浦和レッズ

[FUJI XEROX SUPER CUP 2017] 頂上開幕。/2016明治安田生命Jリーグチャンピオン・第96回天皇杯優勝「鹿島アントラーズ」 VS 2016明治安田生命Jリーグ2位「浦和レッズ」/2017年2月18日(土) 13:35 KICK OFF 日産スタジアム

守備陣の顔ぶれは昨年から大きく変わることはないはずだ。西川周作が浦和の門番を務めるのはまず間違いなく、遠藤航がリベロとして3バックの中央に鎮座し、森脇良太が右のストッパーを担う。左の槙野智章はキャンプでコンディションが上がらず、シーズン序盤は苦しむかもしれない。ただ、それでも時間の経過とともに定位置を掴み取るのではないか。

ボランチでは、柏木陽介のレギュラーは当確だ。阿部勇樹も不動のスタメンではあるが、キャンプではボランチではなく、一貫して左ストッパーを務めてきたため、シーズンスタートはそのポジションを担う可能性はある。ただ、ワンステップキックで逆サイドにボールを展開できて、球際の攻防に滅法強い阿部は中盤の核となる存在であり、こちらも最終的には本職で落ち着くだろう。

一方、攻撃陣には厳しい競争が待ち受けている。ワイドのポジションは右に関根貴大、左に宇賀神友弥としたが、さまざまな組み合わせが考えられる。昨シーズン終盤にスタメン出場することも珍しくなくなった移籍2年目の駒井善成はキャンプ中の故障で少し出遅れたものの、レギュラーに食い込んでもおかしくない。関根、駒井は左右両方でプレーできるため、選択肢は広がる。湘南から加入した菊池大介もポジション争いに加わってくるだろう。

1トップ2シャドーもさまざまな組み合わせが考えられる。注目の新加入、ラファエル シルバは1トップで起用されると思われるが、シャドーで起用して興梠慎三を最前線に置く形も十分考えられる。前線トライアングルのポジション争いは熾烈で、昨シーズンに二ケタ得点をマークした武藤雄樹や李忠成であっても安心してはいられない。FWの選手層は非常に厚く、試合展開やスケジュールの状況から複数のオプションを試せるのは指揮官にとっても心強いはずだ。

  • 注記 予想スタメンは2月9日時点のものです。

Reported by 神谷正明