高生産性・高画質を両立した
高速デジタルモノクロ複合機

2005年1月6日

  • 「DocuCentre 750 I / 650 I / 550 I」3機種を新発売
  • 毎分75/65/55枚、両面も毎分75/65/55ページの出力能力
DocuCentre 750 I
<DocuCentre 750 I >

富士ゼロックス株式会社(本社:東京都港区赤坂2-17-22、社長: 有馬 利男、資本金:200億円)は、デジタルモノクロ複合機3機種「富士ゼロックス DocuCentre 750 I / 650 I / 550 I」(ドキュセンター 750 ワン / 650 ワン / 550 ワン)を、2005年1月31日より発売いたします。

「DocuCentre 750 I / 650 I / 550 I」は、新開発エンジンを採用することと、紙送りプロセスを短縮化・高速化することにより、コピー、プリンター注1ともに毎分75ページ注2(A4ヨコ)の高速両面出力を実現しています。

また、紙文書の電子化ニーズの高まりに対応してスキャン機能を強化しており、まずデジタルモノクロ複合機ながらカラースキャン注1にも対応した上、最大250枚収容の大容量自動両面原稿送り装置を標準装備し、スキャン速度もモノクロ100枚/分、カラー50枚/分の高速読み込みを実現しています。さらに、モノクロの両面原稿なら、1回の原稿搬送パスで表裏同時に読み取るため、200ページ/分の高速スキャン注1が可能です。

一方、生産性向上を目的にいくつかの機能強化も図られています。稼動中に機械を止めずにトナー交換を可能にしたり、低電力モードからスタンバイモードへの復帰時間を約10秒で実現したり、さらにホチキス止めや中とじなどの後処理装置もオプションで用意されています。これらにより、トータルな生産性の向上を図ることが可能になります。

画質面では、出力解像度としてリアル2,400dpiを実現し、さらにデジタルモノクロ複合機にEA-HG(Emulsion Aggregation-High Grade)トナーを採用することにより、なめらかな階調表現やスムーズな細線などの高画質出力を実現します。

また、電子化される情報を守る機能としてハードディスク内のデータ機密性を保持する為の暗号化書き込み機能注1やデータ消去機能注1、さらに情報漏洩を防止する暗号化プリント注1など、セキュリティ面も強化されています。また、管理機能としては、コピー、プリント注1の利用カウンターに加え、スキャン注1の各利用カウンターを本体内で管理できる機能も搭載し、これをレポートとしてプリントすることが可能なマネジメント機能を標準搭載します。

注1 オプション。
注2 DocuCentre 750 Iの場合で片面、両面とも同じ。DocuCentre 650 Iは、65ページ/分、DocuCentre 550 Iは、55ページ/分。


DocuCentre 750 I / 650 I / 550 I の商品紹介ホームページへ

◆ 本件に関するお客様からのお問い合わせ先は、当社お客様相談センターまで。
  フリーダイヤル :0120-27-4100 土・日・祝日を除く、9:00~12:00、13:00~17:00
  (印刷用の商品画像データも格納しています)

ページのトップへ

【標準価格】

<本体>
商品名 標準価格(税別) 備考
DocuCentre 750 I 3,100,000 円 コピー機能標準搭載/大容量自動両面原稿送り装置
DocuCentre 650 I 2,680,000 円 コピー機能標準搭載/大容量自動両面原稿送り装置
DocuCentre 550 I 2,270,000 円 コピー機能標準搭載/大容量自動両面原稿送り装置


<主なオプション>
商品名 標準価格(税別)
プリンターキット 130,000 円
スキャナーキットB 100,000 円
大容量給紙トレイ(1段) 180,000 円
オフセットキャッチトレイ 50,000 円
フィニッシャーC 470,000 円
中とじフィニッシャーC 520,000 円
イメージ圧縮キット 75,000 円
複製管理キット 98,000 円
データセキュリティキット 85,000 円
宛先表拡張キット 15,000 円



<トータルサービス契約(月額プリント料金)>
  機種 DocuCentre 750 I / 650 I DocuCentre 550 I
  レギュラー価格 レギュラー価格
トータルサービス料金/月
1枚目~1,000枚目まで
1,001枚目~5,000枚目まで
5,001枚目以上
1枚につき8.5 円
1枚につき7.0 円
1枚につき6.5 円
1枚につき8.5 円
1枚につき7.0 円
1枚につき6.5 円
最低プリント料金  
15,500 円
8,500 円
  • プリント枚数は、コピー枚数および外部機器を通じて出力された枚数の合計です。
  • トータルサービス契約の有効期限は5年間です。
  • 上記トータルサービス料金には、ドラムカートリッジ、トナーカートリッジ等の消耗品および保守サービス料金が含まれております。 ただし、用紙代、ホチキス針代は含まれておりません。
*前述すべての表示価格は、事業者向けに税別で表示しています。


