レノファ山口

[FUJI XEROX SUPER CUP 2017] 頂上開幕。/2016明治安田生命Jリーグチャンピオン・第96回天皇杯優勝「鹿島アントラーズ」 VS 2016明治安田生命Jリーグ2位「浦和レッズ」/2017年2月18日(土) 13:35 KICK OFF 日産スタジアム

システムや顔ぶれは開幕戦当日にメンバーが発表されるまで分からない。それは何も秘密のベールに閉ざされているわけでも、少しでも勝ちたいからと筆者が書けるペンを折っているわけでもない。今季の戦力は粒ぞろいで誰にもスタメンの可能性があり、現時点で明確に主力とサブを分けるだけの材料がないから。しかも、何人もの選手が複数のポジションをやってのけるのだから、「少数精鋭のチーム(上野展裕監督)」の地力は恐ろしい。

特に前線はどこでもできるタレントが揃い、図上はトップ下としている米澤令衣はサイドやFWなどで出るかもしれないし、名前は出ていないがチーム最年少の和田昌士が彼のポジションを奪っているかもしれない。もっとも、開幕戦が岐阜で第2節が福岡だということを考えたら、岐阜に移籍した庄司悦大をよく知る選手を開幕戦で、福岡との対戦経験がある選手を2戦目で、という使い分けも考えられる。

他方、守備的な選手は職人気質な専門職が並ぶ。小塚和季はパサーとしてJ2昇格以前の山口で急成長。今年は特徴を知る岸田和人と岡本英也の両FWをうまく走らせたいところ。また、三幸秀稔と髙柳一誠は戦術理解力が高く、クレバーに立ち回れる。気づけば前まで飛んでいっている小塚を彼らならしっかりカバーしてくれる。

最終ラインでは渡辺広大と福元洋平の息がぴったり。ラインコントロール、チャレンジ・アンド・カバー、ボケ&ツッコミ、そのどれをとってもチームにしっかりとした秩序を与えている。ここも楽しみなコンビだ。

全体としては昨季から顔ぶれは変われども、ベースは変わらず、山口らしいサッカーができる組み合わせで開幕戦に挑むことになる。

  • 注記 予想スタメンは2月6日時点のものです。

Reported by 上田真之介