第2回「日本e-Learning大賞」受賞

2005年7月22日

  • e-Learning WORLD 2005実行委員会/フジサンケイビジネスアイ主催


  富士ゼロックス株式会社(本社:東京都港区赤坂2-17-22、社長:有馬利男、資本金:200億円)は、第2回「日本e-Learning大賞」(主催: e-Learning WORLD 2005実行委員会、フジサンケイビジネスアイ)において、経済産業大臣賞を受賞いたしました。  

  当社のe-Learningは、会社のコンピテンシー強化戦略と直結しており、(1)しくみ(教育支援体制)と(2)しかけ(ツール)をバランスよく構築することに重点を置いております。  

  具体的な(1)しくみとしては、現場の第一線のメンバーから構成される「分野長・講座長」が教育をリードしていることが特徴で、(2)のしかけとしては、100%手作りをベースとした現場の視点に立って、受講申込みや受講、受講後のアンケートにいたるまで使いやすいシステムを構築していること、コンピテンシー・マネージメントと連携し、受講者が自らのキャリア形成との関連を分析するためのシステムなど、各種分析システムを提供していることが特徴です。  

  現在まで、WBT( Web Based Training )教育は、56講座、受講者数はのべ6,000人を上回っており、コンプライアンスWBT教育は、商品安全など3講座、3週でのべ68,000人の教育を実施いたしました。  

  そしてこのたび、このように100%自社で作成した社内教育用e-Learningシステムにより、技術教育で6,000人、コンプライアンス教育で68,000人以上の教育を行なった実績があり、現場の手作りシステムであり、自発性に支えられた活動が使いやすく、迅速に提供できることなどが主催者から評価されました。  

  【 日本e-Learning大賞 】  
  e-Learning WORLD 2005実行委員会(実行委員長:電気通信大学大学院 岡本敏雄教授)、日本工業新聞社が2004年、e-Learning のソリューションを提供するベンダーおよびユーザーなどを対象に創設した。新しいe-Learningの可能性を例証しブロードバンド社会におけるe-Learningの健全な発展、市場の確立およびコンテンツ・サービス提供企業の育成を支援することを目的とする表彰制度。  

  ◆ 本件に関するお客様からのお問い合わせ先は、当社お客様相談センターまで。  
  フリーダイヤル : 0120-27-4100 土・日・祝日を除く、9:00~12:00、13:00~17:00  


ページのトップへ

ここまで本文