ページのトップへ

【主な特長】

<コピー機能>
(1) 75枚/分注1の、高速出力を実現。低電力モードからの復帰も迅速
新開発エンジンを搭載したうえ、紙送りプロセスを短縮化・高速化。また、ドラムの駆動部にはトラクションドライブを採用し、75枚/分注2の連続スピードを実現します。さらに、低電力モードからの復帰も10秒と迅速です。
  注1 A4ヨコ、DocuCentre 750 I時。
注2 DocuCentre 650 Iは、65枚/分、DocuCentre 550 Iは、55枚/分。
(2) 各種高画質化技術とEA-HGトナー注1の採用
ROS(画像書き込み部)に32本のマルチビームを発光する面発光型半導体レーザーVCSEL注2を採用し、エンジン出力解像度において2,400dpiを実現。また、高画質化技術としてデジタルハイブリッドスクリーンMACS注3技術、新イメージエンハンスメント処理を導入し、なめらかな階調表現、スムーズな細線などの高画質を実現しています。さらにEA-HGトナーを採用することにより、再現性も向上。
  注1 Emulsion Aggregation-High Grade トナー。
  注2 Vertical-Cavity Surface-Emitting Laser
  注3 Micro Accurate Control Screen


<プリント機能(オプション)>
(1) スピード性能の向上
用紙搬送間隔の短縮など、高速で安定した給紙・搬送性能を提供するための各種技術を採用し、片面75枚/分注1、両面連続プリント時も75ページ/分注2の高速出力を実現しています。
  注1 A4ヨコ、DocuCentre 750 I時。DocuCentre 650 Iは、65枚/分、DocuCentre 550 Iは、55枚/分。
  注2 2枚目排出以降、A4ヨコ、DocuCentre 750 I時。DocuCentre 650 Iは65ページ/分、DocuCentre 550 Iは55ページ/分。
(2) 親展ボックスの保存文書を簡単に出力可能
親展ボックスに保存したスキャン文書や、パソコンから親展ボックス止めプリントした文書を、ボックス操作やWebブラウザーを使用したCentreWare Internet Servicesにより簡単にプリントすることができます。共有の定型フォームを親展ボックスに保存しておき必要な時にプリントして使用したり、パソコンで作成した文書と紙文書をスキャンしたものを一括で出力したり、束ねて出力する応用的な利用も可能です。


<スキャン機能(オプション)>
(1) 新開発・大容量自動両面原稿送り装置搭載。カラーでのスキャンも可能
大容量自動両面原稿送り装置では、モノクロ100枚/分、カラー50枚/分注1の高速読み取りを実現。エレベータートレイの採用により、原稿積載枚数も250枚注2と高生産性に寄与します。
  • カラースキャンに標準対応
    モノクロ複合機ながらカラースキャンに対応。紙文書の電子化など、効率的な文書管理の推進に役立ちます。
  • 1パス両面読み込み注3を実現
    裏面読み込み用のCIS注4搭載により、1回の原稿搬送パスで両面の同時読み取りが可能です。両面原稿の場合もモノクロなら100枚200ページ/分注1の速度で表裏同時に読み込めます。また、原稿反転が不要なので、ななめ送りや紙づまり等の少ない、安定した原稿送りを実現します。
  注1
当社標準原稿(A4ヨコ)、200dpi、親展ボックスまで。
  注2
当社P紙の場合。
  注3
モノクロ2値スキャンのみ。
  注4
Contact Image Sensor
(2) スキャンデータを圧縮しネットワークの負荷を軽減
イメージ圧縮キット注1により、スキャンしたデータを文字情報と画像情報に分けて抽出し、それぞれに圧縮をかけることで、さらに高い圧縮率のDocuWorks文書注2やPDFデータ注3を作成できます。情報量の多い複数枚カラードキュメントでも、データを高圧縮化することでネットワーク負荷を避け、やり取りが容易になります。
  注1
オプション。
  注2
別売ソフトウエアDocuWorks 6.0(2005年2月発売予定)またはDocuWorks Viewer Light 5.1以降のバージョンで対応。
  注3
PDFのバージョンは1.3。Adobe® Acrobat® 4/5/6で開くことが可能。
(3) 多彩な親展ボックススキャン機能
親展ボックススキャン機能を拡張。TWAIN対応アプリケーションから親展ボックス内のスキャン文書の取り出しが可能。定型化したスキャン文書処理業務の省力化を実現します。また、CentreWare Internet Servicesを使用すれば、Webブラウザーからアクセス可能です。スキャン文書一覧の参照、取り出し、削除が可能です。


