数万から一千万に及ぶ電子文書を管理し
入力・検索・出力を高速に処理

2002年10月24日

  • Web統合情報管理システム 新発売
  • 遠隔地間のスタッフ同士でもWebを通じて手軽に協業

富士ゼロックス株式会社(本社:東京都港区赤坂2-17-22、社長:有馬利男、資本金:200億円)は、設計図面や技術仕様書、部品表、発注書といった帳票や、試験データ、分析リポートなど、企業の内外で流通する膨大な情報のやりとりを、遠隔地間のスタッフ同士でもWebを通じてコラボレーションするための環境を構築する、統合情報管理システム商品群を開発。

エンジニアリング市場向けの「富士ゼロックス ArcSuite Engineering(アークスイート・エンジニアリング)」、一般オフィス向けの「同 ArcSuite Office(アークスイート・オフィス」、およびスタンプ機能やフォーム・オーバーレイ機能などを備え、プリント処理をクライアントから切り離して専門的に一括処理する統合出力管理システム「同 ArcEPS(アーク・イーピーエス)」の3種類を第一弾として、11月18日から発売いたします。

また併せて、「ArcSuite」の導入をより効果的なものにするための業務分析サービスを提供します。構築した情報システムやデータベースシステムを、最大限有効に機能させるために、真に望まれる情報の所在確認、組識間の伝達にはない実際の流通ルートの解明、活動に割かれる時間の割合から業務の重要度や負荷状況の把握など、業務の実態に則したプロセスを分析する「富士ゼロックス ArcOWL(アーク・オウル)知識分析サービス」を開始いたします。

なお「ArcOWL」は、同時に単独のプレスリリースを発信しておりますので、ご参照ください。

ページのトップへ

Arc コンセプトについて

Arc コンセプトとは、Activate your business Relationship and Communicationの略で、進化するデジタル複写機やインターネット端末を通じて、企業内外のユビキタスネットワーク上のドキュメントを有効活用する、ソリューションとサービスを提供するものです。

数万の小規模から1,000万を超える大規模なドキュメントまで、柔軟な拡張性を備えた情報データベースを中核とし、組識間、拠点間を越えて多くのスタッフがコラボレーションできるように、必要なサービスをパッケージ化しました。各機能による最適な利用環境を実現する統合的なシステムアーキテクチャーを、『Arc コンセプト』として取り纏め、サービス商品の提供、およびコンサルティングサービスまでを包含して構成しています。

ページのトップへ

ArcSuiteの特長

「ArcSuite」シリーズは、10年以上培った富士ゼロックスのドキュメント管理技術の集大成として開発した、ドキュメント・マネージメント・サービスです。このサービスを中核に、ロボット型収集検索技術を活用したドキュメント収集を可能とし、また、個人単位あるいは複数のタスクにまたがるコラボレーションの場をネットワーク上に構築することが可能な、Web統合情報管理システムです。

◆「ArcSuite」の標準機能の特長

  1. 小規模から大規模まで柔軟な拡張性の文書管理システム

    数万から1,000万文書におよぶ大量のドキュメントを、全社規模で一元的に扱うことができます。また様々なドキュメント単位にアクセス権設定が可能で、文書管理に必要なセキュリティーを確保できます。

  2. 検索機能の充実

    大量の文書情報から必要な情報を探すために、標準で属性検索・全文検索機能を搭載しています。大量文書管理を想定して検索エンジンをチューニングしており、管理される文書量が増大しても、快適に検索実行を行なうことができます。

  3. 機能の追加変更に柔軟に対応

    「ArcSuite」が提供する各種機能は、コンポーネント単位に提供され、必要な機能を選択してシステムを構成できますので、設置する環境や業務に適したシステムを構築することができます。

ページのトップへ

「ArcSuite」のオプション・コンポーネントの特長

  1. 「コラボスペース」

    「コラボスペース」は、離れた場所や異なる組織のメンバーによる作業の協働をネットワーク上で支援します。作業の協働は、電子メールや電子掲示板、文書共有などの機能を統合した「タスクプレース」の上に、タスクメンバーがコメントや文書などの情報をアップロードすることによって進められていきます。

    また、「ワークプロセス」と呼ばれる自動集計/回付機能と、メール送信の最適化機能、ユーザーカスタマイズ機能を提供します。「ワークプロセス」により、アンケートやレビューコメントなどの集計作業を自動的に行なうことができます。

  2. 「統合検索サービス」

    「統合検索サービス」は、外部データベースに存在する情報を「ArcSuite」から検索、取得できるようにするものです。外部データベースからの情報を自動的に収集することにより、あたかも「ArcSuite」内部で管理されている情報と同様の感覚で操作できます。

