節電時の消費電力を1W未満に抑え、
インターネット環境への対応を強化

2002年10月28日

  • 「DocuCentre 402/352シリーズ」新発売
  • オプションでインターネットでのメールやFAX機能を装備
DocuCentre 402/352シリーズ
<DocuCentre 402/352シリーズ>
 

富士ゼロックス株式会社(本社:東京都港区赤坂 2-17-22、社長:有馬 利男、資本金:200億円)は、コピー/ファクス/スキャナー/プリンター機能を備えた毎分40枚(A4ヨコ)のデジタル複合機「DocuCentre 401シリーズ(ドキュセンター 401シリーズ)、および毎分35枚(A4ヨコ)のデジタル複合機「DocuCentre 351シリーズ(ドキュセンター 351シリーズ)の後継機として、節電時の消費電力を抑え、オプションでインターネットでのメールやFAX機能などを装備できる、プリントスピードが毎分40枚(A4ヨコ)のデジタル複合機「富士ゼロックスDocuCentre 402/402 CF/402 FS(ドキュセンター 402/402シーエフ/402エフエス)」、毎分35枚(A4ヨコ)の「富士ゼロックスDocuCentre 352/352 CF/352 FS(ドキュセンター 352/352シーエフ/352エフエス)」の6機種を開発。2002年11月14日より発売します。

「DocuCentre 402/352」シリーズは、待機時に電気の使用を抑える回路設計や電力損失を抑えた電源部の採用により、機械を一定時間使用しないと自動的に切り替わるスリープモードでの消費電力を低レベル*に抑えました。また、エネルギー消費効率を前任機「DocuCentre 401/351」の120Wh/hから33Wh/hに低減すると同時に、独自の定着部技術および温度制御技術の採用により、電源投入からコピーが可能になるまでのウォームアップ・タイムも、従来機の約1/3の15秒に短縮しました。

* コピーモデル0.9W、CFモデル1.4W、FSモデル7.9W。

ファクス機能*1は、標準搭載のV.34モデム(スーパーG3対応)とJBIG圧縮対応により、A4原稿の2秒台電送*2を実現しました。通信解像度は最大600dpi*3の高画質で、細かい文字や曲線でも微細で忠実に表現します。また、別売の当社ソフトウエア「CentreWare Flow Service」との連携により、特定の送信者からの受信文書をプリントしないで本体メモリーに蓄積して、ネットワーク上のパソコンにメールやファイル転送で送り込む*4ことも可能です。

*1 コピーモデルはオプション。 
*2 A4判700文字相当の原稿を8×3.85本/mmの標準画質、28.8kbps以上、JBIG圧縮での送信時。
*3 相手機が600dpi通信モードを搭載する場合のみ600dpi通信が可能。
*4 FSモデルのみ標準装備。他モデルはファクスとプリンターのオプションが必要。

プリント機能*1は、毎分40枚*2で両面プリント*3の場合も毎分32ページの高速出力を実現しました。高性能プロセッサーMPC8240 PowerPCTM603eコア(200MHz)の採用と、SDRAMからCPUのプログラムを実行することにより、オフィスの共有プリンターとして高い生産性を発揮します。また、プリンタードライバーの自動インストールツールや機器の状態をモニタリングするユーティリティ、ソフトウエア群「CentreWare Utilities」など、便利な各種ツールを標準添付しているため、ネットワークへの接続やインストール、機器管理のロード軽減や、TCO削減に貢献します。

*1 FSモデルのみ標準装備。他モデルはプリンターのオプションが必要。
*2 A4ヨコ同一原稿連続プリント時、DocuCentre 402シリーズ。DocuCentre 352シリーズは毎分35枚。
*3 オプション

◆ 本件に関するお客様からの問い合わせ先は、当社お客様相談センターまで。
フリーダイヤル : 0120-27-4100 土・日・祝日を除く、9:00~12:00、13:00~17:00
印刷用の商品画像データも格納しています

