバックがサイドに入り、サイドハーフが自由に相手を翻弄するか、相手の状況に応じて選手が判断する、という点まで落とし込もうとしている。これらを総合的に判断すると、選手個々の状況判断力は求められることになるのは想像に難くない。

そこで、メンバーについては戦術理解度の高低で配置をしてみた。インサイドハーフについては伊東俊に分があると判断。サイドハーフにはFWの要素が強いイ ヨンジェと小屋松知哉を配置した。他に、田村亮介、大野耀平の起用も面白いだろう。若い選手は、得点を狙うことはもちろん、ビルドアップでパスを引き出す柔軟性も磨かなければならない。
戦術では、センターバックとアンカーのビルドアップへの要求もレベルが高く、今季、この位置の「ゲームを組み立てる能力」は強く求められるだろう。田中マルクス闘莉王の相方は、染谷悠太、牟田雄祐のどちらか。開幕までポジション争いは続くのではないか。

布陣があって、サッカーが作られるよりも、サッカーに必要な要素を磨き上げつつ、戦術を理解しサッカーを組み立てる。布部監督の意欲が結実することを期待したい。

  • 注記 予想スタメンは2月6日時点のものです。

Reported by 武田賢宗