FC町田ゼルビア

[FUJI XEROX SUPER CUP 2017] 頂上開幕。/2016明治安田生命Jリーグチャンピオン・第96回天皇杯優勝「鹿島アントラーズ」 VS 2016明治安田生命Jリーグ2位「浦和レッズ」/2017年2月18日(土) 13:35 KICK OFF 日産スタジアム

相馬直樹監督が指揮を執る限りにおいて、町田の布陣は「4-4-2」で変わらない。コンパクトな形から球際に激しく寄せる守備、速さと厚みを兼ね備えた攻撃という持ち味も昨年と同様だ。

相馬監督にとっての最大の悩みどころはおそらくFWの人選。昨季のリーグ戦全てに先発した中島裕希は前線の軸で、相棒探しが大きなポイントとなる。もう一人のエース格である鈴木孝司は、1月末に左アキレス腱を再断裂して長期離脱中。終盤戦で目覚ましい働きをした仲川輝人も、今季は期限付き移籍から横浜FMに復帰した。

現状では戸島章と岐阜から新たに加入した遠藤純輝がFWのポジションを争っている。ただ戸島は昨季の途中からサイドハーフ起用が多くなっている選手。遠藤も2試合しか出場できていない。個で点を取るという部分は計算の難しい二人で、彼らの「活かし方」には工夫が必要だろう。一方で中村祐也が右MFで得点を量産している。この2トップがボールを追う、競る、スペースを作るといった動きで周りを活かす側に回ることは当然ながら可能だ。

昨季の町田は2トップのフルタイム出場が多かったものの、今季は途中交代の活用が必要だ。相馬監督も「攻守のバランスを見ながら、ゲームは90分なので、ゲームを作る部分と、最後取りに行くところの準備をしなければいけない」と口にしている。FW陣の特徴を見極め、時間帯に応じた組み合わせを探っていく作業が、開幕に向けた最後の詰めだろう。

  • 注記 予想スタメンは2月9日時点のものです。

Reported by 大島和人