ページのトップへ

標準価格】

<本体>
商品名
標準価格(税別)
標準搭載機能
DocuCentre 402 1,070,000 円 コピー
DocuCentre 402 CF 1,480,000 円 コピー/ファクス
DocuCentre 402 FS 1,795,000 円 コピー/ファクス/プリンター/スキャナー
トータルサービス契約
月額プリント料金
1000枚まで 8.5 円/枚
1,001枚~5,000枚 7.0 円/枚
5,001枚以上 6.5 円/枚
最低プリント料金 8,500 円
トータルサービス契約
月額プリント料金

<本体>
商品名
標準価格(税別)
標準搭載機能
DocuCentre 352 970,000 円 コピー
DocuCentre 352 CF 1,380,000 円 コピー/ファクス
DocuCentre 352 FS 1,540,000 円 コピー/ファクス/プリンター/スキャナー
トータルサービス契約
月額プリント料金
1000枚まで 8.5 円/枚
1,001枚~3,000枚 7.5 円/枚
3,001枚以上 7.0 円/枚
最低プリント料金 6,800 円
トータルサービス契約
月額プリント料金

<主なオプション>
商品名
標準価格(税別)
備考
プリンターキット 200,000 円 プリンター機能後付け用
増設SDRAMモジュール(64MB) 35,000 円 プリンター機能用
内蔵ハードディスク装置(14GB) 70,000 円 プリンター機能用
iFAX/メールキット 118,000 円 プリンター機能用
FAXユニット 150,000 円 ファクス機能後付け用
増設G3ポート 100,000 円 ファクス機能用
ISDN/G4キット 150,000 円 ファクス機能用
8M増設メモリー 10,000 円 ファクス機能用
ハードディスク(FAX用) 70,000 円 ファクス機能用
両面原稿送り装置 210,000 円 コピー/ファクス機能用
自動両面ユニットキット 155,000 円  
ステープルフィニッシャー 300,000 円  
オフセット出力キット 25,000 円  

*:上記価格、関連するサービスなどの料金には、消費税は含まれません。別途消費税を申し受けます。

ページのトップへ

主な特長】

<基本性能>

  1. 1Wを切る低消費電力と省エネルギー効率の実現

    一定時間機械が使用されないと段階的に電力消費を抑える低電力モードやスリープモードなど、いずれの数値も国際エネルギースタープログラムの基準に適合しています。また、未使用時に電気の使用を絞り込む回路設計や、待機時の電力損失を抑えた当社独自の電源部により、スリープモード時の消費電力は、コピーモデルで0.9W、CFモデルでも1.4Wの低電力消費を実現しました(FSモデルは7.9W)。また、エネルギー消費効率も前任機「DocuCentre 401/351」の120Wh/hから33Wh/hに低減するなど、エコマーク認定、グリーン購入法適合商品です。

  2. ウォームアップ・タイム15秒*

    独自の新定着技術と温度制御技術により、加熱用ロールの厚さを従来機の7分の1にして、エネルギー消費効率を押さえながら温度制御をおこなうことで、電源を入れてからコピー開始までの時間を15秒に短縮しました。

    * コピーモデルの値。CFモデル、FSモデルは25秒。

<ファクス機能>(DocuCentre 402/352はオプション)

  1. 2秒台高速電送*1、600dpiの高精細通信

    標準搭載のV.34モデム(スーパーG3対応)とJBIG圧縮対応により、A4原稿の2秒台電送*1を実現しました。また、原稿の読み取りスピードも毎分56枚*2の高速読み取りですので、通信コスト削減に貢献します。通信解像度は最大600dpi*3の高画質で、細かい文字や曲線でも微細まで忠実に表現します。

