富士ゼロックスが上海に教育・研修センターを開設

2005年7月4日

  • 中国では業界初の常設教育施設
  • 延べ2500名を対象に教育を実施


  富士ゼロックス株式会社 (本社:東京都港区赤坂2-17-22、社長:有馬 利男、資本金:200億円) の中国販売拠点である富士ゼロックスチャイナ(中国・上海市、総経理:高橋 義明)は、営業力を強化するための教育拠点、「Learning & Development Center」を、上海市に開設いたしました。総敷地面積は1,685m2、建設費・設備費に約180万ドルを投じ、主に直販営業職および保守サービス職社員を対象に、本年度は延べ約2,500名、合計 約65,000時間にのぼる教育・研修を行なう予定です。  

  富士ゼロックスは、中国を重要戦略地域と位置づけ、当社の強みでもある直販・直サービス体制を増強しております。単なる商品のみではなく付加価値のあるソリューションやサービスをご提案するには、お客様の経営課題やニーズを把握する能力、商品や技術に関する豊富な知識、プレゼンテーションや販売、交渉スキルなどが必須となります。これらの営業スキルを向上させるのみではなく、社員一人一人の成長を目指し、全面的な営業教育を実施するため、Learning & Development Centerを建設いたしました。このような常設の研修センターは中国では業界初となります。  

  センターには、大小の教室のほか、デジタル・ラボラトリー、商品実習ルームなどがあり、商品や技術に関する教育や、商品を使用しての演習、管理職研修など、50以上に渡る教育プログラム・研修コースを実施します。また、当社の商品を扱うパートナー(代理店)に向けた、商品や技術、アプリケーション教育の提供も計画しています。  

  富士ゼロックスチャイナでは、Learning & Development Centerを社員のみでなく、同社のパートナーとの学習およびコミュニケーションの場と位置づけ、商品や技術の最新情報を提供し、同社のみでなく、パートナーの事業成長の一助となることを目指します。  


  【 富士ゼロックスLearning & Development Centerの概要 】  
  所在地 No.21 Nangu Rd, Minghang, Shanghai, China 200245  
  開設年月日 2005年7月1日  
  敷地面積 1,685m2  
  建設および設備投資額 180万USD  
  常駐社員 13名 (9名のトレーナーを含む)  

  お問い合わせ先: 富士ゼロックス株式会社 お客様相談センター  
  フリーダイヤル: 0120-27-4100 土・日・祝日を除く、9:00~12:00、13:00~17:00  


ページのトップへ

ここまで本文