名古屋グランパス

[FUJI XEROX SUPER CUP 2017] 頂上開幕。/2016明治安田生命Jリーグチャンピオン・第96回天皇杯優勝「鹿島アントラーズ」 VS 2016明治安田生命Jリーグ2位「浦和レッズ」/2017年2月18日(土) 13:35 KICK OFF 日産スタジアム

プレシーズンを通して3バックも4バックも試してきた風間八宏監督だが、ひとまずの落ち着きどころとしてはベーシックな4-4-2が安定感としては最有力だ。いくつかのポジションに驚きの起用法が見られるが、すべては風間流ともいえるボールを保持しながら展開する分厚い攻撃力を実現するため。佐藤寿人とシモビッチ、そしてフェリペ ガルシアの相性はまずまずで、小林裕紀のゲームを構成する力は流石の一言だ。

布陣としてはベーシックだが、一つ特徴的なのがサイドバックの人選。ここに挙げた宮原和也や和泉竜司だけでなく、中盤から前線の攻撃的なポジションの選手がここまで多く試されてきた。もちろん内田健太や古林将太などの本職も使われてきているが、その基準はボールテクニックがどれだけ優れているかという明確なもの。その中で縦への突破力やドリブル、ゲームメイク力、もちろん守備力などそれぞれの持ち味を生かすことが模索されている。攻撃時にはもはやウイングとして振る舞うことも多い彼らは、戦術的なキーマンと言えるかもしれない。

ゲームメイクができればアタッカーの質と量には事欠かないのが今季の名古屋だ。佐藤寿人の決定力は少しの衰えも見せていないどころか、ポストプレーを始め万能性も非常に高い。彼を軸にシモビッチやフェリペ ガルシア、永井龍、押谷祐樹などの実力者たちがゴールを付け狙う強力布陣はJ2全チームにとって脅威の的であることは間違いない。

  • 注記 予想スタメンは2月8日時点のものです。

Reported by 今井雄一朗