デジタル複写機
「DocuCentre 505/605/705」など計13機種が
台湾グリーンマーク認定を取得

2002年11月7日

  • 複写機が台湾グリーンマーク認定を取得したのは初めて

台湾富士ゼロックス株式会社(社長:沈 洪炳社長)が販売しているデジタル複写機「DocuCentre 505/605/705」など計13機種が、台湾の財団法人「環境與発展基金会」からグリーンマークの認定を9月14日に取得いたしました。台湾において、複写機がグリーンマークの認定を取得したのは初めてのことです。

台湾富士ゼロックスは当社が開発・生産した複写機を輸入・販売しており、このたびグリーンマークの認定を取得したのは、デジタル複写機「DocuCentre 235/285/250/400/551/505/506/605/606/705/706」とアナログ複写機「Vivace 455/555」の計13機種。

台湾では、政府採購法/機関優先採購環境保護産品弁法(日本でいう「グリーン購入法」)が1999年に施行されました。同法により、政府機関はグリーンマーク取得製品などの環境保護製品を優先的に調達すること、環境保護製品には10%以内の価格差を許容することなどが定められました。そして2002年からは環境保護製品の調達比率50%以上を目標とすることになっています。

事務機器では、モノクロ複写機/プリンター/ファクス/トナーカートリッジがグリーン購入の対象となっており、台湾富士ゼロックスは今後の政府機関に対するビジネスを展開する上でグリーンマークの取得が必須と考え、認定取得を目指してまいりました。今後さらにグリーンマーク取得製品の拡大を図っていく予定です。

※ 本件に関するお客様からの問い合わせは、当社お客様相談センターまで。
フリーダイヤル : 0120-27-4100 土・日・祝日を除く、9:00~12:00、13:00~17:00

ページのトップへ
ここまで本文