    *1 A4判700文字相当の原稿を8×3.85本/mmの標準画質、28.8kbps以上、JBIG圧縮での送信時。
    *2 A4サイズのITU-T No.1チャートで画質8×3.85本/mmまたは8×7.7本/mmで読み取り時。
    *3 相手機が600dpi通信モードを搭載する場合のみ600dpi通信が可能。

  2. 動作中の操作指示で、オフィスの共有機としての生産性を向上

    受信プリントやコピー中の送信予約、コピー予約など、従来機にオプションで用意していた機能をファクス機能に標準搭載しました。短縮登録数は、標準で200局、オプションで最大999局まで拡張できます。また、特定の時間帯のみ、ファクス受信文書の出力を禁止し、受信文書を本体メモリーに蓄積しておくこともできます。

  3. 受信文書を送信者別に分類して親展受信

    NTTが提供するサービス*、または受信回線ごとに、受信文書をプリントせずメモリー(最大200の親展ボックス)に蓄積して、本体操作パネルからの指示によりプリントできます。機密文書や重要文書の紛失防止に便利な機能で、プリンター機能の装備機であれば受信文書をプリントすることなくデータとしてネットワーク上のパソコンに転送することも可能です。

    * 以下のいずれかのNTTへのサービス契約が必要です(有料)
        ・モデムダイヤルインサービス(一般回線)
        ・ダイヤルインサービス(デジタル回線)
        ・ナンバーディスプレイ(発信番号通知)サービス

  4. インターネットFAX機能 (プリンター機能などオプションが必要)

    スキャン文書やファクス受信文書をプリントせずに、インターネットFAX対応機やパソコンに、TIFF-FXファイル形式の添付文書としてメール送信できます。あらかじめ転送機能と転送先メールアドレスを設定しておくことで、出先のモバイルパソコンにも手軽に転送できます。

<プリンター/複合機能>(DocuCentre 402 FS/352 FS)

  1. 高性能プロセッサーPowerPCTM搭載

    高性能プロセッサーMPC8240 PowerPCTM603eコア(200MHz)の搭載と、SDRAMからCPUのプログラムを実行する方式により、毎分40枚*1、両面プリント*2の場合も毎分32ページのエンジン速度を活かした高速プリントが可能です。

    *1 A4ヨコ同一原稿連続プリント時、DocuCentre 402シリーズ。DocuCentre 352シリーズは毎分35枚
    *2 オプション

  2. マルチOS、マルチプロトコル

    Windows®95/98/Me、Windows NT®4.0、Windows®2000/XP、Mac® OS*(オプションのPostScript®搭載時)で、TCP/IP、IPX/SPX、EtherTalk®、SMB、DHCP、Salutation、IPPなど豊富なプロトコルに対応します。またESC/P、201H、HP-GL/HP-GL2の3種類のエミュレーションも標準装備しました。

    * 漢字TALK 7.5.3~Mac® OS9.1に対応。

  3. プリント制御、機密管理機能の強化

    本体とドライバーに登録したユーザーのみプリントを可能にするプリンターの利用者制限(最大200ユーザー)が可能です。また、特定IPアドレスのみプリントを許すIPアドレス制御や、サブネットを越えたプリントを制限するサブネットマスクのフィルタリングを装備しました。さらに、オプションでセキュリティプリント機能を用意しました。プリンターへのプリント指示後、プリンター本体にユーザーIDおよび暗証番号を入力することにより、プリントを開始します。機密文書や他文書との混在を避けたい時のプリントに便利な機能です。

  4. メール機能

    本体から読み込んだ紙文書を電子文書に自動変換(TIFF、PDF、DocuWorks文書)した後に、インターネット環境を経由して、特定の宛先にメール送信できます。送信時にフォーマットの指定が可能なほか、コンピューターから本体に送信したメール*の自動プリントも可能です。