  3. 「キャプチャリングサービス」

    「キャプチャリングサービス」を利用することにより、一般オフィスのデジタル複合機や図面用のデジタル複合機「富士ゼロックスBrainTech(ブレインテック)」など、大判の図面がスキャン可能な機器と連携して紙文書や図面を電子化し、「ArcSuite」に登録することができます。オフィスに散在する紙文書の電子化により、企業内の情報共有や流通の範囲が格段に広がります。

  4. 「関連文書検索サービス」

    指定した文書に類似した文書を検索することができます。キーワードを指定することなく、関連する文書を簡単に検索できます。元となる文書は、最大10個まで指定することができます。

  5. 「文書群分類サービス」

    検索の結果リストアップされた文書を、キーワードの発生頻度により関連度をビジュアルなマップで表示することができます。互いに関連度が高い文書を一目で把握することができます。

ページのトップへ

ArcEPSの特長

「ArcEPS」は、「ArcSuite Engineering」のアウトプットサービスとして利用するもので、Microsoft® Wordなど事務用に使用される各種ファイルフォーマットはもちろん、図面、イメージ等でフォーマットが異なる複数の文書の一括出力を可能にする統合出力管理システムです。

出力に際して、クライアント側に出力対象データをダウンロードすることなく、「ArcEPS」側でダウンロードを行ない、プリンターやプロッターに出力するため、サイズの大きな図面や大量の文書もクライアント側に負荷をかけることなく、快適に出力することができます。Word、PowerPoint®などのオフィスデータからTIFF形式のイメージデータ、CADソフトウエアが出力するHP-GL形式のグラフィックスデータまで対応し、各種データが混在した書類も途切れることなく、一括出力できます。

また、図面管理システムの「EDMICS 2000」や、インテグレーションツールである「eXdoc」のアウトプットサービスとしても利用することができます。

ページのトップへ

ArcSuite/ArcEPSの標準販売価格

  • 「ArcSuite Office」
    基本パッケージ 300万円
    クライアントアクセスライセンスとして、10クライアントで10万円から

  • 「ArcSuite Engineering」
    基本パッケージ 600万円
    クライアントアクセスライセンスとして、10クライアントで16万円から

  • 「Arc EPS」
    基本パッケージ 150万円

  • ※ 上記の価格、関連するサービスなどの料金には、消費税は含まれていません。
    別途、消費税を申し受けます。

※ 本件に関するお客様からの問い合わせは、当社お客様相談センターまで。
フリーダイヤル : 0120-27-4100 土・日・祝日を除く、9:00~12:00、13:00~17:00

ページのトップへ

ArcSuite Engineeringの画面イメージ
<ArcSuite Engineeringの画面イメージ>
ページのトップへ

動作環境】

1. ArcSuite Engineering/Office

【アプリケーションサーバー推奨動作環境】
ディスク容量については使用環境に依存します。
項 目 仕 様
ハードウエア Windows® 2000 Server/Advanced Server(Service Pack2)
日本語版の動作が保証されるPC
CPU Pentium®4 2GHz以上
メモリー 1GB以上
OS Windows® 2000 Server (Service Pack 2)日本語版
Windows® 2000 Advanced Server(Service Pack 2)日本語版
その他 CD-ROMドライブ、Network I/F Card

【ドキュメント管理サーバー推奨動作環境】
ディスク容量については使用環境に依存します。
項 目 仕 様
ハードウエア 日本語Solaris8の動作が保証されるワークステーション
CPU UltraSparcIII 750MHz以上
メモリー 512MB以上
OS 日本語Solaris 8 02/02 (64ビット)
その他 CD-ROMドライブ、Network I/F Card

【クライアント推奨動作環境】
項 目 仕 様
ハードウエア 下記、対象OSの動作が保証されるPC
CPU Celeron 500MHz以上
メモリー 256MB以上
OS Windows® 95 4.00.95 C 日本語版
Windows® 98 Second Edition 4.10.2222 A日本語版
Windows® Millennium Edition 日本語版
Windows NT® Workstation 4.0(Service Pack 6a)日本語版
Windows® 2000 Professional(Service Pack 2)日本語版
Windows® XP Professional 日本語版
ソフトウエア Microsoft® Internet Explorer 5.5(Service Pack 2)/6.0日本語版
その他 Network I/F Card

2. ArcEPS

【サーバー推奨動作環境】
ディスク容量については使用環境に依存します。
項 目 仕 様
ハードウエア Windows® 2000 Server/Advanced Server(Service Pack2)
日本語版の動作が保証されるPC
CPU Pentium® III 800MHz以上
メモリー 768MB以上
OS Windows® 2000 Server (Service Pack 2)日本語版
Windows® 2000 Advanced Server(Service Pack 2)日本語版
その他 CD-ROMドライブ、Network I/F Card

ページのトップへ
ここまで本文