横浜F・マリノス

[FUJI XEROX SUPER CUP 2017] 頂上開幕。/2016明治安田生命Jリーグチャンピオン・第96回天皇杯優勝「鹿島アントラーズ」 VS 2016明治安田生命Jリーグ2位「浦和レッズ」/2017年2月18日(土) 13:35 KICK OFF 日産スタジアム

近年、定着した4-2-3-1のフォーメーションを予想したが、2トップを採用する可能性もありえる。セルビアリーグでは1トップを務めて昨季20得点と爆発したウーゴ ヴィエイラだが、戦術の異なるJで通用するとは限らないからだ。DFの背後を突く“裏抜け”を得意とし、ゴールに直結するプレーを好むストライカーの特性を生かすには、チャンスメイクができるFWとセットで出場した方が、得点効率が上がるかもしれない。

相方候補は、経験値が高く泥臭い守備の仕事も厭わない伊藤翔、タイキャンプで2戦連発を決めて成長著しい2年目の富樫敬真が考えられる。もしくはウーゴ ヴィエイラのプレーを知り尽くす、同じくレッドスター・ベオグラードから移籍したダビド バブンスキーを、シャドーストライカーとして起用するのも一手だろう。

他のポジションを見ると、スタメン争いの激戦区は、右サイドハーフ、ボランチ、左サイドバックのポジション。右サイドは、快速と長いリーチがウリのマルティノス、トップ下もこなせるレフティ・前田直輝、タイキャンプでプロ初得点を挙げ、ひと皮むけた感のある遠藤渓太が争う。

ボランチはチームリーダーの中町公祐が一歩リードか。ただし、対人プレーに強い喜田拓也と攻撃センスに長けた扇原貴宏らの実力者もおり、層は厚い。

左サイドバックは、安定感が増した金井貢史、昨季ケガに泣いた技巧派の下平匠が先発の座を競い、さらに柏から加入した推進力が魅力の山中亮輔も、守備力が向上すればチャンスがある。

  • 注記 予想スタメンは2月6日時点のものです。

Reported by 小林智明(インサイド)