    * TIFF、PDF文書のみ。PDF文書をプリントする場合は、オプションのPostScript®キットが必要。

  5. ネットワークスキャナー機能とソフトウエア連携によるドキュメントハンドリング

    コピーと同様な操作で読み込んだ画像を、ネットワークを経由して「DocuWorks」などパソコン上のTWAIN対応アプリケーションに取り込む、A3対応ネットワークスキャナー機能を搭載しています。読み込み速度は、毎分56枚 (A4サイズのITU-T No.1チャートで解像度200dpi、本体への取り込みまで)で、読み取り解像度は200dpi、 300dpi、400dpi、600dpiから選択できます。

  6. Web上で機器の状態監視、設定を実行、本体機器の登録設定の効率化

    標準搭載の「CentreWare Internet Services」により、パソコン上のWebブラウザーからネットワークに接続されている「DocuCentre 402/352 FS」のIPアドレスを指定するだけで、システム値の設定やジョブの進捗確認、用紙トレイや機械の状態確認が可能です。さらに、ファクス機能の短縮宛先登録もできるため、管理者のロードを大幅に軽減します。

ページのトップへ

主な仕様】

■ 基本/コピー/ファクス仕様
 
DocuCentre 402/402 CF/402 FS
DocuCentre 352/352 CF/352 FS
形式/複写方式/現像方式 コンソールタイプ/レーザー・ゼログラフィー/乾式現像(一成分)
原稿台方式/感光体種類/定着方式 固定式/OPC/ヒートローラー
原稿読み取り方式 CCD イメージセンサーによる平面走査読み取り方式
解像度/階調 600dpi(23.6ドット/mm)/256階調
ウォームアップ・タイム
(室温20℃:標準構成)
DocuCentre 402/352:15秒以下、DocuCentre 402 CF/352 CF:25秒以下、
DocuCentre 402 FS/352 FS:25秒以下
原稿サイズ 原稿ガラス:最大A3、11×17"
両面原稿送り装置:最大A3、11×17"、最小:100×148mm
複写(用紙)サイズ トレイ1:A3、B4、A4、A4ヨコ、B5、B5ヨコ、A5ヨコ
11×17"、8.5×14"、8.5×13"、8.5×11"、8.5×11"ヨコ、八開
トレイ2~4:A3、B4、A4、A4ヨコ、B5、B5ヨコ、11×17"、
8.5×14"、8.5×13"、8.5×11"、8.5×11"ヨコ、八開
手差し給紙:297×432mm(A3、11×17")、最小 官製ハガキ(ヨコ)
複写用紙*1 トレイ:60 ~90g/m2、 手差しトレイ:55 ~190g/m2
画像欠け幅(等倍時) 先端4mm、後端4mm、両端4mm
ファーストコピータイム 3.9秒(A4ヨコ:トレイ1)
複写倍率
<等倍>
<固定倍率>*2
<任意倍率>
 
1:1±0.8%(コピーガラス面使用時)
1:0.576、1:0.613、1:0.707、1:0.816、1:0.866、1:1.154、
1:1.225、1:1.414、1:1.632、1:1.736
1:0.25~1:4.00  1%きざみ
連続複写速度*3
(P紙、第1トレイ、片面)
A4ヨコ: 40枚/分
A4: 30枚/分
B4: 21枚/分
A3: 18枚/分
A5ヨコ、B5ヨコ: 39枚/分
B5: 30枚/分
A4ヨコ: 35枚/分
A4: 28枚/分
B4: 21枚/分
A3: 18枚/分
A5ヨコ、B5ヨコ: 35枚/分
B5: 28枚/分
給紙容量
(当社P紙使用)
標準:500枚×3+多重手差し50枚、オプション:追加トレイ500枚×1
最大給紙量:2,050枚(標準+多重手差し+追加トレイ)
連続複写枚数*3 99枚
電源 AC100V±10%・15A、50/60Hz共用
消費
電力
DocuCentre 402/352 最大:1,405W
スリープモード時:0.9W
低電力モード時:98W
待機時:113W
コピー時:1,193W
DocuCentre 402 CF/352 CF 最大:1,427W
スリープモード時:1.4W
低電力モード時:111W
待機時:181W
コピー時:1,232W
メモリー送受信時:181W
FAX受信プリント時:1,232W
DocuCentre 402 FS/352 FS 最大:1,439W
スリープモード時:7.9W
低電力モード時:124W
待機時:218W
コピー時:1,269W
メモリー送受信時:218W
FAX受信プリント時:1,269W
プリント時:1,269W
エネルギー消費効率 DocuCentre 402/352:33Wh/h
大きさ
DocuCentre 402/352 幅660×奥行669×高さ1,021mm
DocuCentre 402 CF/352 CF/402 FS/352 FS 幅660×奥行669×高さ1,112mm
質量 DocuCentre 402/352:94kg
DocuCentre 402 CF/352 CF:103kg
DocuCentre 402 FS/352 FS:106kg
機械占有寸法 幅920×奥行669mm

