カラー複合機ラインアップ強化で
オフィスのサービス連携を加速

2005年6月28日

  • ApeosPort/DocuCentreシリーズ6機種新発売
  • 非接触ICカード「FeliCa」による認証に対応
ApeosPort C4535 I
DocuCentre C4535 I
<ApeosPort C4535 I>
<DocuCentre C4535 I>


  富士ゼロックス株式会社(本社:東京都港区赤坂2-17-22、社長:有馬利男、資本金:200億円)は、新コンセプトに基づくApeosPortシリーズに「富士ゼロックスApeosPort C4535 I / C3626 I / C2521 I(アペオスポートシー4535ワン/シー3626ワン/シー2521ワン)」を追加。同時に、デジタルカラー複合機「富士ゼロックス DocuCentre C4535 I / C3626 I / C2521 I(ドキュセンターシー4535ワン/シー3626ワン/シー2521ワン)」を加え、2005年7月1日から発売開始いたします。
 

  当社は2004年11月に新コンセプト「Apeos(アペオス)」を発表し、デジタル複合機をベースに、ネットワーク上の開かれたオフィス環境への「入口」となる機能を持つApeosPortシリーズを順次展開しています。今回、普及が期待される商品群としてモノクロ毎分45枚/カラー毎分35枚、同36枚/26枚、25枚/21枚(A4ヨコ)の性能を持つApeosPortシリーズを投入し、商品ラインアップを強化します。これにより、より多くのお客様に同シリーズのサービス連携機能により、文書管理などの経営課題に対するソリューションを提供することが可能となります。  

  また今回、これらのシリーズに非接触ICカード「FeliCa」による認証機能注1を採用します。プライベートプリントの実装など、機密性を強化したプリンティング環境を実現するほか、ICカードをかざすだけで認証が完了するため、複合機の使用管理やジョブ履歴管理にかかる手間を省くことができます。  

  一方、基本機能として両シリーズとも、定評のあるEA-HGトナー注2を改良し、赤・青・緑といった2次色の再現性向上により、さらにツヤと深みのある鮮やかな発色を再現しています。さらにCVT方式注3を採用した自動両面原稿送り装置注4により、モノクロ毎分50枚(A4ヨコ)、カラー毎分35分(A4ヨコ)の読み取り速度で、大量の紙文書を効率良く電子化します。またコピー、プリンター、スキャナー注5を標準装備し、ファクス(オプション)受信文書とスキャナーで読み取った文書を、サーバーやパソコンなどに自動配信する機能も搭載しています。  

  注1 オプション関連商品「IC Card Gate 1.0」の接続が必要  
  注2 Emulsion Aggregation-High Grade  
  注3 Constant Velocity Transport方式  
  注4 DocuCentre C4535 I / C3626 I / C2521 Iはオプション  
  注5 DocuCentre C4535 I / C3626 I / C2521 Iの一部モデルはオプション  

    ApeosPort C4535 I / C3626 I / C2521 Iの商品紹介ホームページへ     
    DocuCentre C4535 I / C3626 I / C2521 Iの商品紹介ホームページへ  
    IC Card Gate 1.0の商品紹介ホームページへ  
    ◆ 本件に関するお客様からのお問い合わせ先は、当社お客様相談センターまで。  
    フリーダイヤル :0120-27-4100 土・日・祝日を除く、9:00~12:00、13:00~17:00  



  【 標準価格 】  

 
・DocuCentre C4535 I / C3626 I /C2521 I
商品名 価格(税別) 備考
DocuCentre C4535 I
1,790,000 円
コピー・プリント機能搭載
DocuCentre C3626 I
1,480,000 円
コピー・プリント機能搭載
DocuCentre C2521 I
1,230,000 円
コピー・プリント機能搭載
 

 
・ApeosPort C4535 I / C3626 I / C2521 I
商品名 価格(税別) 備考
ApeosPort C4535 I
2,580,000 円
コピー・プリント・スキャン機能搭載
ApeosPort C3626 I
2,270,000 円
コピー・プリント・スキャン機能搭載
ApeosPort C2521 I
2,020,000 円
コピー・プリント・スキャン機能搭載
 

 
・主なオプション
商品名 価格(税別)
自動両面原稿送り装置
210,000 円
両面出力ユニット
70,000 円
大型カラー操作パネル
200,000 円
大型カラー操作パネル取り付けキット
35,000 円
外部アクセスキット
50,000 円
イメージ圧縮キット
75,000 円
データセキュリティキット
85,000 円
IC Card Gate 1.0
75,000 円
 