<セキュリティ機能>
(1) 暗号化プリント機能で通信経路での情報漏洩を防止
パソコンからの印刷データを送る際に、通信経路を暗号化して送信する機能を搭載。仮にネットワーク上で不正アクセスをしようとしても、経路が暗号化されているため情報漏洩を防止します。
  プリント機能はオプション。TCP/IP(IPP)プリント時のみ対応。
(2) セキュリティプリントで機密性の高い文書も安心して出力可能
 機密にしておきたい文書の出力は、本体にいったん蓄積し、操作パネルでユーザーID認証することでプリントできます。第三者の目に触れることを防止したり、プリントの回収忘れを防げます。
  プリント機能はオプション。
(3) ハードディスクからの情報漏洩を防止注1
ハードディスク蓄積データを暗号化、上書きすることによって、本体内の情報漏洩を防止。さらに、蓄積データの一括消去も可能。コピーやプリント注2した内容が外部に漏れることなく、また本体搬出時にハードディスクに残っているデータが第三者によって解析されるのを防止。
  注1 オプションのデータセキュリティキット装着時。
  注2 オプション。


<マネジメント機能>
(1) 機能別に利用カウンターを備え集計管理レポート発行可能
コピー、プリントの利用カウンターに加えスキャン、E-mailなどの各利用カウンターを本体内で管理。必要に応じてレポートプリントも可能。管理ソフトウエアなしでも、本体単独で簡単に利用状況を把握できます。
  オプション。


<操作性>
(1) 操作パネルに使用頻度の高い操作ボタンを優先表示可能
よく使うボタンだけ表示して、操作パネルをシンプルに見やすくすることが可能。メニューボタンの表示順序を変えて頻繁に使う作業を選びやすくするなど、日常の業務に合わせた表示も可能となっています。
(2) 稼働中でもマシンを止めずにトナー交換可能
 約25,000枚出力可能な大容量トナーカートリッジを採用。2本同時にセットでき、交換作業不要で約50,000枚のコピーがとれます。また、リザーブタンクとトナー交換専用ドアを設けコピー中のトナー交換を可能にし、トナーカートリッジを交換中でもリザーブタンク内のトナーを使用してコピーするので、マシンを止めずに大量処理を継続できます。
 
A4サイズ、像密度6%原稿使用時。


<環境への配慮>
(1) 環境保全に配慮した、資源循環型商品
本商品は、エネルギー効率のよいOA機器の開発導入を目的とした国際エネルギースタープログラムに適合しているほか、財団法人日本環境協会エコマーク事務局認定の、エコマーク商品(商品類型 No.117(複写機) 認定番号第04117027号)になります。さらに、グリーン購入法のコピー機に対する「判断基準および配慮事項」にも適合しています。また、商品の企画/開発/製造から使用済み商品の回収や処理に至るまで、ライフサイクル全体を視野に入れた当社独自の循環型リサイクルシステム「クローズド・ループ・システム」の各項目において、厳しい評価基準を達成した資源循環型商品です。