*1 当社推奨用紙をお奨めします。使用条件によっては正しく印刷できない場合があります。
*2 仕様設定で6種類を選択します。
*3 A4、B5、A5などの幅の狭い用紙に連続したコピーした直後に、A3、B4の用紙にコピーする場合、画質調整の為にコピーの開始が遅くなることがあります。

ページのトップへ

■ ファクス仕様
 
DocuCentre 402 CF/402 FS/352 CF/352 FS
送信原稿サイズ 最大A3(297×420mm)以下。長尺原稿可(最長3,600mm)
記録紙サイズ 最大A3、11×17"、最小A5ヨコ
電送時間 G3:2秒台*1、G4*2:約3秒
通信モード ITU-T G4*2、G3
走査線密度
主走査 600dpi、400dpi、300dpi、200dpi、(23.6、15.7、11.8、7.9ドット/mm)
16、12、8本/mm
副走査 600dpi、400dpi、300dpi、200dpi、100dpi(23.6、15.7、11.8、7.9、3.9ドット/mm)
15.4、11.55、7.7、3.85本/mm
データ圧縮方式 MH、MR、MMR、JBIG
通信速度 G3 33.6/31.2/28.8/26.4/24.0/21.6/19.2/16.8/
14.4/12.0/9.6/7.2/4.8/2.4Kbps
G4*2 最大64Kbps
適用回線 加入電話回線、PBX、デジタル回線(ISDN:G3/G4)、ファクシミリ通信網(G3/G4)

*1 A4判700文字程度の原稿を標準画質(8×3.85本/mm高速モード(28.8kbps以上:JBIG)送信時)
*2 オプションのISDN/G4キット装着時

ページのトップへ


■ プリンター仕様
 
DocuCentre 402 FS/352 FS
連続プリント速度*1
(A4ヨコ同一原稿出力時/トレイ1)
DocuCentre 402 FS: 40枚/分
DocuCentre 352 FS: 35枚/分
解像度 出力解像度:600dpi(23.6ドット/mm)
データ処理解像度:2,400dpi(94.4ドット/mm)
ページ記述言語 標準:ART V(ART-EX+ART IV公開コマンド標準搭載)
オプション:PostScript®3TM
エミュレーション ESC/P(VP-1000)、PC-PR201H、HP-GL(HP7586B)、HP-GL2/RTL(HP Design Jet 750C Plus)
メモリー容量 64MB(最大128MB)
搭載フォント 標準 アウトラインフォント(平成明朝体TMW3、平成角ゴシック体TMW5、欧文17書体)
ストロークフォント(日本語書体、欧文書体:HP-GL用)
オプション PostScript®ソフトウエアキット
平成3書体:平成明朝体TMW3、平成角ゴシック体TMW5、平成丸ゴシックTMW4、欧文136書体
モリサワ2書体:リューミンL-KLTM、中ゴシックBBBTM、欧文136書体
インターフェイス 標準 Ethernet(100BASE-TX/10BASE-T)、双方向パラレル(IEEE1284-B)、USB1.1*2
オプション Token Ring*3
対応プロトコル パラレル Compatible、Nibble、ECP
Ethernet TCP/IP(lpd、IPP、Salutation、Port9100)、NetWare、EtherTalk®*3、SMB
対応OS 標準 日本語版Windows®95/98/Me、Windows NT® 4.0、Windows® 2000/XP
PostScript®
(オプション)
日本語版Windows®95/98/Me、Windows NT® 4.0、Windows® 2000/XP
日本語版Mac® OS*4
英語版Windows®95/98/Me、Windows NT® 4.0、Windows® 2000/XP

