モンテディオ山形

[FUJI XEROX SUPER CUP 2017] 頂上開幕。/2016明治安田生命Jリーグチャンピオン・第96回天皇杯優勝「鹿島アントラーズ」 VS 2016明治安田生命Jリーグ2位「浦和レッズ」/2017年2月18日(土) 13:35 KICK OFF 日産スタジアム

ベースは木山隆之が愛媛時代に採用していた3-4-2-1。山形も昨シーズンのメインフォーメーションにしていたことから、導入はスムーズに行われた。ただし、メンバーが大幅に入れ替わっていることから、早くから戦術面を含めた共通認識の構築に取りかかり、多くの時間をかけてきた。

今シーズンはバランスよく補強を実践し、各ポジションで複数の選手が競争する状況が生まれている。チームの統一したコンセプトを浸透させる中、同じポシジョンでも選手の特徴の違いによってバリエーションを生み出せる。

新守護神には愛媛でプレーした児玉剛が有力。昨シーズンの群馬で正GKに定着した富居大樹もいる。3バックのセンター候補には新加入の菅沼駿哉と愛媛でレギュラーだった茂木力也がいるが、京都との開幕戦には古巣対戦となる菅沼がより近い位置にいる。

ボランチ2枚は、加入1年目でチームキャプテンに就任した本田拓也がまず当確。もう1枚は、ビルドアップや展開力を重視するなら風間宏希、運動量や守備力重視であれば松岡亮輔や中村駿という選択肢になる。

1トップ2シャドーは阪野豊史、瀬沼優司、鈴木雄斗の組み合わせが有力だが、トップには昨シーズン山口で11得点を挙げた中山仁斗、シャドーには新加入の南秀仁、既存の汰木康也、永藤歩などもいることで多くのバリエーションを準備できそうだ。

  • 注記 予想スタメンは2月8日時点のものです。

Reported by 佐藤円