 
・トータルサービス契約
ApeosPort C2521 I / DocuCentre C2521 I
[黒モード]
[フルカラーモード]
 
1,000 枚まで
1枚につき 8.5 円
 
1,000 枚まで
1枚につき 45.0 円
1,001枚~3,000 枚
1枚につき 7.5 円
1,001枚~3,000 枚
1枚につき 40.0 円
3,001 枚以上
1枚につき 7.0 円
3,001 枚以上
1枚につき 35.0 円
   
[最低プリント料金]
2,550 円
 

 
ApeosPort C3626 I / DocuCentre C3626 I
[黒モード]
[フルカラーモード]
 
1,000 枚まで
1枚につき 8.5 円
 
1,000 枚まで
1枚につき 45.0 円
1,001枚~3,000 枚
1枚につき 7.5 円
1,001枚~3,000 枚
1枚につき 40.0 円
3,001 枚以上
1枚につき 7.0 円
3,001 枚以上
1枚につき 35.0 円
   
[最低プリント料金]
6,800 円
 

 
ApeosPort C4535 I / DocuCentre C4535 I
[黒モード]
[フルカラーモード]
 
1,000 枚まで
1枚につき 8.5 円
 
1,000 枚まで
1枚につき 45.0 円
1,001枚~5,000 枚
1枚につき 7.0 円
1,001枚~3,000 枚
1枚につき 40.0 円
5,001 枚以上
1枚につき 6.5 円
3,001 枚以上
1枚につき 35.0 円
   
[最低プリント料金]
8,500 円
システム価格に、ネットワークケーブルやハブなどの価格は含まれていません。
前述すべての表示価格は、事業者向けに税別で表示しています。

 

  【 主な特長 】  
  <外部連携機能  
 
(1)
外部アプリケーションや業務システムとの連携が可能
カラースキャンした紙文書を、お客様が運用中の業務システムへ直接受け渡すことや、さらに外部サービスのワークフローにつなぐことも可能となります。
 
   
ApeosPortシリーズのみ。連携アプリケーションが必要です。  

  <セキュリティ機能>  
  (1) ハードディスクデータの暗号化・上書き消去・一括消去機能を提供
コピー・プリント・スキャン・ファクスなどで、ハードディスクに情報を書き込む際に情報を暗号化。データ消去時は上書き消去可能で、本体を搬出する際には一括消去機能を提供することで、第三者に解析されるという危険性を排除します。
   
データセキュリティキット装着時。
DocuCentre C4535 I / C3626 I / C2521 Iは機能拡張キット(HDD)装着が必要です。
 

  (2) コピー・プリント文書の不正コピーによる情報漏えい抑止をする隠し文字印刷機能を提供
コピー・プリントした用紙に、コピーをすると文字が浮かび上がる背景情報を合成できます。桜紙などの特殊用紙と同様、不正コピーによる機密文書の漏えいを抑止することが可能となります。
   
複製管理拡張キット装着時。
DocuCentre C4535 I / C3626 I / C2521 Iは機能拡張キット(HDD)、増設メモリー(256MB)が別途必要です。
 

  (3) 機密性を強化したプライベートプリント機能
従来は、機密にしておきたい文書のプリントの際、本体にいったん蓄積し、操作パネルからパスワードを入力した上でセキュリティプリントが実現可能でした。プライベートプリント機能では、それらの機能に加えて、操作パネルに自分の文書のみが表示されるため、第三者にプリントしたことを知られることもなく機密性を高めたプリントが可能となります。

  (4) 暗号化プリント機能で通信経路での情報漏えいを防止(TCP/IP(IPP)プリント時のみ対応)
パソコンから印刷データを送る際に、通信経路を暗号化して送信する機能です。仮にネットワーク上で不正アクセスを試みても、経路が暗号化されているため、情報漏えいの防止が可能となります。

  <マネジメント機能>  
  (1) IC Card対応
IC Card Gate 1.0(オプション)を装着することで、IC Cardを複合機に接続されたカードリーダーにかざすだけで利用者を認証し、認証された人のみがコピー・ファクス・スキャンなどの機能を利用できます。カードは、非接触型のICカードFeliCaを採用。偽造、変造しにくく、安全性を保ちながらすばやい操作が可能となります。さらに、プライベートプリント機能の認証時にICカードを使用すれば、ユーザーIDを入力する手間が不要となります。
IC Card Gate 1.0
<IC Card Gate 1.0>
 