*1 A4ヨコ同一原稿出力時/トレイ1。用紙の種類やプリント条件によって、印字速度が低下する場合があります。
*2 Windows®98/Me、Windows®2000/XPのみ対応。
*3 TokenRingを接続すると、Ethernetは動作しません。
*4 漢字TALK7.5.3~Mac® OS9.1に対応。

ページのトップへ


■ ダイレクトファクス仕様
 
DocuCentre 402 FS/352 FS
通信原稿サイズ A3、B4、A4
通信速度/電送時間* ファクス仕様に同じ
通信解像度 標準(200×100dpi(7.9×3.9ドット/mm)
高画質(200×200dpi(7.9×7.9ドット/mm)
超高画質(400×400dpi(15.7×15.7ドット/mm)
超高画質(600×600dpi(23.6×23.6ドット/mm)
適用回線 ファクス仕様に同じ
対応OS 日本語版Windows®95/98/Me、Windows NT®4.0、Windows®2000/XP

* G3は約3秒(A4判700文字程度の原稿を標準画質(8×3.85本/mm高速モード(28.8kbps以上:JBIG)送信時)

ページのトップへ


■ スキャナー仕様
 
DocuCentre 402 FS/352 FS
読み取りサイズ A3、B4、A4、B5ヨコ、A5ヨコ
読み取り解像度 600dpi、400dpi、300dpi、200dpi(23.6 、15.7 、11.8 、7.9 ドット/mm)
読み取り階調 8ビット入力/8ビット出力
原稿読み取り速度 56枚/分(A4ヨコ、200dpi、片面、等倍、同一サイズ:親展ボックスまで)
インターフェイス 100BASE-TX/10BASE-T、TokenRing(オプション)
出力・保存フォーマット フォーマット:モノクロ2値;TIFF、圧縮方式:MH、MR、MMR
対応プロトコル TCP/IP(Salutation)
ドライバー TWAIN
対応OS 日本語版Windows®95/98/Me、Windows NT®4.0、Windows®2000/XP

ページのトップへ


■ インターネットファクス仕様
 
DocuCentre 402 CF/402 FS/352 CF/352 FS
送信原稿サイズ/走査線密度 ファクス仕様に同じ
記録紙サイズ 最大:297×420mm(A3)、最小:A5ヨコ
出力フォーマット フォーマット:TIFF-FX、圧縮方式:MH、MR、MMR、JBIG
プロファイル TIFF-S、TIFF-F、TIFF-J
対応プロトコル 送信:SMTP、受信:SMTP、POP3 


ページのトップへ


  • PostScriptは、Adobe Systems Incorporated(アドビ・システムズ社)の商標です。
  • Macintosh、EtherTalk、LocalTalkは、米国アップルコンピュータ社の商標です。
  • Microsoft®、Windows®、Windows NT®は、米国マイクロソフトコーポレーションの米国およびその他の国における登録商標です。
  • NetWareは、米国ノベル社の米国における登録商標です。
  • HP-GLは、米国Hewlett Packardの商標です。
  • その他の社名または商品名等は、それぞれ各社の商標、または登録商標です。
  • XEROX、The Document Company、および"デジタルX"のマークは、商標または登録商標です。

ページのトップへ

ここまで本文