カラーレーザープリンター
「DocuPrint C2220/C2221シリーズ」
「DocuPrint C830」の標準価格改定

2002年2月28日


富士ゼロックス株式会社(本社:東京都港区赤坂2-17-22、社長:坂本正元、資本金:200億円)は、オフィスドキュメントのカラー化促進を目的に、カラーもモノクロも毎分22枚(A4ヨコ)のプリントスピードのカラーレーザープリンター「富士ゼロックスDocuPrint C2220/C2221シリーズ」と、カラー毎分8枚(A4ヨコ)、モノクロ毎分35枚(A4ヨコ)のカラーレーザープリンター「富士ゼロックスDocuPrint C830」の本体標準価格を3月1日より改定いたします。

なお「DocuPrint C830」は、PDFファイルをアイコンにドロップするだけで高速にプリントできるコンテンツブリッジ機能の追加と、Windows® 95/98/Me、Windows NT® 4.0、Windows® 2000、Windows® XPに対応した英語版プリンタードライバー、Windows®によるUSB1.1接続に対応しました。これら機能は、下記弊社公式ホームページのダウンロードサービスで3月1日より無償で提供します。

富士ゼロックスダウンロードサービス

◆本件に関するお客様からの問い合わせ先は、当社プリンターサポートデスクまで。
フリーダイヤル : 0120-66-2209 土・日・祝日を除く、9:30~12:00、13:00~17:00

ページのトップへ

【本体標準価格改定】

商品名 旧標準価格 新標準価格
DocuPrint C2220標準モデル 498,000 円 398,000 円
DocuPrint C2220モデルT 523,000 円 423,000 円
DocuPrint C2220モデルD 608,000 円 498,000 円
DocuPrint C2220モデルTD 633,000 円 523,000 円
DocuPrint C2221標準モデル 548,000 円 448,000 円
DocuPrint C2221モデルTD 698,000 円 588,000 円
DocuPrint C830 318,000 円 278,000 円

※ 上記記載価格に消費税は含まれていません。本商品ならびに関連する消耗品、サービス等については、別途消費税を申し受けます。

【DocuPrint C2220/C2221シリーズの概要】

1列に配置した4色のドラムが1回のプロセスで4色を連続して転写するタンデムエンジン機構を採用することにより、カラーもモノクロも毎分22枚の高速プリントを実現したカラーレーザープリンターです。

新開発ワックス入りトナーとクイックオイルレス定着技術により、テカリやギラツキを抑え、オフィスに求められるグラフや図、デジタル写真が混在するドキュメントを高画質で再現します。また書き込みや付箋紙の貼りけにも優れています。さらに、自動両面プリント機能を装備したモデルや、最大3,480枚まで拡張できる給紙トレイにより、高い生産性を発揮します。

ページ記述言語には、Windows®との親和性を高めた新開発のページ記述言語「ART EX」を搭載しています。オプションで、アドビシステムズ社のPostScript®3TMや、ESC/P(VP-1000)、HP-GL2(DesignJet 750Cエミュレーション)の搭載も可能なほか、標準装備のEthernet 100Base-TX/10Base-Tにより、マルチクライアント、マルチプロトコル、IPP対応の高速ネットワークプリンターとして活用できます。

ページのトップへ

【DocuPrint C830の概要】

毎分35枚(A4ヨコ)の高速モノクロプリントに対応したカラーレーザープリンターです。異なる用紙サイズが混在するジョブなどで、用紙トレイの切り替えをエンジンの回転を落とさずに実行するコンティニュアスプリント機能や、カラーとモノクロのページが混在するジョブでも、カラーは毎分8枚(A4ヨコ)、モノクロは毎分35枚(A4ヨコ)でプリントするカラー/モノクロ自動認識機能により、オフィスで高い生産性を発揮します。

用紙サイズは、B5からA3の定型サイズやトンボ印字が可能なA3ノビサイズに対応するほか、ベルト式中間転写方式の採用により、官製ハガキ、厚紙、モノクロ用OHPシート、封筒などへのプリントも可能です。また給紙は、250枚の給紙トレイと150枚の手差しトレイが標準で、オプションの500枚×2段トレイを装備することで、4種類のサイズで最大1,400枚の大容量給紙が可能です。

標準装備の100BASE-TX/10BASE-T(TCP/IP)ネットワークインターフェイスにより、Windows® 95/98/Me、Windows® NT 4.0、Windows® 2000、Windows® XPのネットワーク環境に対応するほか、USB1.1による接続でのプリントも可能です。オプションのネットワーク拡張カードを装備することで、SMB(TCP/IP)、IPX/SPX(NetWare)、NetBEUI、EtherTalk®が混在するマルチプロトコル環境にも対応します。また、CentreWare Internet Servicesにより、ネットワーク上のパソコンからWebブラウザーを使って、機械のネットワーク設定や、用紙の残量、トナー消費量の確認などが簡単におこなえます。


  • Microsoft®、Windows® 95/98/Me、Windows NT® 4.0、Windows® 2000、Windows® XPは、米国マイクロソフトコーポレーションの米国およびその他の国における登録商標です。
  • Adobe® PostScript®3TMは、Adobe Systems Incorporated(アドビシステムズ社)の登録商標です。
  • その他の社名または商品名等は、それぞれ各社の商標、または登録商標です。XEROX、The Document Company、および“デジタルX”のマークは、商標または登録商標です。
ページのトップへ

ここまで本文