  (2) 本体で各種利用カウンターを確認できる機能別集計管理レポート
コピー・プリントのモノクロ・カラー別の利用カウンターに加え、スキャン・E-mail・ファクスなどの各利用カウンターを本体内で管理。必要に応じてレポートプリントも可能です。管理ソフトウエアなしでも、本体単独で簡単に利用状況を把握可能となります。
 

  <基本性能>  
  (1) ファーストコピー、モノクロ4.5秒、カラー7.0秒注1
紙送りプロセスの短縮化・高速化により、カラーデジタル複合機でモノクロ4.5秒、カラー7.0秒注1のファーストコピー・スピードを実現。自動両面原稿送り装置注2からのファーストコピー・スピードも、モノクロ6.7秒、カラー8.1秒注3と高速となります。
   
注1
原稿台からA4ヨココピー時、モノクロはモノクロ優先モード、カラーはカラー優先モード選択時。  
   
注2
DocuCentre C4535 I / C3626 I / C2521 Iはオプション。  
   
注3
A4ヨココピー時、モノクロはモノクロ優先モード、カラーはカラー優先モード選択時。DocuCentre C4535 I / C3626 I / C2521 Iに機能拡張キット(HDD)を装着した場合、およびApeosPort C4535 I / C3626 I / C2521 Iは、モノクロ7.5秒、カラー9.6秒。  

  (2) 高画質と高生産性の両立を実現するEA-HGトナー
滑らかなプリント品質で評価のあるEAトナーをさらに進化。マゼンタ色材の変更と顔料の最適化により、赤・青・緑といった2次色の再現性をアップさせています。さらに定着時には、トナーをより融けやすくし画像表面を滑らかにすることで、ツヤと深みのある鮮やかな発色を再現します。
   
Emulsion Aggregation - High Gradeトナー  

  <スキャン機能>(DocuCentre C4535 I/C3626 I/C2521 Iはオプション)  

  (1) コピー操作感覚で簡単にスキャンが可能
原稿をセットして、操作パネルから保存するパソコンやサーバーを指定して、スタートボタンを押す簡単な操作で、共有に適したDocuWorks文書やPDFフォーマットでの保存を可能にします。特別なサーバーシステムがなくても、ネットワークにApeosPort/DocuCentreを接続するだけで、紙を電子化する環境を構築できます。

 
(2)
複数のパソコンやサーバーに情報を配信するマルチセンド機能
定型的な情報の配信作業をジョブフロー(処理手順)として登録できます。あらかじめ、SMBアドレス、FTPアドレスやE-mailアドレスなど配信先と、配信フォーマットを登録しておくことで、1度の操作でスキャンした電子データを効率よく配信します。ジョブフローは、最大1,000件の登録が可能です。
 
   
ApeosPort C4535 I / C3626 I / C2521 Iのみ。  

  <プリント機能>  
  (1) ボックスプリントで親展ボックスの保存文書を便利に出力可能
親展ボックスに保存したスキャン文書や、パソコンから親展ボックス止めプリントした文書を、ボックス操作やWebブラウザーを使用したCentreWare Internet Servicesによりプリントすることができます。また、共有の定型フォームを親展ボックスに保存しておき、必要な時にプリントして使用したり、パソコンで作成した文書と紙文書をスキャンしたものを一括して出力したりすることが可能となります。

  (2) PCを使わず直接メディアを差し込むことでプリントが可能注1
デジタルカメラで撮影した画像データ注2を当社NIE注3技術により、自然で鮮やかな色に自動補正してプリントできます。標準規格であるExif Print注4にも対応し、露出、ホワイトバランス等、撮影情報を反映し高画質にプリントします。また、PCがなくてもPDFやTIFFの文書データが保存された各種メディアを差し込み、そのままプリントすることもできます。
   
注1
オプションの大型カラー操作パネルとメディアプリントキット装着時。   
   
注2
DCF 1.0  
   
注3
注3 Natural Image Enhancement  
   
注4
画像ファイル記録の形式として業界標準の規格。  

  <コピー機能>  
  (1) ページ番号などを挿入可能な文字列合成機能
ページ番号や日付情報、禁複写などの固定文字列を合成してコピーすることができます。機密文書のコピー管理などに活用可能となります。
   
