デジカメプリント機能が搭載された
『新マルチコピー機』を
セブン-イレブン店舗へ導入
~2000年4月以来の全面刷新、2004年11月より導入開始~

2004年9月17日

株式会社セブン-イレブン・ジャパン
富士ゼロックス株式会社



株式会社セブン-イレブン・ジャパン(東京都千代田区、代表取締役社長 最高執行責任者(COO:山口俊郎)と富士ゼロックス株式会社(東京都港区、代表取締役社長:有馬利男)は、デジカメプリント機能が搭載された『新マルチコピー機』を、2004年11月よりセブン-イレブン店舗へ導入致します。2005年4月末までにセブン-イレブン全店注1(8月末10,559店)への導入が完了する予定です。

『新マルチコピー機』は、富士ゼロックス製の最新フルカラーコピー複合機をベースとして、お客様の使い勝手を重視した操作部は、セブン-イレブン・ジャパンと富士ゼロックスが共同で開発致しました。特に今回、コンビニエンスストア(CVS)業界で初めてとなるセルフサービスのデジカメプリント機能を搭載し、写真データの画像処理用には富士写真フイルムの技術注2を採り入れました。

セブン-イレブンのコピー機は、1982年に設置を始めて以来、お客様のニーズの変化に合わせて、モノクロコピーだけではなく、カラーコピー・ファクス・チケットサービス・ネットプリントなど、様々な便利な機能を兼ね備えたものに改善し、進化し続けてまいりました。今回の切り替えは2000年4月以来で、セブン-イレブン・ジャパンと富士ゼロックスが、現行コピー機の機能に加えて、お客様からご要望の多かったデジカメプリント機能を新たに採用するなど、便利さや使い易さの向上を目指して共同で開発してまいりました。

また、セブン-イレブンでは今回の導入に先立って、本部と店舗間のネットワークを光通信回線に統合致します。このネット回線により「チケットぴあ」「ネットプリント」などをよりスピーディーかつ快適なサービスとしてお客様に提供できるものと考えております。

『新マルチコピー機』の主な特長は、デジカメプリントでは、お客様が求めている「高画質」「即時性」「手軽さ」を実現、画質は鮮明であり、Lサイズを連続プリントで1分あたり11枚、価格は1枚あたり30円(税込)になっております。コピーの速度についても、1枚だけコピーをするお客様が非常に多いことから、1枚目のコピースピードを改善、カラーコピーでは現行コピー機の約1.5倍のスピードとなりました。また連続コピーについても、A4サイズカラーでは1分あたり35枚と現行コピー機の約3倍に改善し、お客様の利用時間が大幅に短縮されます。これらのコピースピードは、CVSに設置したコピー機では最速になります。

デジタルカメラの国内出荷台数は年々伸長し、直近の4年間の合計では2,200万台以上と急速に拡大、これに伴ってデジタルプリントに対するお客様のニーズも高まっております。今後さらにデジタルプリント市場の拡大が想定されることに対応し、手軽でスピーディーに高画質な写真プリント機能を搭載した『新マルチコピー機』を設置することによって、お客様により利便性の高いサービスを提供できるものと考えております。

注1: コピー機設置スペースがない一部の店舗には設置されません。
注2: 富士写真フイルム株式会社製 画像処理ソフトウエア「Image IntelligenceTM

ページのトップへ


<新マルチコピー機の特長>


【 デジカメプリント 】
◇コンセプト
その場でプリント!キレイ・速い・簡単・色あせない
◇サービス料金
フチなしLサイズ1枚あたり 30円(税込)
◇プリントスピード
1枚目40秒、2枚目以降1分間の連続印刷11枚
◇対応メディア
SDメモリーカード、xDピクチャーカード、メモリースティック
スマートメディア、コンパクトフラッシュ/マイクロドライブ、CD-R/RW

【 コピー 】
◇コピースピード
原稿から1枚だけコピーをするお客様が利用者全体の8割を占めることから、1枚目コピースピードを大幅に改善
(例) A4サイズカラー1枚目コピー時間
現行コピー機17.4秒 → 新型コピー機11.6秒
(例) A4サイズカラー連続コピー(2枚目以降1分間)
現行コピー機12.5枚 → 新型コピー機35.0枚

※現行コピー機でのサービスも新型コピー機に搭載されております。





ファクス
ネットプリント(ネット経由で様々な文書などを取り寄せ印刷できるサービス)
チケットぴあ(映画鑑賞券、スポーツ観賞券などの予約・発券)
レジャーチケット(遊園地、プールなどの入場券)
資格・検定の申込(漢字検定、TOEICなどの受検申込)
JAL航空券代金お支払い


ページのトップへ



<新マルチコピー機>
新マルチコピー機


<新タッチパネル画面>
新タッチパネル画面




ページのトップへ
ここまで本文