省エネルギー設計のA3対応レーザープリンター

2002年8月6日

  • 「DocuPrint 211/181」新発売
  • リアル1,200dpiの高画質と高い生産性を両立
DocuPrint 211
<DocuPrint 211>

富士ゼロックス株式会社(本社:東京都港区赤坂2-17-22、社長:有馬 利男、資本金:200億円)は、クロック周波数200MHzの64ビット高速RISCプロセッサーと、高い評価を得ている画期的な低消費電力型定着器(クイックフューザー)を搭載することで、高生産性と省エネルギーを両立させた毎分21.6枚(A4ヨコ)の卓上型オフィスレーザープリンター「富士ゼロックスDocuPrint 211(ドキュプリント 211)」と、毎分18.4枚(A4ヨコ)の「富士ゼロックスDocuPrint 181(ドキュプリント 181)」の2機種を開発。8月12日から発売いたします。

「DocuPrint 211/181」は、幅459×奥行き430×高さ310mmのコンパクトな本体サイズながら、リアル1,200×1,200dpiの最高解像度で「DocuPrint 211」は毎分21.6枚(A4ヨコ)、「DocuPrint 181」は毎分18.4枚(A4ヨコ)の高速連続プリントを実現しました。CPUに64ビットRISC200MHzプロセッサーを採用することで、画像を貼り付けた複数ページの原稿も、エンジン性能をフルに活かした高速プリントが可能です。また、最大297×900mmの長尺用紙へのプリントや、原稿1ページ分を複数枚数に分割して拡大してプリントできる拡大連写機能*などに加え、オプションの両面印刷モジュールを装備することで、オフィスの様々な用途に活用できます。

* アプリケーションにより、対応できない場合があります。

Windows® 95/98/Me、Windows NT®4.0、Windows® 2000/XPのマルチクライアント環境に対応するほか、USB1.1に対応したUSBポートに加え、高速ネットワーク100Base‐TX対応のインターフェイスを標準搭載することで、TCP/IP、IPX/SPX(NetWare)*、NetBEUI*の混在するマルチプロトコル環境でも活用できます。このためデスクサイドで手軽に使えるコンパクトなデスクトッププリンターとしてはもちろん、ワークグループの共有プリンターとしても高い生産性を発揮します。

* オプションの拡張ネットワークカードが必要です。

ページ記述言語には、Windows®との親和性と高速性を重視して独自に開発した高性能プリンターページ言語「XPL2」を搭載することで、連続した複数のプリントジョブも、ジョブ間で動作を止めずに連続してスピーディに処理します。

プリンターエンジンには、低消費電力型定着器(クィックフューザー)を採用しました。用紙上にトナーを熱定着させるヒートローラーに、熱伝導率の高い材質を採用することで、待機状態からヒーターを加熱してプリントが可能になるまでに要する時間を14秒に抑え、プリント指示から終了までの時間も10秒*と高速です。また、グラデーションなどを含まないテキスト文書のように単純な原稿は、エンジンの調整時間を省いた快速印刷モードを使うことで、7.6秒*でプリントできます。

* A4ヨコプリンター用標準テストパターンJEIDA-J1使用

対応する用紙は、A3からA6サイズ(官製はがき)までで、はがき、封筒、専用OHPフィルム、専用ラベル用紙などにも対応します。給紙容量は、1段トレイ250枚と手差しトレイ150枚が標準で、オプショントレイの装着により最大1,400枚の大容量給紙も可能です。

DocuPrint 211/181は、「国際エネルギースター・プログラム」に適合した省電力設計です。さらに、ネットワークカード装着時でも情報処理装置等電波障害自主規制協議会(VCCI)規格クラスBに適合する低電磁波設計です。また、待機時の低消費電力や低騒音、オゾンレスを実現しています。低ランニングコストを実現するトナーセーブ機能の搭載や各種部品の再利用を前提としたリサイクル対応設計など、環境への影響も配慮しています。

本件に関するお客様からの問い合わせ先は、当社プリンターサポートデスクまで。
フリーダイヤル : 0120-66-2209 土・日・祝日を除く、9:00~12:00、13:00~17:30
(印刷用の商品画像データも格納しています)
ページのトップへ