ページのトップへ


【主な仕様】


<コピー機能の主な仕様>
商品名 DocuCentre 750 I
DocuCentre 650 I
DocuCentre 550 I
形式 コンソールタイプ
読み取り解像度 600×600dpi(23.6×23.6ドット/mm)
書き込み解像度 2,400×2,400dpi(94.5×94.5ドット/mm)
階調 256階調
ウォームアップ・タイム 2分30秒以下注1(室温20℃)
複写原稿 シート・ブック共に最大297×432mm(A3、11×17")
複写(用紙)サイズ 最大:A3、11×17"(279×432mm)、
最小:A5
(手差しトレイ注2では最大:13×19"(330×483mm)、12.6×19.2"(320×488mm)、最小:官製はがき)
画像欠け幅:先端4mm以内、後端4mm以内、奥/手前3mm以内
複写用紙注3 トレイ:64~176g/m2
手差しトレイ:64~220g/m2
ファーストコピー・タイム 4.1秒以下(A4ヨコ)
複写倍率 <等倍>1:1±0.7%
<固定倍率>1:0.500、1:0.707、1:0.816、1:0.866、1:1.154、1:1.225、1:1.414
<任意倍率>1:0.25~1:4.00(1%刻み)
連続複写速度注5 A4ヨコ/B5ヨコ/A5 75枚/分 65枚/分 55枚/分
A4/B5 54枚/分 47枚/分 40枚/分
B4 44枚/分 39枚/分 33枚/分
A3 37枚/分 33枚/分 28枚/分
給紙方式/給紙容量注6 標準:560枚×2トレイ+980枚+1,280枚+手差しトレイ250枚
オプション:大容量給紙トレイ(1段)2,300枚
最大給紙量:5,930枚(標準+大容量給紙トレイ(1段))
連続複写枚数注7 9,999枚
電源 AC100V±10%、15A+5A、50/60Hz共用(2電源) AC100V±10%、15A、
50/60Hz共用
最大消費電力   1.5KW+0.5KW以下 1.5KW以下
低電力モード時注8 152.3W 155.8W 149.8w
オフモード時注8 5.3W 4.7W 5.2W
大きさ

幅700×奥行781×高さ1,154mm

幅700×奥行779×高さ1,154mm
質量注9 225Kg 220Kg
機械占有寸法注10 幅1,574×奥行781mm 幅1,574×奥行779mm
注1 機械の状態により画質調整が入ったり、ネットワークの環境によっては2分30秒以上かかる場合があります。
注2 手差しトレイを使用して非定形サイズで両面にコピーするときは、幅140~330mm、長さ182~488mmでの範囲で設定となります。
注3 当社推奨紙の使用をお勧めします。使用条件によって正しく印刷できない場合があります。
注4 等倍、用紙トレイ1 使用、片面、排出トレイ排出時。
注5 画質調整のため速度が低下することがあります。用紙種類、トレイ、出力モードによっては生産性が落ちる場合があります。
注6 当社P紙。
注7 画質安定化処理のため、機械の動作を一時的に中断することがあります。
注8 低電力モード/オフモードは、国際エネルギースタープログラム測定に基づいています。
注9 新品トナーカートリッジを装備し、用紙は含まない状態の質量です。
注10 手差しトレイ、排出トレイ装着等、最大伸張時。


ページのトップへ



<プリント機能の主な仕様(オプション)>
商品名 DocuCentre 750 I
DocuCentre 650 I
DocuCentre 550 I
形式
内蔵型
連続プリント速度 連続複写速度と同等
解像度
出力解像度 2,400×2,400dpi(94.5×94.5ドット/mm)
データ処理解像度

(標準・高画質)600×600dpi(23.6×23.6ドット/mm)、
(高精細)1,200×1,200dpi(47.2×47.2ドット/mm)

ページ記述言語
標準
ART EX、ART IV
オプション Adobe® PostScript® 3TM注1
対応プロトコル TCP/IP(Lpd、IPP、SMB、Port9100)、NetWare®(IPX/SPX)、EtherTalk®注1注2
対応OS注3 標準 Windows® 95/98/Me 日本語版、Windows NT® 4.0 日本語版、
Windows® 2000/XP 日本語版、Windows ServerTM 2003 日本語版
オプション [PostScript® 3TMキット]
Windows® 95/98/Me 日本語版・英語版、
Windows NT® 4.0 日本語版・英語版、
Windows® 2000/XP 日本語版・英語版、
Windows ServerTM 2003 日本語版・英語版、
漢字Talk® [7.5.3]~Mac OS®日本語版[9.2.2]
MacOS®英語版[7.5.3~9.2.2]、
MacOS®X日本語版・英語版[10.1.5/10.2/10.3.3/10.3.4/10.3.5]
内蔵フォント 標準 日本語2書体(平成明朝体TM W3 、平成角ゴシック体TM W5)、欧文17書体
オプション [PostScript® 3TMキット(平成3書体)]
日本語3書体(平成明朝体TM W3、平成角ゴシック体TM W5、平成丸ゴシック体TM W4)、欧文136書体
[PostScript® 3TMキット(モリサワ2書体)]:
日本語2書体(リュウミンL-KLTM、中ゴシックBBBTM )、欧文136書体
[エミュレーションキット(PCL5e、PCL6)]
欧文81書体、シンボル35セット
エミュレーション 標準 ESC/P(VP-1000)
オプション PC-PR201H、HP-GL(HP7586B)、HP-GL2/RTL(HP Design Jet 750C Plus)、PCL5e、PCL6
メモリー容量 512MB(最大768MB)
インターフェイス 標準 Ethernet 100BASE-TX/10BASE-T
オプション USB2.0注4
注1 PostScript® 3TMキットには、平成3書体版、モリサワ2書体版があります。
また、エミュレーションキットの内容が含まれます。
注2 漢字Talk®[7.5.3]~Mac OS®日本語版[9.2.2]、Mac OS®英語版[7.5.3~9.2.2]、Mac OS®X日本語版・英語版[10.1.5/10.2.x/10.3.3/10.3.4/10.3.5]
注3 最新の対応OSについては、当社ホームページをご覧ください。
注4 Windows® 98SE/Me/2000/XP 日本語版・英語版、Windows ServerTM 2003日本語版・英語版、Mac OS®日本語版・英語版[8.6~9.2.2]、Mac OS®X日本語版・英語版[10.1.5/10.2.x/10.3.3~10.3.5]に対応。


