大分トリニータ

[FUJI XEROX SUPER CUP 2017] 頂上開幕。/2016明治安田生命Jリーグチャンピオン・第96回天皇杯優勝「鹿島アントラーズ」 VS 2016明治安田生命Jリーグ2位「浦和レッズ」/2017年2月18日(土) 13:35 KICK OFF 日産スタジアム

基本布陣は昨シーズンも採用した4-4-2となるが、様々なシステムを柔軟に変更することになりそうだ。試合状況や相手との力関係に応じて3-4-3や4-2-3-1を使い分ける2年目の片野坂知宏監督の采配に注目したい。

前線はシステムの変化に即座に対応できる三平和司、林容平が一歩リードしているが、昨季のチーム得点王の後藤優介、コンタクトプレーを厭わない伊佐耕平らがトレーニングマッチで猛アピールしている。片野坂監督はコンビネーションを重視しているだけに、コンディションの良さだけでなく、チームのために何が出来るか答えを導き出した選手が先発の座を射止めることになるだろう。

松本昌也、八反田康平が抜けた中盤の底は総入れ替えとなる。指揮官が最も重視しているポジションであり、ある程度固定できなければチームの根幹を揺るがしかねない。鈴木惇、前田凌佑の新戦力、姫野宥弥、ファン ソンスの既存戦力に加え、U-20日本代表のキャプテン坂井大将のコンバートも含め、どの組み合わせを起用するのか注目される。

守備陣は竹内彬、坂井達弥、岸田翔平ら即戦力が加わり選手層は厚い。「それぞれのポジションで2人以上の選手を競わせたい」とチーム内の競争を促し、全体の底上げをしたいという決意のようなものが感じられる。

名前の挙がらなかった若い選手にも十分にチャンスはある。「育てながら戦う」のが大分のスタイルだ。若手の台頭に期待したい。

  • 注記 予想スタメンは1月30日時点のものです。

Reported by 柚野真也