アルビレックス新潟

[FUJI XEROX SUPER CUP 2017] 頂上開幕。/2016明治安田生命Jリーグチャンピオン・第96回天皇杯優勝「鹿島アントラーズ」 VS 2016明治安田生命Jリーグ2位「浦和レッズ」/2017年2月18日(土) 13:35 KICK OFF 日産スタジアム

自分の理想に選手を当てはめるのではなく、選手の特性を最大限に引き出すことを優先するのが三浦文丈監督流の采配だ。今季のチーム編成を踏まえて、基本のフォーメーションは4-4-2となるだろう。守備では2トップが“スイッチャー”となって相手にどんどんプレッシャーを掛け、攻撃ではシンプルな速攻だけでなく、サイドハーフ、サイドバックが起点をつくって攻め崩す。オーソドックスながら、新潟の特徴を存分に発揮することをチームは追求する。

もっとも、開幕戦で戦う広島のスタイルを踏まえて、戦い方にアレンジが加えられる可能性も十分にある。三浦監督も、「これが自分たちの形だと、どんな相手に対しても貫くことが理想だが、僕らはそうも言っていられない立場。時には相手を見ながら、臨機応変に戦わなければならない」と、チャレンジャーとして貪欲に勝利を狙う。

GK以外、センターラインのレギュラーが移籍して迎える今シーズン。チームは新たな骨格を築き上げなければならない。だが、開幕に臨むのは完成形ではなく、あくまで出発点となる11人だ。

バロメーターは、新加入のホニが輝くかどうか。ホニのスピードが生きる広大なスペースを、広島が簡単に与えてくれるとは考えにくい。厳しい広島のプレッシャーの中で、いかにホニの能力を引き出すのか。チアゴ ガリャルド、ジャン パトリックらブラジル人同士のコンビネーションだけでは物足りない。キャンプでキレのある動きを見せる指宿洋史、サイドの選手が絡んだ連係も、重要なポイントになってくる。

  • 注記 予想スタメンは2月8日時点のものです。

Reported by 大中祐二