ページのトップへ



<スキャン機能の主な仕様(オプション)>
商品名 DocuCentre 750 I
DocuCentre 650 I
DocuCentre 550 I
形式 カラースキャナー
読み取りサイズ 最大:297×432mm(A3,11×17")
読み取り解像度 600×600dpi、400×400dpi、300×300dpi、200×200dpi
(23.6×23.6ドット/mm、15.7×15.7ドット/mm、11.8×11.8ドット/mm、7.9×7.9ドット/mm)
読み取り階調 RGB各色10ビット入力、8ビット出力
原稿読み取り速度注1
モノクロ:100枚、
カラー:50枚(モノクロ1パス両面読み取り時200ページ/分)
インターフェイス Ethernet 100BASE-TX/10BASE-T
ボックス保存
対応プロトコル
TCP/IP(Salutation、HTTP)
出力フォーマット モノクロ2値:TIFF
グレースケール/フルカラー:TIFF、JPEG
ドライバー TWAIN(Salutation)
ドライバー対応OS注2 Windows® 95/98/Me 日本語版・英語版、
  Windows NT® 4.0 日本語版・英語版、
  Windows® 2000/XP 日本語版・英語版、
  Windows ServerTM 2003 日本語版・英語版、
PC保存 対応プロトコル TCP/IP(SMB、FTP)
対応OS注2 Windows® 95/98/Me 日本語版・英語版注3
Windows NT® 4.0 日本語版・英語版、
Windows® 2000/XP 日本語版・英語版、
Windows ServerTM 2003 日本語版・英語版、
Mac OS® X日本語版・英語版[10.1.5/10.2]注4
NetWare 5.11J/5.12J注4
出力フォーマット モノクロ2値:TIFF(圧縮方式:MH、MMR)、DocuWorks文書、PDF
グレースケール:TIFF(圧縮方式:JPEG)、JPEG、DocuWorks文書、PDF
フルカラー:TIFF(圧縮方式:JPEG)、JPEG、DocuWorks文書、PDF、高圧縮DocuWorks文書注5、高圧縮PDF注5
注1 原稿、解像度によって読み取り速度は異なります。当社標準原稿(A4ヨコ)、200dpi、親展ボックスまで。
注2 最新の対応OSについては、当社ホームページをご覧ください。
注3 対応プロトコルは、SMBのみです。
注4 対応プロトコルはFTPだけです。
注5 イメージ圧縮キット装着時。


ページのトップへ


<大容量自動両面原稿送り装置の主な仕様>
商品名 DocuCentre 750 I
DocuCentre 650 I
DocuCentre 550 I
原稿送り装置の種類 自動両面原稿送り装置
原稿サイズ/種類 最大:A3、11×17"(279×432mm)、最小:A5、
38~200g/m2(両面時:50~128g/m2
原稿収容可能枚数 250枚
原稿交換速度(A4ヨコ片面) 75枚/分 65枚/分 55枚/分
当社P紙。



  • Macintosh®、EtherTalk®、LocalTalk®は、米国アップルコンピュータ社の登録商標です。
  • Microsoft®、Windows® 95/98/Me、Windows NT® 4.0、Windows® 2000/XPは、米国マイクロソフトコーポレーションの米国およびその他の国における登録商標です。
  • XEROX、The Document Company、および"デジタルX"のマークは、商標または登録商標です。
  • その他の社名または商品名等は、それぞれ各社の商標、または登録商標です。

ここまで本文