DocuCentre C4535 I / C3626 I / C2521 Iは、アノテーションキット、機能拡張キット(HDD)、増設メモリー(256MB)装着時  

  (2) 異なる設定の原稿をまとめてコピー可能なビルトジョブ機能
枚数、拡大・縮小など異なる設定の原稿をまとめてコピーすることが可能。これにより作業負担を軽減し、基本的な生産性の向上に貢献します。
   
DocuCentre C4535 I / C3626 I / C2521 Iは、機能拡張キット(HDD)、電子ソートキット装着時。  

  <ファクス機能>(全機種オプション)  
  (1) ファクス受信文書をダイレクトにパソコンやサーバーに保存
ファクス受信文書をプリントしないで、共有に適したDocuWorks文書やPDFフォーマットで直接パソコンやサーバーに保存可能。特別なサーバーシステムがなくても、ネットワークにApeosPort を接続するだけで、シンプルなペーパーレス環境が構築可能です。
   
ApeosPort C4535 I / C3626 I / C2521 Iのみ。  

  (2) インターネットファクス機能により通信費を削減
イントラネットやインターネットを経由して、ファクスデータをE-mailの添付ファイルとして送受信が可能。これにより通信費の削減が可能となります。
   
ApeosPort C4535 I / C3626 I / C2521 Iのみ対応。  


  【 コピー機能の主な仕様 】  

 
  ApeosPort C4535 I
DocuCentre C4535 I
ApeosPort C3626 I
DocuCentre C3626 I
ApeosPort C2521 I
DocuCentre C2521 I
形式 / カラー対応 コンソールタイプ / フルカラー
読み取り解像度 600×600dpi(23.6×23.6ドット/mm)
書き込み解像度 600×600dpi(23.6×23.6ドット/mm)
階調/表現色 各色256階調(1,670万色)
ウォームアップ・タイム 45秒以下注1(室温20℃)
複写原稿 シート・ブック共に最大297×432mm(A3、11×17”)
複写(用紙)サイズ
最大 A3(297×420mm)、11×17"(279×432mm)
最小 A5(148×210mm)
手差しトレイ
では最大
12.6×17.7"(320×449.6mm)、
12×18"(304.8×457.2mm)
手差しトレイ
では最小
官製ハガキ(100×148mm)、
封筒(長型3号)(120×235mm)
画像欠け幅 先端4mm以内、後端2mm以内、
奥/手前2mm以内
複写用紙注2 トレイ:64~169g/m2、手差しトレイ:55~220g/m2
ファーストコピー・タイム
モノクロ 4.5秒(A4ヨコ、モノクロ優先モード時)
カラー 7.0秒(A4ヨコ、カラー優先モード時)
複写倍率
<等倍>
  1:1±0.7%
<固定倍率>
  1:0.500、1:0.707、1:0.816、1:0.866、1:1.154、1:1.225、1:1.414
<任意倍率>
  1:0.25~1:4.00 (1%きざみ)
連続複写速度注3  
〔モノクロ〕 〔カラー〕
〔モノクロ〕 〔カラー〕
〔モノクロ〕 〔カラー〕
A4ヨコ /
B5ヨコ / A5
45枚/分 35枚/分
36枚/分 26枚/分
25枚/分 21枚/分
A4/B5
34枚/分 26枚/分
27枚/分 21枚/分
22枚/分 17枚/分
B4
27枚/分 21枚/分
22枚/分 17枚/分
19枚/分 15枚/分
A3
22枚/分 17枚/分
19枚/分 15枚/分
17枚/分 13枚/分
給紙方式 / 給紙容量注4
標準 560枚×4トレイ+手差しトレイ100枚
最大給紙量 2,340枚
連続複写枚数注5 999枚
電源 AC100V±10%、15A、50/60Hz共用
最大消費電力
1.5KW以下    
スリープモード時 10W
低電力モード時 85W
待機時 230W
大きさ
ApeosPort C4535 I / C3626 I / C2521 I :
  幅666.0×奥行780.6×高さ1,143.0mm
DocuCentre C4535 I / C3626 I / C2521 I :
  幅666.0×奥行780.6×高さ1,067.0mm
質量
ApeosPort C4535 I / C3626 I / C2521 I 175.7Kg
DocuCentre C4535 I / C3626 I / C2521 I 162.7Kg
機械占有寸法 幅967.0×奥行780.6mm(手差しトレイを最大に伸ばした時)

注1 オプションのファクスキット装着時およびネットワークの環境によっては、45秒以上かかることがあります。
注2 当社推奨用紙をお奨めします。使用条件によっては正しく印刷できない場合があります。
注3 画質調整のため速度が低下することがあります。用紙の種類、トレイによっては生産性が落ちる場合があります。
注4

