富士ゼロックスは米アドビ システムズ社と
電子文書サーバーソリューション分野で連携を開始

2005年12月5日

  • 両社、電子文書ソリューションの市場を拡大


  富士ゼロックス株式会社(本社:東京都港区赤坂2-17-22、社長:有馬利男、資本金:200億円)はアドビシステムズ インコーポレーテッド社(本社:米国カリフォルニア州サンノゼ、最高経営責任者:ブルース・チゼン 以下アドビ システムズ)と、戦略的な観点より関係強化を図り、技術領域から販売領域まで幅広い分野でのソリューションビジネス拡大を実現していきます。  
  その第一弾として、電子文書サーバーソリューション分野においてシステム連携における協力を2005年12月中旬より開始いたします。  

  【 目的 】  
  日本国内において、  
  高度なセキュリティを有した、効率的な電子文書管理システムの実現  
  大手企業、官公庁市場を中心としたタイムリーなシステムの提供  
  を目的とし、システム連携とソリューション提案活動において協力いたします。  

  【 背景 】  
  <富士ゼロックスの状況>  
  富士ゼロックスは、個人情報保護法、e-文書法の施行や財務報告に係わる監査の評価基準の発表など、お客様を取り巻く社会環境の変化への対応として、「内部統制における文書管理の重要性」を提言しています。  

  <アドビ システムズ様からのメッセージ>  
  "「Adobe® PDF」は、世界で広く使われている電子文書標準フォーマットの1つです。そしてその作成、活用ツールとしての「Adobe® Acrobat®」は文書の電子化することで情報の安全な流通、管理を実現します。さらに、Adobe® PDFの技術を利用した大手企業や官公庁など、大規模にセキュアな文書管理を効率的に行なうためのソリューションとしてAdobe® Intelligent Document® Platformを提供しています。アドビ システムズは、富士ゼロックスのような戦略的パートナーと連携し、販売チャネルやソリューション提案の強化を図り、Adobe® Intelligent Document® Platform事業の拡大を目指しています。"  

  【 連携システムの内容 】  
  第一弾は、来春を目処に富士ゼロックスの最新複合機「ApeosPort」シリーズとアドビ システムズの"Adobe® LiveCycleTM ソリューション"である「Adobe® LiveCycleTM Policy Server」および「Adobe® LiveCycleTM Document Server」との連携システムを実現します。  

  <システム構成図>  
 
システム構成図
 

  【 連携による提供価値 】  
  連携システムにより、お客様は紙文書を「ApeosPort」でスキャンして電子化し、この時同時に操作パネルからアドビ システムズの「Document Server」のパスワード暗号化機能や「Policy Server」の管理機能を使ってその電子文書のアクセス権や利用範囲を設定可能になるため、電子文書生成以降一貫して管理することができます。  

  つまり、お客様のセキュリティーポリシーに合わせて、「ApeosPort」で電子化した文書に配信・閲覧・印刷などの権限を設定可能になります。これによりお客様は、社内だけでなく、社内外に配信された後も、セキュリティをコントロールできるという利便性が生まれ、電子文書流通の加速によるビジネスの進化とともに、セキュリティに関するリスク管理や企業競争力の強化を図ることが可能になります。  

  【 市場予想規模 】  
  富士ゼロックスは、国内電子文書関連市場において、2009年1.2兆円規模の市場が創出されると見ています。  

  【 具体的活動内容 】  
  フェアー/セミナーの開催(1月中旬以降、全国8箇所、約20,000名の集客予定)  
  富士ゼロックス主要拠点ショールームでの展示コーナー新設(東京地区から順次拡大)  
  アドビ システムズより富士ゼロックス営業向けトレーニングの強化  

  【 今後の予定 】  
  富士ゼロックスは、PDF関連のドキュメントソリューションを提供するため、Adobe® Scan LibraryなどのAdobe® PDF技術を検証した上で取り扱う予定です。また今後は、国内市場からアジアパシフィック市場への展開を進めるとともに、この協力関係を他製品領域にも広げ、継続していく予定です。  

  ◆ 本件に関するお客様からのお問い合わせ先は、富士ゼロックスお客様相談センターまで。  
  フリーダイヤル: 0120-27-4100 土・日・祝日を除く、9:00~12:00、13:00~17:00  


ページのトップへ

ここまで本文