清水エスパルス

[FUJI XEROX SUPER CUP 2017] 頂上開幕。/2016明治安田生命Jリーグチャンピオン・第96回天皇杯優勝「鹿島アントラーズ」 VS 2016明治安田生命Jリーグ2位「浦和レッズ」/2017年2月18日(土) 13:35 KICK OFF 日産スタジアム

システムは、昨年から熟成させてきた4-4-2が基本。変わるとしても、2トップが縦並びになって4-2-3-1気味になる程度だろう。

GKは、新加入の六反勇治が最有力で、西部洋平がケガから完全復活してくれば、彼も先発候補に加わる。DFラインでは、センターバック2人と左サイドバックの松原后は昨年からの実績や連携もあり手堅いところ。とくに犬飼智也と松原は成長が期待される存在だ。新加入のカヌは、ケガで出遅れている。

右サイドバックは、川口尚紀や三浦弦太が抜けた分、新たなポジション争いが生まれる。開幕に向けては、六平光成が本来はMFだが第一候補で、僅差で鎌田翔雅というところか。

ボランチは、河井陽介が体調不良で出遅れ、新加入予定のブラジル人、フレイレも合流後間もないため、本来2列目右の枝村匠馬が下りてくる可能性がある。だが、河井のコンディションが上がって、フレイレがチームに馴染んでくれば、竹内涼も含めた3人のハイレベルな争いになるだろう。

2列目は、左の白崎凌兵は10番を背負うにふさわしい存在に成長し、昨年と同じポジションを務める。右は、ボランチの陣容が整えば枝村がこの位置に戻り、新加入の野津田岳人と競い合う。村田和哉も先発出場を狙っているが、現時点では昨年同様スーパーサブとしての役割が有力だ。

2トップは、絶対的なエース・鄭大世のパートナーを誰が務めるかが最大の焦点。現時点では21歳の金子翔太が最有力で、それに次ぐのはスピードのある20歳の北川航也。デュークと長谷川悠は負傷中で、開幕には間に合わない可能性が高い。また、新たに外国籍選手を獲得する可能性も残っており、3月末に移籍ウィンドウが閉まるまでは、そこにも注目したい。

  • 注記 予想スタメンは2月7日時点のものです。

Reported by 前島芳雄