当社P紙。DocuCentre C4535 I / ApeosPort C4535 Iには、標準:560枚×2+980枚+1,280枚+手差しトレイ100枚、最大給紙量:3,480枚モデルもあります。

注5 画質安定化処理のため、機械の動作を一時的に中断することがあります。

 

  【プリント機能の主な仕様】  
 
商品名 ApeosPort C4535 I / C3626 I / C2521 I
DocuCentre C4535 I / C3626 I / C2521 I
形式 内蔵型
連続プリント速度 本体と同等
解像度
出力解像度 600×600dpi(23.6×23.6ドット/mm)、
各色256階調(1,670万色)
データ処理解像度 1,200×1,200dpi(47.2×47.2ドット/mm)注1
ページ記述言語
標準 ART EX、ART IV
オプション Adobe® PostScript® 3TM 注2
対応プロトコル パラレル Compatible、Nibble、ECP
Ethernet TCP/IP(lpd、IPP、SMB、Port9100)、NetWare、EtherTalk 注2 注3
対応OS注4 標準
Windows® 95/98/Me 日本語版、Windows NT® 4.0 日本語版
Windows® 2000/XP 日本語版、Windows ServerTM 2003 日本語版
オプション
[PostScript® 3TMキット]
Windows® 95/98/Me 日本語版・英語版
Windows NT® 4.0 日本語版・英語版
Windows® 2000/XP 日本語版・英語版
Windows ServerTM 2003 日本語版・英語版
Mac OS® 注5
内蔵フォント 標準
アウトラインフォント
(平成明朝体TM W3、平成角ゴシック体TM W5、欧文17書体)
ストロークフォント(日本語書体、欧文書体:HP-GL用)
オプション
[PostScript® 3TMキット]
平成2書体 平成明朝体TM W3、平成角度シック体TM W5、
欧文136書体
モリサワ2書体 リュウミンL-KLTM、中ゴシックBBBTM
欧文136書体
[エミュレーションキット(PCL5C、PCL6)]
欧文81書体、シンボル35セット
エミュレーション 標準 ESC/P(VP-1000)
オプション
[エミュレーションキット]
PC-PR201H、HP-GL(HP7586B)、
HP-GL2/RTL(HP Design Jet750C Plus)、PCL5C、PCL6
メモリー容量
ApeosPort C4535 I / C3626 I / C2521 I 768MB
DocuCentre C4535 I / C3626 I / C2521 I 256MB(最大768MB)
インターフェイス 標準 双方向パラレル(IEEE1284-B)、Ethernet 100BASE-TX/10BASE-T
オプション USB2.0 注6

注1 DocuCentre C4535 I / C3626 I / C2521 Iは、プリントするドキュメントによっては増設メモリー(256MB)が必要です。
注2 PostScript® 3TMキット装着時。PostScript® 3TMキットには、エミュレーションキットの内容が含まれます。
また、DocuCentre C4535 I / C3626 I / C2521 Iは増設メモリー(256MB)が必要です。
注3 エミュレーションキット装着時。
注4 最新の対応OSについては当社ホームページをご覧ください。
注5 日本語版漢字Talk® 7.5.3~Mac OS® 9.2.2、Mac OS® X v10.1.5/v10.2.x/10.3.7
英語版Mac OS® 7.5.3~Mac OS® 9.2.2、Mac OS® X v10.1.5/v10.2.x/10.3.7に対応。
注6 Windows® 2000/XP日本語版・英語版のみ対応。
 

  【スキャン機能の主な仕様】
 (DocuCentre C4535 I / C3626 I / C2521 Iの一部モデルはオプション)
 
