貿易書類や貨物保険証券などの作成を高速自動化

2002年1月21日

  • 「AD-XIPS定型書類作成ソフトウエア」新発売
  • 貿易/損保関連業務向けイメージ処理システムを構築

富士ゼロックス株式会社(本社:東京都港区赤坂2-17-22、社長:坂本正元、資本金:200億円)は、電算帳票に打ち出されたデータや他のシステムから送られてくる電子データを取り込み、あらかじめ登録してある電子フォームとを自動的に合成して、貿易書類や貨物保険証券などの作成工程を効率化する、定型書類作成ソフトウエア「AD-XIPS (エイディー・ジップス)」を開発。1月22日から発売いたします。

輸出入に伴う貿易書類や貨物保険証券などを作成するには、電算アウトプットの帳票データや電子データ、社名ロゴや個人のサインなどのイメージ情報を書類別に編集し加工する必要があります。「INVOICE」「PACKING LIST」と言った貿易手続き書類の多様な帳票の作成や出力について、すべてをホストコンピューターで対応するには困難がありコスト負担も増大します。

「AD-XIPS」と、高度なスキャナー機能を搭載した富士ゼロックスのデジタル複合機シリーズやレーザープリンターと組み合わせることにより、これら一連の複雑な書類作成作業を自動化することができ、貿易関連手続きの迅速化に貢献します。

さらにオプションとして、FAX送信機能やファイリング機能も選択でき、例えば手続き書類の作成と同時に指定先にFAXしたり、書類を保管し管理するためのファイリング作業も自動化が図れるなど各種の後工程との連携を効率化し、書類作成を中心とした手続き業務全体の負担を大幅に軽減します。

◆ 本件に関するお客様からの問い合わせ先は、当社お客様相談センターまで。
フリーダイヤル : 0120-274100 土・日・祝日を除く、9:00~12:00、13:00~17:00

ページのトップへ

標準価格】

<基本ソフトウエア>
商品名 使用許諾料金 組み合せ対象機器
AD-XIPS Trading System
Type I Ver.1.0
1,000,000 円 DocuColor 1255+Document Gate
AD-XIPS Trading System
Type II Ver.1.0
1,000,000 円 DocuPrint 401
AD-XIPS Marine System
Type I Ver.1.0
1,000,000 円 DocuColor 1255+Document Gate
AD-XIPS Marine System
Type II Ver.1.0
1,000,000 円 DocuPrint 401

<オプションソフトウエア>
商品名 使用許諾料金 組み合せ対象機器
AD-XIPS
Fax Option Ver.1.0
200,000 円 DocuColor 1255+Document Gate
AD-XIPS
Filing Option Ver.1.0
800,000 円 DocuPrint 401

※上記の価格、関連するサービスなどの料金には、消費税は含まれていません。別途消費税を申し受けます。
※またシステム構成に応じてデジタル複合機やプリンター、パソコン等を別途購入する必要があります。(ただし組み合せ対象機器などが既にある場合を除く)

ページのトップへ

主な機能の特長】

  1. 多種多様な定型書類の組み合わせ出力に対応

    「AD-XIPS」は、貿易関連の帳票や損保関連の証券など、定型フォームでの手続き業務を支援するソフトウエアです。「INVOICE」や「PACKING LIST」などの基本的な電子フォームに、税関登録社名や直筆サイン、会社ロゴなどのイメージを重ね合わせてプリントします。また、複数のジョブパターンを記憶することにより、1 回の指示で必要な各種の帳票を必要な部数ずつ出力するといったことも可能です。複雑で多岐にわたる貿易関連手続きを、より簡単な指示で自動化することができ、書類作成業務の効率化を図ります。

  2. 作業指示はオンライン/オフラインの2通りを用意

    作業指示は、スキャナー機能を持ったプリンター複合機からのオフライン入力、またはネットワークからのデータ送信によるオンライン入力から選択できます。オフラインによる書類の作成は、作業内容をマークシートにチェックし、スキャナーで読み取るだけの操作です。このマークシートにより、「AD-XIPS」が必要な書類を自動的に作成・出力します。

    オンライン入力は、ホストコンピューターから指示し、蓄積されたデータを組み合わせて帳票や証券として出力します。出力の際は、用紙をセットしてあるトレイの制御により、必要な用紙を自動的に選択します。用紙のサイズや種類はあらかじめプログラムできるため、簡単な指示で用途に合わせた出力用紙の選択が可能です。

  3. オプションのファイリングやFAX機能により後工程との連携を自動化

    書類作成と同時に、ファイリングシステムにインデックスデータや文書イメージデータを登録し、自動的にデータベースを構築します。法的に義務づけられている書類のファイリング業務の負担を軽減し、スピーディな検索にも対応します。また、ネットワーク接続を使用したFAX送信機能を利用すると、書類の作成と同時に自動的に指定した相手先にFAXできるので、効率のよい作業が可能となります。

  4. 基本機能とアプリケーションは従来の「XIPS」を継承

    XIPS 330」など従来のXIPS に搭載されていたアプリケーションを継承しているため、これまでの業務形態やシステム環境の変更を最小限にとどめ、スムーズに導入することができます。

  5. イメージフォーマットにTiff形式を採用

    イメージフォーマットの標準であるTiff 形式を採用しているので、関連システムへの活用も容易です。新たにフォーマットし直す手間を軽減し、蓄積された情報の有効利用を促進します。

  6. システム形態に応じた機器構成の選択が可能。

    業務形態やシステム環境に応じてスタンドアロンとして単独でも、ネットワーク環境でも、最適な機器構成を選択することが可能です。コストや設置スペースの面で無駄のないシステム構築ができます。

  7. ネットワーク構築の負担を軽減

    LAN 接続による他部署のシステムや、オンラインによる関連会社のシステムとの接続にも柔軟に対応できるため、ホストコンピューターやサーバークライアントシステムを中心としたネットワークの構築が可能です。既存の機器やデータを活かし、書類作成の幅を拡げます。また、オンライン接続処理において、上流システムから送信されたデータは自動的に「AD-XIPS」の処理に適したフォーマットに変換されるため、システム開発の新たな負担を抑制します。

ページのトップへ

動作環境】

1. 基本ソフトウエア
項 目 仕 様
ハードウエア Windows NT® Server 4.0が稼動するDOS/V PC
CPU Pentium III 700MHz以上
メモリー 256MB以上
ハードディスク
容量
9GB以上の空き容量
OS Windows NT® Server 4.0 日本語版 (Service Pack 6)
Windows NT® Workstation 4.0 日本語版 (Service Pack 6)
ソフトウエア Sybase SQL Anywhere Studio 6.0.4(サーバー、クライアント)
Microsoft® Internet Information Server 4.0(Windows NT® Server 4.0)
リモートプリントマネジャーELEITE
MDTOCR20.OCX(OCR認識させる場合)
その他 CD-ROMドライブ

2. オプションソフトウエア
項 目 仕 様
ハードウエア Windows NT® Server 4.0が稼動するDOS/V PC
CPU Pentium III 700MHz以上
メモリー 256MB以上
ハードディスク
容量
9GB以上の空き容量
OS Windows NT® Server 4.0 日本語版(Service Pack 6)
ソフトウエア Sybase SQL Anywhere Studio 6.0.4(サーバー)
Microsoft® Internet Information Server 4.0(Windows NT Server 4.0)
Microsoft® Internet Explorer 5.5SP2
その他 CD-ROMドライブ

  • XEROX、The Document Company、および“デジタルX”のマークは、商標または登録商標です。
ページのトップへ

ここまで本文