NECと富士ゼロックスがグループウェアと複合機を連携
文書管理ソリューション分野で協業

2005年10月20日

  • 紙文書のスキャンからワークフロー、文書管理システムへの保管までを一元的に実行
日本電気株式会社
富士ゼロックス株式会社


  NEC(本社:東京都港区、代表取締役 執行役員社長:金杉 明信)および富士ゼロックス(本社:東京都港区、代表取締役社長:有馬 利男)はこのたび、グループウェアと複合機を連携することで紙文書の効率的な電子化・電子保管を可能とし、紙文書情報の効果的な活用や業務効率化を実現する文書管理ソリューションの提供で協業することにいたしました。  

  両社では、NECのグループウェア「StarOffice21」と富士ゼロックスの複合機「ApeosPort(アペオスポート)」の連携機能を共同で開発し、両製品を組み合わせた以下の特長を有する文書管理ソリューションを提供いたします。  

  1. 紙文書のスキャンから文書管理システムへの保管までを一元的に実行可能  
  見積書や請求書など紙文書のスキャンから電子化、文書内容の承認を行なうワークフローの起動、業務システムへのデータ入力、承認済み文書の文書管理システムへの保管(注1)までを一元的に実行することができる。  
  従来は、紙文書のスキャン後に別途パソコン上でワークフローや文書管理システムへの保管などの操作を行なう必要があったが、こうした作業が不要となり、業務効率化を実現することができる。また、紙文書の電子化により、文書の保管・輸送コスト削減や、アクセス権を設定した文書保管も実現することができる。  

  2. 複合機の操作パネルから文書管理システムに保管した文書の印刷指示が可能  
  複合機の操作パネルから文書管理システムのユーザ名・パスワードを入力することで、文書管理システムに保管した電子文書を印刷することができる。これにより、適切なアクセス権限を有する者が複合機上で印刷を指示するとともに、その場で印刷した該当文書を受け取ることが可能であり、プリンタへの印刷物の置き忘れによる情報漏えいを防止することができる。  

  このたび提供する文書管理ソリューションの価格(税別)は1300万円から(注2)であり、本年12月1日から提供開始いたします。  
  NECおよび富士ゼロックスでは、本年12月7日から9日まで東京ビッグサイトで開催する展示会「iEXPO2005」に本ソリューションを共同出展するなど、本ソリューションの販売やサポート、マーケティング活動を両社共同で推進することで、今後3年間で50システムの販売を見込んでおります。  

  本年4月のe-文書法の施行にともない、文書の保管・輸送コスト削減やビジネスプロセス改善を目的として、紙文書を効率的に電子化したいというニーズが高まっております。また、企業の内部統制強化の観点から、従来以上に契約書面や検収書類など確証書類の厳密な管理や迅速な提出が求められており、確証書類の電子保管を効率的に行ないたいというニーズも高まりつつあります。  
  NECおよび富士ゼロックスは、こうした市場ニーズに基づき、企業におけるe-文書法対応を支援するために協業することにいたしました。  

  NECでは、e-文書法や各省庁が定めた業界ごとの指針に対応した安全かつ確実な電子文書の作成・保管を可能とする「e文書ソリューション」を本年7月に製品化し、提案活動を展開しております。このたびの協業は、こうした取り組みの一環であり、今後もe-文書法対応に向けた文書管理ソリューションの強化・拡充を推進してまいります。  

  富士ゼロックスでは、今回の連携により「StarOffice21」導入のお客様を中心に、ドキュメント情報と基幹データ情報を紐付けすることによって"e-文書法対応"、"内部統制強化"などの経営課題に直結するソリューションを提供できると考えております。  
  このたび提供する文書管理ソリューションの概要図は下記をご参照下さい。  

 
以上
 

 
注1
保管文書の形式はPDF、DocuWorksに対応。  
 
注2
StarOffice21 e文書ソリューション、ApeosPort(アペオスポート)シリーズ、連携ソフトウエアの価格。  

   
▼ 本件に関するお客様からの問い合わせ先 ▼
 
   
NEC ユビキタスソフトウェア事業部
電話:(03)3456-5692
eメール:hello@apinfo.jp.nec.com

富士ゼロックス株式会社 お客様相談センター
フリーダイヤル:0120-27-4100
(土・日・祝日を除く、9:00~12:00、13:00~17:00)
 

 
<文書管理ソリューションの概要図>
文書管理ソリューションの概要図
 

ページのトップへ

ここまで本文