東京ヴェルディ

[FUJI XEROX SUPER CUP 2017] 頂上開幕。/2016明治安田生命Jリーグチャンピオン・第96回天皇杯優勝「鹿島アントラーズ」 VS 2016明治安田生命Jリーグ2位「浦和レッズ」/2017年2月18日(土) 13:35 KICK OFF 日産スタジアム

外国籍監督となり、レギュラー争いは真っ新な状態からスタートとなる。システムは、基本形が3-4-3布陣。「後方からのビルドアップ」に強いこだわりがあり、GKにもフィールドプレーヤーの一人としての要素を強く求めている。その意味では、足元の技術、試合中の落ち着きなどを含め、GK陣の中で最も経験豊富な武田博行が最有力候補と見る。

DFは、既存メンバーでは、平智広、畠中槙之輔の評価が急上昇。同時に、新加入の内田達也にも高い期待を寄せているが、練習試合ではボランチ起用も試している。指揮官は最終的にどのような判断を下すのだろうか、現時点では判断しかねる。

そのボランチは、中後雅喜、井上潮音のコンビが最有力と見る。だが、前述の通り新加入の内田、さらには元日本代表の橋本英郎、新鋭の渡辺皓太など、能力高い顔ぶれが揃っており、シーズン通して高いレベルでのレギュラー争いもまた、見どころとなりそう。ウイングバックは、残念ながら右のレギュラー候補だった澤井直人がアキレス腱断裂で6ヶ月の戦線離脱。安西幸輝、高木純平に期待がかかる。左では、昨季主力として活躍した安在和樹に加え、中野雅臣の台頭が目立つ。一列前のFW起用の可能性もあり、今季ブレイクの予感漂う選手として注目したい。

FWは、1トップ2シャドーを敷く形がベースとなりそう。右FWの最有力は高木大輔だが、ウイングバックの機能具合によっては、運動量豊富な彼を一列下げる可能性は十分考えられる。その場合は、同じく運動量が自慢の梶川諒太がチャンスを得るだろう。左は兄・高木善朗が不動とみるが、二川孝広という選択肢もあり、層の厚さが心強い。1トップにはアラン ピニェイロ、ドウグラス ヴィエイラの両外国籍選手、さらに平本一樹も控えており、中盤との組み合わせ含め、バリエーションは豊富だ。

  • 注記 予想スタメンは2月9日時点のものです。

Reported by 上岡真里江