標準価格】

<本体>
商品名 標準価格(税別) 備考
DocuPrint 181 118,000 円 標準カセット*1、EPカートリッジ*21本含む
DocuPrint 211 138,000 円 標準カセット*1、EPカートリッジ*21本含む

*1
A3、B4、A4、B5、A5、Letter、Legal(8.5×14インチ)に対応
*2
6,000枚EPカートリッジ

<主なオプション>
商品名 標準価格(税別) 備考
カセットフィーダー(A3/250枚) 50,000 円 A3/250枚給紙カセットとフィーダー
カセットフィーダー(A4/500枚) 65,000 円 A4/500枚給紙カセットとフィーダー
両面印刷モジュール 50,000 円 両面プリント機能追加時使用
増設RAMモジュール(128MB) 45,000 円 標準16MBで272MBまで拡張可能
増設RAMモジュール(256MB) 100,000 円 標準16MBで272MBまで拡張可能
拡張ネットワークカード 25,000 円 IPX/SPX、NetBEUI対応時使用

<消耗品>
商品名 標準価格(税別) 備考
EPカートリッジ 30,000 円 ドラム/トナー一体型カートリッジ
約6,000枚プリント可能
EPカートリッジ 40,000 円 ドラム/トナー一体型カートリッジ
約10,000枚プリント可能

A4サイズ像密度5%の印字比率時
上記記載価格に消費税は含まれていません。本商品ならびに関連する消耗品、サービス等については、別途消費税を申し受けます。

 

ページのトップへ

主な特長】

  1. 高生産性

    クロック周波数200MHzの64ビットRISCプロセッサーを採用することで、複数ページの原稿もエンジン速度を活かして毎分21.6枚(A4ヨコ)*1で高速にプリントアウトできます。また、プリント指示から終了までの時間も10秒*2と高速です。グラデーションなどを含まないテキスト文書のように単純な原稿は、エンジンの調整時間を省いた快速印刷モードを使うことで、7.6秒*2でプリントできます。

    *1 A4サイズ(ヨコ)、同一原稿連続プリント時。DocuPrint 181は18.4枚/分です。
    *2 A4ヨコ プリンター用標準テストパターンJEIDA-46-J11(PowerPoint®)使用 

  2. 省エネルギー設計で低消費電力を実現

    定着器の加熱を極小化する低消費電力型定着器(クィックフューザー)の採用と、コントローラーの初期化処理を効率化することで、省エネルギーを実現しました。節電モードは、未使用で一定時間が経過すると、自動的に電源消費を抑える「節電モード1」と、操作パネルとネットワークカードを除くすべての電源供給を停止する「節電モード2」の2モードに対応しています。

  3. ウォームアップ・タイム14秒で低消費電力

    低消費電力型定着器(クィックフューザー)の採用により、待機状態からヒーターを加熱してプリントが可能になるまでに要する時間を14秒に抑えました。「節電モード2」においては、従来機DocuPrint 210の5.4Wを上回る3.5Wという消費電力を達成しながら、同等のプリント処理能力を実現しています。(「節電モード1」では、9.5W)

  4. 高速ネットワーク環境をつくる100BASE-TX*1とUSB*2を標準装備

  5. 100BASE-TX/10BASE-Tに対応したネットワークインターフェイスを標準*1で装備しています。100BASE-TX、10BASE-Tが混在する環境でも自動的に切り替えて、Windows® 95/98/Me、Windows NT® 4.0、Windows® 2000/XPのマルチクライアント環境で活用できます。

    *1 TCP/IPに対応。
      IPX/SPX(NetWare)、Net、BEUIにはオプションの拡張ネットワークカードが必要です。
    *2 USBポートは4pinでUSB1.1に対応。

  6. 1,200×1,200dpiの高解像度でさまざまなプリントニーズに対応

    DocuPrint 211/181は、リアル1,200×1,200dpiの最高解像度でのプリントが可能です。表現力の幅が広がり、写真はもちろん、グラフや図などの微妙なディテールも美しく再現します。また、原稿に合わせたおすすめ画質タイプを7種類用意しています。「標準」「高画質」「高画質(写真)」「速度優先」「OHP向き」「トナーセーブ」「白黒2値」から選択でき、ドキュメントの内容や用途に適した画質モードでプリントできます。

