湘南ベルマーレ

[FUJI XEROX SUPER CUP 2017] 頂上開幕。/2016明治安田生命Jリーグチャンピオン・第96回天皇杯優勝「鹿島アントラーズ」 VS 2016明治安田生命Jリーグ2位「浦和レッズ」/2017年2月18日(土) 13:35 KICK OFF 日産スタジアム

あるとき語られた指揮官の言葉が思い出される。
「世界の流れを見ても、組織のなかで個人が活かされ、組織は個人によって成り立っている。そういう表裏一体の個性の組み合わせが新たなハーモニーになっていかないといいフットボールはできない」。

たとえば昨季終盤、それまでは右アウトサイドを主戦場としてきた藤田征也がシャドーで起用されたように、今季もまたそれぞれに新たな可能性が見出されそうだ。

フォーメーション図では各ポジションに一人ずつ配しているが、このチームにレギュラーという指定席はない。また複数のポジションを担える選手も多く、たとえば高山薫がシャドーに周り下田北斗がアウトサイドに入る、あるいは神谷優太がボランチに入り菊地俊介がシャドーに上がるというように、相手も踏まえながら、多彩な組み合わせが見られるだろう。

システムも然りだ。曺貴裁監督が2012年に指揮を執って以来採用している3-4-2-1が中心となろうが、流動性の大切さを指揮官も語っているように、アンカーを置く3-1-4-2や4-3-3などのオプションも戦術に多様性をもたらすに違いない。

今冬の高校サッカー選手権を沸かせた杉岡大暉ら高卒ルーキーから元日本代表の坪井慶介をはじめとする経験豊富なベテランまで、人数分の才が集う。「共走」を胸に、互いに切磋琢磨しながら成長を期す。求める高みには誰ひとり欠けても届かない。

  • 注記 予想スタメンは2月6日時点のものです。

Reported by 隈元大吾