朝日新聞社発行の号外を
全国13ヵ所でカラープリント

2002年5月13日

  • 「2002 FIFA World Cup Korea/JapanTM
  • プリンター、複写機、ファクシミリの公式スポンサーとして

富士ゼロックス株式会社(本社:東京都港区赤坂 2-17-22、社長:坂本正元)は2002 FIFA World Cup Korea/JapanTM のオフィシャルパートナーとして、5月31日に開催される「2002 FIFA World Cup Korea/JapanTM」のオフィシャルニュースペーパーである朝日新聞社(本社:東京都中央区築地 5-3-2、社長:箱島信一氏)が全国13ヵ所で配布する号外発行に特別協力いたします。

号外は、「2002 FIFAワールドカップTM 」日本国内開催地域10都市(札幌、宮城、茨城、埼玉、横浜、新潟、静岡、大阪、神戸、大分)および東京、名古屋、福岡の合計13地域の主要駅や繁華街などに朝日新聞社が設置する「朝日ニューススクエアTM」近辺において、5月31日から決勝戦翌日の7月1日まで発行・配布されます (各会場により期間は異なります)

朝日新聞社は、日本戦はもちろん各試合の号外紙面を作成し、ネットワークを使いこれを全国13ヵ所の「朝日ニューススクエアTM」に送り、当社のカラープリンター「DocuPrint C2221」でプリントし、発行・配布いたします。

「朝日ニューススクエアTM」ではこのほか、「速報ボード」を設け各グループの順位・勝点・得点・失点・得失点・試合結果などの情報や最新ニュースを速報で発信したり、応援メッセージを募集します。

当社はプリンター/複写機/ファクシミリの「オフィシャルパートナー」として世界最大のスポーツの祭典「2002 FIFA World Cup Korea/JapanTM」に協賛しており、オフィシャルニュースペーパーである朝日新聞社の号外発行・配布に協力し、「2002 FIFAワールドカップTM 」を最大限盛り上げてまいります。

また、世界中から訪れるプレスやKOWOC(2002年FIFAワールドカップ韓国組織委員会)とJAWOCに対して運営上の必需品であるデジタル複合機「DocuCentre」シリーズカラーレーザープリンターなどの機材を計1500台以上提供し、大会を力強くサポートしてまいります。

さらに日本国内だけでなく韓国、東南アジア諸国、オーストラリア、ニュージーランドなどのアジア・パシフィック地域、2000年12月から当社が担当となった中国(含む香港)を含めた当社の商圏*1 におけるマーケティング活動を展開し、ブランドイメージのさらなる向上を図っております。

*1 日本、韓国、台湾、タイ、フィリピン、マレーシア、シンガポール、インドネシア、ベトナム、オーストラリア、ニュージーランド、中国(含む香港)の国・地域

ページのトップへ

[「2002 FIFA World Cup Korea/JapanTM」の
オフィシャルパートナーとして]

当社は1970年から現在まで「全国高校サッカー選手権」、1979年から「ゼロックス・スーパーサッカー」の協賛など、30年以上にわたって日本サッカーの強化支援と国際親善に努めてまいりました。

また '98年1月に定めた「私たち富士ゼロックスグループが目指すもの」において「世界の相互信頼と文化の発展への貢献」を掲げており、この理念は、JAWOC大会理念「世界最高のプレーをプロデュースします」「パートナーシップを通じて喜びを分かち合います」「スポーツが人々の生活を充実させます」に合致するものです。

そして今回、世界中で最も多くの人に愛されているスポーツ「サッカー」の最高峰を決める「2002 FIFA World Cup Korea/JapanTM」のオフィシャルパートナーとして、日本とアジアパシフィックエリアにおけるサッカーおよびスポーツ文化のさらなる発展と繁栄に貢献したいと考えております。

ページのトップへ
ここまで本文