  7. 省スペース化に貢献するコンパクト設計

    459×430×310mm(本体のみ)のコンパクトなボディで、オフィスの省スペース化に貢献します。標準カセットでA4用紙をセットした場合*は、カセットを機械本体に収納できるので、オフィスのスペースを有効利用できます。

    * A3用紙セット時の突出部は190mmです。

  8. 便利なプリント機能が充実

    最大で297×900mmまでの長尺用紙へのプリントや、原稿1ページ分を複数枚数に分割し、拡大してプリントできる拡大連写機能*を備えているため、ポスターなどの印刷に活用できます。またオプションの両面印刷モジュールにより、両面プリントに対応するほか、複数連続原稿のページ割付けを自動的に行ないホチキスなどでとじるだけで簡単に小冊子が作成できるなど、便利な機能を備えています。

    * アプリケーションにより、対応できない場合があります。

ページのトップへ

主な仕様】

  DocuPrint 211 DocuPrint 181
形式 デスクトップ
プリント方式 レーザー・ゼログラフィー
ウォームアップ・
タイム
14秒以内 (電源投入時・室温20℃)
連続プリント速度
(片面印刷時)
21.6枚/分(A4ヨコ)、13.4枚/分(B4)、
11.6枚/分(A3)
18.4枚/分(A4ヨコ)、12.2枚/分(B4)、
10.9枚/分(A3)
連続プリント速度
(両面印刷時)
16.6枚/分(A4ヨコ)、8.5枚/分(B4)、
7.8枚/分(A3)
16.1枚/分(A4ヨコ)、8.3枚/分(B4)、
7.6枚/分(A3)
解像度 600×600dpi(600ドット/25.4mm)、
1,200×1,200dpi(1,200ドット/25.4mm)
用紙サイズ A3、B4、A4、B5、官製ハガキ*1、Letter、Legal(8.5×14インチ)封筒*1、長尺(900mm以下)、ユーザー定義(A3~官製ハガキ*1)
像欠け幅:用紙の各端から4mm
用紙カセット
(給紙量)
標準
:
ユニバーサルカセット A3 (250枚)、
手差しトレイ(150枚)
オプション
:
ユニバーサルカセット A3 (250枚)、
A4サイズ専用カセット (500枚)
※最大3段1,400枚
排紙トレイ容量 250枚(フェースダウン)
メモリー容量
標準
:
16MB(オプション増設により最大:272MB)
オプション
:
128/256MB増設メモリー
搭載フォント
日本語フォント
:
平成2書体(平成明朝W3、平成角ゴシックW5)
欧文フォント
:
13書体
ページ記述言語 XPL2
インターフェイス 双方向パラレル(IEEE1284)準拠
Ethernet 100Base-TX*2、10Base-T*2、USB*3
使用電源 AC100V、50/60Hz共用
消費電力 最大:760W、
(節電モード1):9.5W、
(節電モード2):3.5W、
平均消費電力*4:410W
最大:760W、
(節電モード1):9.5W、
(節電モード2):3.4W、
平均消費電力*4:360W
大きさ(本体) 標準:幅459×奥行430×高さ310mm(標準カセットでA4用紙セット時)
機械の質量(本体) 19.5kg

*1:
封筒、ハガキについては、紙質、サイズ等により使用できないものがあります。
*2:
TCP/IPに標準対応。
オプションの拡張ネットワークカードでIPX/SPX(NetWare)、NetBEUIに対応。
*3:
4pinポート使用。USB1.1対応。
Windows® 98SE、Windows® Me、Windows® 2000、Windows® XPにて使用可能。
*4:
当社基準による測定値。

  • Microsoft®、Windows®、Windows NT®は、米国マイクロソフトコーポレーションの米国およびその他の国における登録商標です。
  • NetWareは、米国ノベル社の米国における登録商標です。
  • その他の社名または商品名等は、それぞれ各社の商標、または登録商標です。
  • XEROX、The Document Company、および“デジタルX”のマークは、商標または登録商標です。
ページのトップへ
ここまで本文