 
商品名 ApeosPort C4535 I / C3626 I / C2521 I
DocuCentre C4535 I / C3626 I / C2521 I
形式 カラースキャナー
読み取りサイズ
最大 297×420mm(A3)
読み取り解像度 600×600dpi、400×400dpi、300×300dpi、200×200dpi
(23.6×23.6ドット/mm、15.7×15.7ドット/mm、11.8×11.8ドット/mm、
7.9×7.9ドット/mm)
読み取り階調 RGB各色10ビット入力、8ビット出力
原稿読み取り速度注1
モノクロ 50枚/分
カラー 35枚/分
(当社標準原稿(A4ヨコ)、200dpi、親展ボックスまで)
インターフェイス Ethernet 100BASE-TX/10BASE-T
ボックス保存 対応プロトコル TCP/IP(Salutation、HTTP)
出力フォーマット
モノクロ2値 TIFF
グレースケール/フルカラー TIFF、JPEG
ドライバー TWAIN(Salutation)
ドライバー
対応OS注2
Windows® 95/98/Me 日本語版・英語版
Windows NT® 4.0 日本語版・英語版
Windows® 2000/XP 日本語版・英語版
Windows ServerTM 2003 日本語版・英語版
PC保存 対応プロトコル TCP/IP(SMB、FTP)
対応OS注2
Windows® 95/98/Me 日本語版・英語版
Windows NT® 4.0 日本語版・英語版
Windows® 2000/XP 日本語版・英語版
Windows ServerTM 2003 日本語版・英語版
Mac OS® 注3 注4
NetWare 5.11J、5.12J 注4
出力フォーマット
モノクロ2値 TIFF(圧縮方式:MH、MMR)、DocuWorks文書、PDF
グレースケール/フルカラー TIFF(圧縮方式:JPEG)、
JPEG、DocuWorks文書、PDF
メール送信注3 対応プロトコル TCP/IP(SMTP)
出力フォーマット
モノクロ2値 TIFF(圧縮方式:MH、MMR)、DocuWorks文書、PDF
グレースケール/フルカラー TIFF(圧縮方式:JPEG)、
JPEG、DocuWorks文書、PDF

注1 原稿、解像度によって読み取り速度は異なります。
注2 最新の対応OSについては当社ホームページをご覧ください。
注3 日本語版Mac OS® X v10.1.5/v10.2.x/10.3.7、英語版Mac OS® X v10.1.5/v10.2.x/10.3.7に対応。
注4 対応プロトコルはFTPのみです。
注5 DocuCentre C4535 I / C3626 I / C2521 Iはメール送信機能を装備していません。
 

  【ファクス機能の主な仕様】
 (DocuCentre C4535 I / C3626 I / C2521 Iの一部モデルはオプション)
 
 
商品名 ApeosPort C4535 I / C3626 I / C2521 I
DocuCentre C4535 I / C3626 I / C2521 I
送信原稿サイズ
最大 A3、11×17"、長尺原稿可(最長600mm)
記録紙サイズ
最大 A3、11×17"、最小:A5
電送時間 2秒台注1
通信モード ITU-T G4注2機、G3機
走査線密度
標準 8×3.85本/mm、200×100dpi(7.9×3.9ドット/mm)
高画質 8×7.7本/mm、200×200dpi(7.9×7.9ドット/mm)
超高画質 16×15.4本/mm
超高画質(400dpi) 400×400dpi(15.7×15.7ドット/mm)
超高画質(600dpi) 600×600dpi(23.6×23.6ドット/mm)
符号化方式 MH、MR、MMR、JBIG
通信速度
G4注2 最大64kbps以下
G3 33.6/31.2/28.8/26.4/24.0/21.6/19.2/16.8/14.4/12.0/9.6/7.2/4.8/2.4kbps
適用回線 加入電話回線、PBX、ファクシミリ通信網(PSTN)、ファクシミリ通信網(ISDN)注2
L回線(3.4kHz/2線式)、ISDN網注256k/64k、最大5ポート(G3-3ポート、G4-2ポート)

注1 A4判700字程度の原稿を標準画質(8×3.85本/mm)、高速モード(28.8kbps以上:JBIG)送信時。画像情報のみの電送時間で、通信の制御時間は含まれていません。なお、実際の通信時間は原稿の内容、相手機種、回線の状況により異なります。
注2 オプションのISDN-G3/G4増設ポート装着時。
 


  • Macintosh®、AppleTalk®、EtherTalk®、LocalTalk®は、米国アップルコンピュータ社の登録商標です。
  • Microsoft®、Windows® 95/98/Me、Windows NT® 4.0、Windows® 2000/XPは、米国マイクロソフトコーポレーションの米国およびその他の国における登録商標です。
  • PostScript®は、Adobe Systems Incorporated(アドビ システムズ社)の商標です。
  • NetWareは、米国ノベル社の米国における登録商標です。
  • HP-GLは、米国Hewlett Packardの商標です。
  • XEROX、The Document Company、および"デジタルX"のマークは、商標または登録商標です。
  • その他の社名または商品名等は、それぞれ各社の商標、または登録商標です。


ページのトップへ

ここまで本文